すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

少年野球で打率の計算、でも試合でヒットを打つことができた結果だけで、単純にバッターを評価できないんです
2013年06月14日 (金) | 編集 |
少年野球の子供たちは、週末の野球の試合が終わった後で、今日の試合は何打数・何安打だったと、打率の計算をしっかりしているんでしょうか。それとも、コーチの方や保護者の方が試合の記録を毎回きちんと整理され、子供たちに伝えていらっしゃるんでしょうか。
(〃▽〃)




野球では、バッターが何回打って(打数)、その内、何回ヒット(安打)を打つことができたのか、その割合を『打率』と呼んでいます。3回打って、1回ヒットを打つことができれば、
打率=安打数÷打数
なので
1÷3=0.333
つまり、33.3%の確率でヒットが打てたバッターという評価になります。
(*^-^)ノ




ちなみに、日本では打率をパーセンテージではなく、歩合で表記するのが一般的で、『打率は33.3%』ではなく、『打率は3割3分3厘(サンワリサンブサンリン)』と言うようにしています。子供たちも打率は歩合で話しているんでしょうね。
~('-'*)




バッターの能力を評価する一つの指標として、プロ野球でも給料の査定対象にもなるくらい重要視されている打率なんですが、少年野球の子供たちの能力を評価する目的では非常に使いづらいものだと思います。
('∇')




打率には、四死球の数も犠牲バントの数も含まれていません。




野球のルールでは、バッターが打席に立って、その打撃を完了した回数を打数として記録しますが、次の場合は打数には含みません。

・四球(もちろん敬遠も含みます)
・死球
・犠牲バント(バッターが何らかのエラーで一塁に残っても、ランナーが進塁していれば、失策ではなく犠牲バントを記録)
・犠牲フライ(外野に飛んだフライで、得点した場合です)
・妨害(インターフェア)
・走塁妨害(オブストラクション)




打数には、四死球が含まれません。四球で塁に何度出ても打率がアップするわけでも、ダウンするわけでもないんです。
~('-'*)




たとえば・・・




ある選手が、3回打席に立って、四球が2つ、もう1つは内野ゴロのエラーで塁に残りました。この選手の打率は、1打数0安打で打率は0割ということになります。




またある選手は、3回打席に立って、安打が1つ(しかも2塁打)、併殺打が1つ、もう1つは見逃しの三振でした。この選手の打率は、3打数1安打で打率は3割3分3厘ということになります。




この二人の選手を打率だけで比較してしまうと、非常に残念な結果になってしまいます。ひとりは四球で塁に出た後盗塁し、その後得点したのかもしれませんが、打率は0割です。もう1人のバッターの併殺打は犠牲バントを失敗したのかもしれませんが、打率は3割ということになります。打率に偏重した評価は、少年野球というゲームを、バッティングセンターのホームラン競争にしてしまうだけだと思うんです。
(>_<。)




打率ではなく、出塁率という評価もあります。出塁率には、四死球で出塁した数が安打と同じように含まれます。しかし、犠牲バントやエラーで出塁した数が含まれるわけではありません。
('∇')


出塁率=(安打+四死球)÷(打数+四死球+犠牲フライ)



野球の試合で勝つためには、バッターはとにかく塁に出て、ホームベースを踏むことが一番で、打率は後回しなんだと思います。相手のエラーでも、振り逃げの三振でも、打撃妨害でも、まずは塁に出ることを一番に考る。ヒットを打って打率をアップすることではなく、得点につながる攻撃に参加する。
(*'-')




そして、バッターが、野球の試合を楽しむことが一番なんですよね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。