すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

少年野球の試合で控え選手がする仕事、気づきができれば攻守交代でキャッチャー防具を装着する手順も明らかに
2014年05月09日 (金) | 編集 |
少年野球の試合では、ベンチ入りした選手全員が試合に出れるわけではありません。試合では9人が守り、9人が順番にバッターボックスに立ってボールを打つことができます。だからといって9人だけでベンチ入り(その日の試合に出ることがメンバー)するわけではなく、試合の途中で交代することができるように20人ほどがベンチ入りします。
(〃▽〃)




では、試合に出ていない選手はいったい何をすればいいんでしょうか。
Σ( ̄□ ̄)!




実はランナーコーチャーなどの目立つ役割り以外にも、ベンチにいる選手はいろいろな役割が与えられます。専属、あるいはイニング毎順番に1~2名を指名するチームが多いと思いますが、9人しかいない場合は攻撃の時だけ選手が行う場合もあります。
(*'-')




それらは目立つ役割ではありませんが、チームの一員として野球というスポーツを楽しんでいくためには、子供のうちに必ず身につけておかなければならない、躾のようなものなのかもしれませんね。
(。・_・。)ノ




■壱 ファールボール

自チームが攻撃している時はもちろんですが、相手チームが攻撃している時も、バッターが打ったファールボールはベンチに入っている選手が拾いに行きます。


ヘルメットをかぶり、ファールボールがどこに飛んでいこうと、試合中は常にその行方を確認し、草むらの中からそのボールを探し出さなければなりません。


ベンチでのおしゃべりに夢中になってボールの行方を見失ってしまえば、試合
ボールが無くなってしまいますから、これも重要な役割なんですよ。
ε=┌( ・_・)┘




■弐 ボール渡し

ピッチャーからリクエストされた交換ボール、ファールボールなど、ベンチに帰ってきたボールを主審のところまで持って行く役割です。


そのボールは一旦雑巾でキレイに拭いてから(だから試合の時はチームで必ず雑巾を用意します)、主審のところまで全力で走って行きます。主審の前ではヘルメットの唾に片手をかけながら頭を下げ、その手に直接ボールを渡します。


いつ主審のところまで走って行けばいいのか、始めはタイミングがわからずドギマギしてしまうと思いますが、試合をスムーズに進行するためにも欠かせない存在です。
ε=ヾ(*~▽~)ノ




■参 バット引き

バッターが打ち終わったバットは、ネクストバッターズサークルにいる選手が一番に拾いに行きますが、そのバットをベンチまで持って行くのは違う選手が行います。


ただバットを運ぶだけなら、誰でもできる簡単な役割に考えがちですが、実は次の次のバッターにバットを渡すことができるようになると楽しい仕事に変わっていくんです。


誰がどのバットを使っているのかをその場限りで覚えるのは大変ですよね。でも、普段の練習から誰かにバットを渡したり、持って行ったりしている子供ならできる役割なんです。
( ̄□ ̄;)!!




■四 アームガード回収

学童野球では使っていないのかもしれませんが、硬式野球では多くのバッターがケガ防止のために、ボトムハンド側の肘(ピッチャーに近い側)に特殊なプラスチック製のアームガード(エルボーガード)を装着してバッティングをしています。


このアームガードは、バッターがヒットを打ったり、四球で出塁した場合、多くの選手が走塁の邪魔になるからと塁上でタイムをかけて近くのコーチャーに渡してしまいます。


受け取ったアームガードですが、そのままではコーチャーの脇に山積みになってしまいます。そこで、それをベンチまで回収する役割が必要になるんです。バッティンググローブとセットにして次に使う時にもわかりやすく整理できれば合格点です。
♪~( ̄ε ̄)




■伍 グローブ渡し

一番難しく、忘れてしまいがちなのがグローブ渡しです。攻撃が終了したら、最後のバッター、塁上のランナーのグローブをベンチにいる誰かが持っていってあげるのが野球でのエチケットとされています。


同じ守備位置の控え選手が対応することが多いと思いますが、選手の交代、一人しかいない場合など、試合の状況によって臨機応変に対応しなければなりません。ランナーがベンチに戻って自分のグローブを探している時間は、無駄以外の何ものでもありません。


あと、ファーストとセンターのグローブの中には、ボールを入れておくことも忘れてはなりません。ベンチに戻ってくるセンターとファーストの選手に予め用意しておいたボールをポンと渡してしまったほうが、ずっーとスマートかもしれませんね。
( ^-^)_旦~




そして最後に・・・




■六 キャッチャー防具装着補助

キャッチャーが最後のバッター、あるいは塁上のランナーだった場合は、ベンチの前でキャッチャー防具の装着を手伝う役割も必要です。ベンチ内の狭い空間で装着するよりも、ベンチ前の広い空間で無駄のない手順が求められます。


防具を前に、キャッチャーは起立したまましゃがまないのが基本です。ヘルメットを受け取ってかぶり、プロテクター受け取って胸に着けます。そして、守備手袋をはめれば完了です。


それを受け渡した補助員は、キャッチャーの背中側に回り、ベルトが捻れていないか確認し、脇の下あたりでベルトをカチッとはめれば作業完了です。


足に着けるレガースは最初から最後まで他二人の補助員にやってもらいます。ベルトを固定する側を足の外側にするようにそれぞれがキャッチャーの脇に位置取りします。左右を間違えることもありませんし、二人で同時に作業してもお互いが邪魔になることはありません。


これまで、キャッチャー防具を装着する補助員は合計3名でしたが、もう一人いると理想的です。プラス1名はマスク、ミット、水分を入れたコップを持って待機します。キャッチャー自身の作業が終わるのを待って、終わり次第コップを差し伸べます。キャッチャーが飲んだら、マスクとミットを渡して、作業完了です。
\(^o^)/




試合にまだ出ていない選手は、なんとか監督にアピールしようと、これらの雑用係りをベンチの中で知恵を絞って行動しているはずです。
(*^-^)ノ




しかし、残念なことに試合途中で交代してしまった選手ほど、ベンチでやるべき仕事を忘れてしまうんですよね。
(>_<。)



試合に勝つためには、選手自身が気づくこと。




いつも試合に出ている選手ほど、ベンチでの役割、チームワークってことを考えなければならないのに。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
まったくです。
ベンチ入りできる「補欠」は名誉なポジションであり、人間を大きく成長させる立派な仕事ですね。野球人口が減ったせいなのか、補欠の大事さを分かっていない指導者も増えました。
2014/05/13(Tue) 22:07 | URL  | yuki #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。