すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

中学野球で一塁ランナーのリードは5メートルを目標にって~、試合で勇気をもって、こぴっとチャレンジしろし
2014年05月23日 (金) | 編集 |
リトルリーグでは全日本選手権への出場を目指し、神奈川県大会も大詰めに近づいてまいりました。最上級生の中学一年の子供たちにとっては、リトルリーグ集大成の大会ですね。小さい頃からご両親に言われるままに、訳も分からず始めた野球かもしれませんが、最後の最後に野球をやってて良かったと笑えるような、そんな大会となりますように、お祈り申し上げます。
(〃▽〃)




全日本選手権が終わると、中学一年の子供たちはそれぞれの思いを胸に、中学野球に本格的に舵をきることになります。中学校の部活動(一部私学を除いては軟式野球)、または地域のクラブチーム(軟式も増えてきましたが、多くは硬式野球)という道から、迷いに迷って次の野球を選択することになります。
ヾ(^▽^)ノ




リトルリーグから、中学野球に進んで最初に戸惑うことは、ベースとベースの距離、ピッチャーとバッターの距離、外野フェンスまでの距離など野球場の広さが大きくなることなんですが、それよりも、リトルリーガーにとって大きいのは、ランナーのリードが許されるようになることだったりするんですよね。
(。・_・。)ノ




リトルリーグでは、ピッチャーが投げたボールをバッターが打つか、投球したボールがホームベースを通過するまで、ランナーはそのベースから離れることを認められていません。したがって、殆どキャッチャーがボールを捕ってからの離塁となり、よほどのことがない限り盗塁のチャンスはありません。
(*'-')




ソフトボールでも、ランナーが予めベースから離れることは認められていませんが、ピッチャーからボールが放れれば、ベースに留まっている必要はありません。ピッチャーが投げた瞬間からの盗塁のチャンスは十分にあるんです。
(*'-')




リトルリーグやソフトボールなど、ランナーが予め離塁することを許されていない野球から、晴れて中学野球に進んで最初に戸惑うのが、このランナーに出た時の離塁、つまりリードの仕方なんです。
┌( ・_・)┘




リードの仕方で、まず初めに取り組むのは、ピッチャーがセットポジション《軸足(右投げなら右足)を投手板の前に置き、踏み出す足は軸足よりもさらにバッター側に置いて、胸やお腹の前で一度両手を合わせ動作を静止してからボールを投げる投球動作。この静止した状態からならバッターへもランナーのいる塁にでも投げることができる》をとった時に、ベースからどれだけ離ることができるのか、その距離をつかむことから始まります。
ヾ(^▽^)ノ




ベースから離れるリードの距離、大きさは、チームの戦略によってそれぞれ考え方も違うと思いますが、どのチームでもその戦術は決まっているはずです。より具体的に、誰が見てもわかるように、明確に決めることによって、チームとしての戦術が浸透するんですよね。
(*^-^)ノ




例えば・・・




一塁ランナーのリードの距離は、5メートルを基本とする。
( ̄□ ̄;)!!




まず、一塁ベースとファールラインとの交点から二塁ベースに向かって4メートル、5メートル先に、一塁ファールラインと平行に二本のラインを引き、ランナーがリードをした時の右足をその二本のラインの間に置くことができるように練習を繰り返します。
││
│d=(^o^)=b─リード─□←一塁ベース
││←4メートルライン
│←5メートルライン




できれば、4メートルを超えた位置のどこに右足を置けばいいのかを、ピッチャーを見たままで、リードする歩数やリードするリズム(感覚)でその位置を記憶できるようにします。
(*^-^)ノ




その時、一旦ベースから離れてリードを始めたら、決して一塁ベースを振り返って見たり、土と芝の切れ目を見たりしてはいけません。
ε=┌( ・_・)┘




細かいようですが、5メートルラインに右足の小指がかかるか、かからないか程度のリードが最大限のリードとします。そのラインを右足が超えてしまう場合は、ランナーのリードはいくらなんでも大きすぎるでしょうね。
(`_´)ゞ!




もっとも、5メートルに届くようなリードが実際の試合でできるようになるためには、試合の中で失敗をたくさん経験しなければなりません。試合での失敗こそ、リードが上手くなる近道かもしれないんです。
(>_<。)




リードの仕方は、サインの見方、ベースから離れるタイミング、ベースからの離れ方、リードの姿勢、手の位置、重心のかけかた、一歩目の足、そしてピッチャーとの駆け引きなど、リトルリーガーにとっては一からの勉強なんです。
(*^-^)ノ




中学野球でのリードの大きさが、5メートルでは大きいのか、小さいのかはチームによって違うはずです。一番大切なことは、具体的な目標に向かって勇気をもってチャレンジできるか、それだけなんですよね。
o(^o^)o





  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
ご案内のお問い合わせ
////ご案内のお問合せメール/////

本メールはHP・BBSにてアドレスを公開されております
関係各位様へご案内のお問合せ配信をさせて頂いております。


★★★クラブチーム専門プリント店 ㈲ハクコウ★★★

大人気1000円ユニホーム
激安チームウェア製作致します。

全国のクラブチーム様ご注文ウェア掲載中
 《http://tootoo.to/user/hakukouse/

◇最新版取扱ウェアカタログ全国無料即日発送◇

※お詫び※  
重複でご迷惑をお掛けしました場合はお詫び申し上げます。

***************************************
有限会社 ハクコウ  担当 中島
〒669-5227兵庫県朝来市和田山町東和田305
TEL079-672-1663 FAX079-672-1669
E-Mail hakukou@deluxe.ocn.ne.jp
URL http://www.430.jp/rak2/user/hakukou/
営業時間 9.00~18.00 定休日 土日、祝祭日
***************************************
2014/05/29(Thu) 17:46 | URL  | ハクコウ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。