すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
少年野球のトスバッティング練習、二兎を追い一兎を得る、2つのボールを同時に投げて1つのボールを狙い打つ
2014年02月21日 (金) | 編集 |
少年野球を楽しむ子供たちのバッティングが今より少しだけ上手になって欲しいと、一人でも多くの子供たちが上手になる喜びを味わってもらいたいと、この子たちにあった練習方法がないものか、もしかしたら日々検索、そして実践と手直しの繰り返しなのではないでしょうか。
(〃▽〃)




手軽にできるバッティング練習と言えば、斜め前方からの下手投げのポールを打つトスバッティングやスタンドティーの上に置いたポールを打つティーバッティングがすぐに思いつきますよね。
(*'-')




この練習は、前方のネットに向かって打ち込めば、狭い場所でもできるので、会社の仕事を早々に切り上げて、自宅の庭に設置した捕球ネットの前で待つお子さんのもとへ、超特急で帰宅されている方も多いんじゃないでしょうか。
(*^-^)ノ




いつもと、変わらぬ練習・・・




だから、トスバッティングをより実践に近い形で練習する、こんな工夫をされている方もいらっしゃるみたいです。
~('-'*)




2つのボールを同時に投げ、そのうち1つを打つ





危険なので、絶対に子供同士ではやらないでくださいね。
('◇')ゞ




まずはトスの練習です・・・




トスの上げ方は、いつものように正しいリズムを刻む投げ方で、ゆったり腕を振って、2つのボールを同時に投げるだけです。
(~▽~)♪♪♪




しかし、ボールの握り方にはちょっと工夫が必要です。2つのボールを地面に並べ、その両端を親指と小指で挟み、残り3本の指でボールがぐらつかないよう支える感じで握ります。慣れてくれば、さっと握れるみたいですよ。
( ・_・)_旦




この方法で2つのボールを握ったら、手のひらを上に向けず、握手をするように手のひらを横に向けて、つまり親指を上に、小指を下にして、その向きのまま腕を振って2つのボールを同時に投げます。
( ・_・)┘旦




上手にトスできると、2つのボールは上下に数センチの間隔で、同じような放物線を描きながら、飛んでいきます。このトスができれば、いよいよトスバッティング練習のはじまりとなります。
(o^-')b




さて、その練習方法は・・・




2つのボールを放す瞬間に、トスを上げるコーチの方が、『上』または『下』とどちらのボールを打つのか指示を出します。バッターは指示された方のボールを打つ、そんなトスバッティング練習です。
(~▽~@)




難しいですか・・・




ボールがピッチャーから離れた瞬間に、力まず、ゆったりとした心で、静かにボールの軌道を判断できる子供にとっては、いつものトスバッティングと『何が難しいの』って感じで、カンカンボールを打つことができると思います。
(*'-')!




ところが、ピッチャーからボールが放れる瞬間に、バットを力んで動かしたり、勢いよく前に移動している子供にとっては、勝手が違うことになります。
(^_^;)




打つボールを間違ったり、空振りを繰り返したりしていませんか。
NG(>_<。)




ボールを打てたとしても、普段通りのスイングができていますか。
NG(>_<。)




弱々しいスイングで、当てるだけのバッティングになっていませんか。
NG(>_<。)




いつもは上げている足が、地面に着いたままになっていませんか。
NG(>_<。)




トスのボールが放れる瞬間に、力んでバットを動かしていませんか。
NG(>_<。)




トスのボールが放れる前から、バットがスイングをはじめてはいませんか。
NG(>_<。)




ボールを握った腕の振り下ろしに合わせて、すーっと足が上がっていますか。
('-^*)ok




トスのボールが放れる直前に、上げた足を下ろし始めていますか。
('-^*)ok




トスのボールが放れる瞬間は、肩から力が抜けバットが静かに見えますか。
('-^*)ok




トスされたボールの軌道が、1/3~1/2になった所でバットスイングをはじめていますか。
('-^*)ok




この練習は、『上』のボールを打つほうが簡単だったりするので、バッターのレベルによって指示する方向の割合を変えてみたり、様々な工夫が必要になる練習みたいです。
(*^-^)ノ




はじめての方は、まずトスをリズムよく上げてあげること、指示は『上』だけで、上のボールだけを打つことを目標にします。50球程度打ってみて、なんとなく感じがつかめれは、初級コースに進みます。
('▽')




初級コースは、上が8割、下が2割程度でトスバッティング練習をしてみます。50球程度打ってみて、下のボールが半分以上打ち返す事ができれば合格です。
(^▽^)




中級コースでは、上、下ランダムに半分づつの割合で、本格的な練習をしてみます。50球全てのボールを打ち返すことができれば、見事中級コースが合格となります。
(^▽^)ノ




上級コースは、『牛』や『鹿』なんて指示も追加します。この指示の時はバットをスイングをしない、つまり見逃しのルールを追加します。50球全てのボールに対応ができれば、見事認定証獲得です。
ヾ(^▽^)




卒業後は、試合を見据えた本格的な実践練習です。トスのボールを低く投げたり、コースを若干ずらしてみたり、ボールを3つにしてみたり、様々な困難に対応できるように練習を繰り返します。
ヾ(^▽^)ノ




指示されたボールを打つという緊迫感。
(゚-゚)



トスの軌道が安定しないという緊張感。
(x_x;)



そして、打てるボールと振り出しのタイミングを見極める選球眼。
(@_@)



野球の試合で結果がでない選手は、得てしてボールを見極る選球眼が悪いと言われます。単に目が悪いとか、胴体視力が優れていないとかではなく、ピッチャーからボールが放たれる瞬間のリラックスした体の使い方ができていないことが原因の1つといわれます。
( ̄□ ̄;)!!




リラックスした体とバットの使い方を手に入れ、選球眼を磨くための練習として、2つのボールを使ったトスバッティングが、バッティングが上達したいと願っている子供たちのお役に立てれば幸いです。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック