すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
少年野球のキャッチャーに適性はあるか、几帳面で細かい性格、心配性でモラルやルールを大事にする真面目な子
2014年04月04日 (金) | 編集 |
少年野球のキャッチャーを誰にすればいいのか、迷ってしまうことが結構あるんじゃないでしょうか。足が速くないから。少しポッチャリしているから。ホームから2塁まで矢のようなボールを投げるから。肩は強くないけど送球のコントロールがいいから。プロテクターを巧みに使ってボールを後ろに逸らさないから。他にも、いろいろな考え方がありますよね。
(〃▽〃)




内野手であれば、ショートからセカンドへ、サードからショート、ファーストなど守備位置を変更することはそんなに難しいことではありません。外野手についても、基本的な技術はほぼ同じなので、センターでもレフトでも無難にこなすことができます。
(*'-')




ところが、ピッチャーとキャッチャーについては、急にやれと言われて、『はい、わかりました。』とできるものではありません。
(。・_・。)




特にキャッチャーについては、防具に慣れることから始まり、ミットの使い方、構え方、サインの出し方、ボールの投げ方、殆どすべてのことが他の守備とは異なります。だから、それなりの練習期間がどうしても必要になってしまうんですよね。
~('-'*)




そして、一度キャッチャーとなってしまうと、たとえ少年野球であっても簡単にその守備位置を変更することが難しくなってしまいます。あれだけ練習したのに、あれだけ試合経験をつんだのに、また一からやり直しなんて誰だって躊躇してしまいますよね。
('∇')




それでも、どうしてもキャッチャーの選手を変更しなければならなくなることがあるかもしれません。
(*'-')




そもそも、キャッチャーは一番地味なポジションです。小学生なら、一番人気がないポジションじゃないでしょうか。野球アニメの多くはピッチャーが主人公です。長嶋さんはサードで、イチローは外野手です。キャッチャーが脚光を浴びることはほとんどありません。
~('-'*)




ピッチャーがボールを投げるときはしゃがんで構え、ボールを捕ったらまた立ってピッチャーに投げ返します。ワンバウンドのボールをプロテクターで止め、バットとボールの衝突を70センチ後方から確認しなればなりません。
(>_<。)




そんなキャッチャーのポジションですから人気がないのも頷けます。人気がないので、希望する子供は少なくなります。それで、指導者の方が指名することになるんですよね。どんな選手がキャッチャーにむいているんでしょうか、指導者の方々の悩みは尽きません。
~('-'*)




たとえば・・・




人、環境の変化に常に気を配り、
投手の気持ちを敏感に感じとり、
納得できるまで理論を組み上げ、
重箱の隅をつつく批判も辞さず、
時に石橋を慎重に叩いて渡り、
イザという時はどっしりと構える。





これって、A型かもしれません。
(*^-^)ノ




血液型で性格が決まってしまうかどうかは別にして、プロ野球のキャッチャーにはA型の選手が多いのもまた事実かもしれません。巨人の阿部選手、中日の谷繁監督、他にも里崎選手、島選手、相川選手、小田選手、鶴岡選手、もしかしたら血液型ってことなんでしょうか。
(*'-')




キャッチャーを誰にするのか、迷いに迷った挙げ句、血液型で適性を判断するのもありかもしれませんね。君の血液型はキャッチャーにむいているかもしれないと、A型の選手はこんなにいるんだと暗示にかかれば、キャッチャーらしいプレーヤーに育っていくのかもしれません。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック