すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
少年野球のグラウンド整備で何かに気づき自ら行動してみる、経験を重ねることで今よりもっと野球が楽しくなる
2014年11月07日 (金) | 編集 |
少年野球の守備練習で基本ノックが一段落して、さぁバッティング練習へと練習内容が切り替わる時のことです。選手はベンチでバッティンググローブをはめたり、ヘルメットを被ったり、バッティングの準備へと走ります。また、順番待ちの選手は守備位置でキャッチボールをしたり、ウォーミングアップをはじめると思います。
(〃▽〃)




この時、グラウンドの外で応援していた保護者の方々が、コートブラシやトンボを持ってグラウンド整備をして下さることがあります。少しでも子供たちが長く練習できるようにとの親心からなんですよね。
(*'-')




その光景を何も感じずにバッティング練習の準備している選手と、自分の準備が済んだら「変わります」と保護者の方のもとへ走っていく選手とでは、その後の野球人生が大きく変わってしまうと思うんです。
(>_<。)




野球というスポーツでは、何かに気づき、そして自ら行動するというプレーが随所で求められます。
~('-'*)




バッターを2ストライクと追い込んだ後、キャッチャーがチラッとバッターに目をやる。すると、そのバッターがさり気なくバットを短く持ち替えたように見えた。ストライクのボールはいずれもアウトコースのストレートだったから、この行動はいったい何を意味するのかをちょっと考える。
('∇')


ストレートに振り遅れないように短く持ち替えたのなら、ストレートに苦手意識があるということ。それなら思い切って3球目は真ん中高めの同じストレートで勝負だ。



ランナーとして、二塁ベースまで行けば、三人の外野手がどこにいるのか目視確認を忘れることはできません。ただ見るだけでなく、肩が強いのか、足が速いのか、いろいろなことを、想像することが大切です。そして、いざセンター前にヒットが生まれた時に、予想していたプレーを実行に移さなければならないのです。
(;-_-)=3


よし、センターに抜けるぞ。このまま一気にホームだ。センターは後ろばかり気にして下がっていたし、表情だって弱気だった。思い切ってバックホームなんてできないはずだ。



これらの選手の判断が吉と出るか、凶と出るかはやってみなければわかりません。でも、何かに気づき、自ら行動することができる選手はその結果から常に何かを学習して、経験を重ねているはずなんですよね。
(*^-^)ノ




次はこうしょう。




野球というスポーツは、ベンチからのサインだけで動けば勝てるようなスポーツではありません。その場面、ある状況の下で自分の判断で行動することが常に求められます。
(*'-')




そして、自ら気づき、行動した結果は、選手の経験として記憶に残り、自分なりに工夫することもできるようになるのかもしれません。そうなれば、野球は本当に楽しいスポーツなんですよね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック