すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

少年野球からキャッチャーに目覚める、鵜の目鷹の目キャッチャーの目、サインをじっと見て来たから強くなれる
2014年05月02日 (金) | 編集 |
学童野球やリトルリーグ、もちろんリトルシニアでも攻撃の戦術はベンチからのブロックサインで伝達されます。どのチームも基本的な戦術はバント、盗塁、ヒットエンドラン。その他にもスクイズ、重盗塁、ウェイティング(次のボールは打たない)、バスター(バントと見せかけてヒッティング)あたりでしょうか。
(〃▽〃)




これらの戦術が子供の野球に必要かどうかは別にして、そのサインは、簡単に相手に見破られないように複雑な仕組みになっているはず。だから試合中に解析するなんてことは非常に難しいはずです。
(*'-')




それでも、所謂『強いチームのキャッチャー』は、試合中にこんなことをしているんですよね。
Σ( ̄□ ̄)!



相手チームのサインをジッと見る




戦術を伝達するためのブロックサイン。その暗号を解読できれば、相手がどんな攻撃をしてくるのかを知ることができます。解読に成功すれば、明らかなボール球を投げたり、逆に高めのボールを投げたり、守備位置そのものを変更したり、攻撃側の戦術に対して、守備側が防御策を講じることもできるのかもしれません。
(。・_・。)ノ




しかし、実際にはその解読は難しく、紙や鉛筆、ビデオも無い試合の真っ最中に、選手であるキャッチャーが解読するなんて不可能に近いことなんじゃないでしょうか。
('◇')ゞ




それでは、何故キャッチャーは相手チームのサインをわざわざ、じっと見ているんでしょうか。
┌( ・_・)┘




それはたぶん、相手チームが何をしようとしているのか、その動きの気配を少しでも感じ取ろうとしているからなんじゃないでしょうか。
(*^-^)ノ




サインを見ているバッターが、サインに頷きながら、ちらっと一瞬ランナーのことを見たような気がしたぞ。それまでは、見ることは無かったのに、今、どうして見たんだろうか。
ヾ(~▽~*)




今、相手チームの監督はバッターだけを見ながらサインを送ったようだが、ランナーの方は全く見なかったはず。さっきまでランナーを見ていたのにどうしてだろう。
ヾ(~▽~*)




あの一塁ランナー、サインを見た後で念入りに外野の守備位置を確認しているように見えるぞ。二塁ランナーでも無いのにどうしてだろう。
ヾ(~▽~*)




あれっ、今のサインはさっきのサインと全く同じに見える。一球々々、ストライクカウントによってキーを変えているんじゃなければ、同じサインってことかもしれない。
ヾ(~▽~*)




サインが出た後、ベンチの中の何人かは三塁ランナーを見たような、見なかったような。それにベンチの応援の声も少し静かになったように思う。緊張するようなサインでも出たんだろうか。
ヾ(~▽~*)




今、サインは何も出さなかった。バッターも振り返ってそのままピッチャーを見ている。ランナーがいない時と同じように打てのジェスチャーだけだった。ここは特別なサインは何も無いんだろうか。
ヾ(~▽~*)




相手チームの監督は、サインを出し終わった後、バッターもランナーも見なかった。あえて見なかった、いや見れなかったのかもしれない。それはどうしてなんだろう。
ヾ(~▽~*)




あれは、どういうことなんだろう。
(;¬_¬)ジー




疑問を感じたら、何に縛られることもなく自由に仮説を立ててみる。もしかしたらこうかもしれない。それから守備側も策を講じて、それを検証してみる。
(*^-^)ノ




相手の気配を感じとる。




それは心の動きを感じとること。そして、必ずどこか誰かの動きに現れる。それを察知するために、試合の始まる前からゲームセットの瞬間まで相手選手の動きにアンテナを常に張り巡らせ、どんな小さな動きの変化にも疑問を持ってみる。何故なんだろうと考えてみる。
(*'-')




相手チームのサインをじっと見ること。それを積み重ねることで、きっと、キャッチャーの仮説・検証力が育っていくんでしょうね。そして、それが出来てしまうから、強いチーム、良いキャッチャーと言われるのかもしれません。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。