すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

野球の試合前のシートノックは、どうして外野からはじめるようになったのか、勝つために何を考えた結果なのか
2013年08月02日 (金) | 編集 |
少年野球の合間をぬって、夏の高校野球、神奈川県大会をテレビ神奈川や横浜スタジアムのバックネット裏で観戦していると、あれ?っと感じることが・・・
それは、各学校の試合前のシートノックのやり方についてなんです。
(〃▽〃)




30年以上、遥か昔の野球チームであれは、どこのチームでも試合前のシートノックは同じようなものだったんじゃないかと思います。例えば・・・
・内野ボール回し
・内野オールファースト
・内野ダブルプレー
・内野バンド処理
・外野バックセカンド
・外野バックサード
・内外野フライ
・外野バックホーム
・内野バックホーム
・キャッチャーフライ




以前なら試合前のシートノック時間は10分はあったと思いますので、選手もかなり余裕を持ってできていたと思います。左中間を深々と抜けるノックの打球に、レフト、センターの2人がフェンスまで追いかけ、ショート、セカンドの2人がカットプレーのラインを作り、バックサードへ中継するプレーだって。
ヾ(^▽^)ノ




しかし、時代は変わり、今は試合前のシートノックの時間は7分間(場合によっては5分間かもしれません)しかありません。先発メンバーの選手を中心に、試合前のシートノックの時間をより有効に使おうと、自分たちに必要なプレーに絞り込み、いらないプレーは省略し、各チームで最大限、工夫されているのがよくわかります。そのためか、左中間を深々と抜ける打球はあまり見られなくなり、内野手のボール回しですら省略される場合もあるようです。
(*'-')




そんな時代の試合前のシートノックですが、それでも一つだけ不思議に思ったことがあります。
('∇')




それは、どうして試合前のシートノックを内野からではなく、外野からはじめるのか、ということです。
(*'-')




少年野球も高校野球もプロ野球でも、試合前のシートノックの順番は決められたものではありませんが、昔は内野から外野への順番でシートノックを行うのが、オーソドックスなやり方だったと思うんです。しかし最近は、外野からノックをはじめるチームが増えてきたように思います。
~('-'*)




これは、どうしてなんでしょうか?




ところで、試合前にシートノックをする最大の目的は何かといえば、グラウンド状況を選手が把握することにあると考えています。
ヾ(^▽^)ノ




だから、難しい打球を処理する必要はなく、太陽の位置だったり、ピッチャーズマウンドの傾斜やグラウンドの土の硬さだったり、ファールゾーンの距離感やベンチの位置だったり、外野フェンスまでの距離や弾み方だったり、ノックの打球を処理しながら感じることが必要になります。
ε=ヾ(*~▽~)ノ




もちろん、選手のウォーミングアップという目的もあるでしょうが、それならワザワザ、グラウンドの守備位置に選手を守らせてノックする必要もなく、ベンチ前でカラダを動かすことでも対応できそうです。
(*'-')




もっともプロ野球では『観客にプロの技を見せる』という目的もあるでしょうが、アマチュア野球の高校野球、少年野球には無論関係ないことなんでしょうね。
('∇')




では、どうして試合前のシートノックを内野からではなく、外野から行うんでしょうか。
(^_^;)?




具体的な理由はわかりませんが、7分間という短い時間の中で、試合前にもっとも効率的なシートノックをするために、外野からのノックにたどり着いた、ということなんでしょうね。
(*'-')




◆ボール集め




試合前のシートノックは限られた人数しか参加できないので、外野ノックでは内野手がボールを集めて、ノッカーの後ろでボールを渡す選手が肩に掛けているボールケースに、ボールを入れていく。




次に内野ノックになったら、外野手がボールを集めて、そのケースにボールを入れていく。




ノッカーの背後からボールを渡していく係の選手は、手術室で看護師の方が先生に器具を渡す様子に似ています。欲しいと手が出て、その手に確実にボールを渡す。ノッカーがノックする場所を動き回っても、しっかりそれについて行き、手が出れば絶えずボールを受け渡す。そのために、ノックのボールを集めることも、試合前のシートノックでは重要な仕事かもしれません。
(*^-^)ノ




ただ、それだけでは外野が先か、内野が先かの理由にはなりません。もっと他に、理由があるはずです。
(*'-')




外野手から先にノックをすると、何かいいことがあるはずなんです(思い込みかもしれません)。
( ^-^)~




◆選手の休息




外野ノックと内野ノックの大きな違いは、選手の走る距離にあります。外野フェンスまで何度も走れば、誰だって息が上がってしまうはずです。内野手も中継プレーに走れば同じ様に息が上がります。
≡≡≡ヘ(*--)ノ




シートノックのはじめに長い距離を走り、その後短い距離を走ることで試合開始までの休む時間を少しでも長くする。外野手が休む時間を考えて、外野からノックをはじめているのかもしれません。
~('-'*)




◆まちまちな外野の規格




日本に限らず、野球場の外野フィールドほど、規格が違うものはないんじゃないでしょうか。はじめての球場では選手だけでなく、監督、コーチさんまで戸惑ってしまうこともたくさんあるでしょう。
(>_<。)




だから、試合前のノックで外野をしっかり確認しておきたい。距離感、外野手が守る位置をノッカーが打球を実際に打って、距離感を肌で感じておきたい。そこが重要だから、外野ノックを先にすませておく。残り後何分と言われる前に・・・
(*^-^)ノ




この疑問は解決しませんが、神奈川で戦う、夏の高校野球の各球場で戦った、試合前のシートノックは、いつになっても本当に勉強になりますね。
o(^o^)o





  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。