すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
少年野球のバッターは苦手なボールに対応する、投げるボールが遅い時に構える足の位置をピッチャーに近づける
2013年06月07日 (金) | 編集 |
野球の試合中に、バッターは様々なことを考えながら、バッターボックスの中でいつもとは違う行動をしてしまうものだと言われています。
(〃▽〃)




ピッチャーが投げるボールが少し遅いかなと感じたバッターが、構えている位置をぎりぎりピッチャー側に変えることはよく見られる光景ですよね。
(*^-^)ノ




ピッチャーのボールをいつも練習している球速よりも遅いと感じたから、ピッチャーとの距離を短くして、遅いボールを待っている時間を少しでも短くしたいという考え方です。
(*'-')




この作戦、一般的には正しいようですが、疑問を感じる部分もあります。
(^_^;)?




それは、バッターボックスの前に構えを移動した動きを、ピッチャーやキャッチャー、ベンチですら見られているということなんです。
(*'-')


バッターは、遅いボールを狙ってくる。



素直に考えればそうです。しかし、もう少し踏み込んで考えると、結果は変わってきます。


バッターは、遅いボールをいやがっているんじゃないか。もしかしたら、苦手なんじゃないか。



バッターは得意なボールに対応しようと動くのではなく、実は苦手なボールに対応しようと考えてしまいがちなんですよね。
(*^-^)ノ




遅いボールを待ちきれないから、ピッチャーよりに立って対応しようとしてしまう。いつもの位置では、十分なバッティングができないと考えているのかもしれません。いつもの位置で、ボールを十分に待つことができれば、前に出る必要なんてありません。
(*'-')




だから、バッターがピッチャーよりに構えてきた時に、ピッチャーがもっと遅いボールを投げることができれば、バッターがいやがるピッチングができることになります。
(^-^)v




あるいは、その遅いボールを狙い通り投げる作戦もあります。狙い通り来たボールを練習のようにリラックスして打つことができるかどうか、試してみる価値は十分あると思います。
ヾ(^▽^)ノ




いずれにせよ、いつもの構えでいつものように打つことを放棄してしまった時点で、バッターは自ら不利な状況を作ってしまったのかもしれません。しかも、そのことを相手チームにわざわざ伝えてしまったんですよね。
('∇')




たとえば、バッターボックスに入る前からピッチャーとのタイミングをイメージして、最初の一球目からピッチャーよりに構えていれば、相手には気づかれなかったかもしれません。
(*'-')




十分に引きつけて打つことができると、自信が持てるまで繰り返し練習をしていれば、ピッチャーよりに構える必要は無かったのかもしれません。
('-'*)




ピッチャーによって、構える位置を変えるのは、ごく自然な考え方だと思います。でも、そのことを相手にわざわざ伝える必要は無いはずですよね。
o-_-)=○☆




ピッチャーに近づいて構える位置を変える場合はその気配を消して、相手に気づかれないように気配りを忘れない、バッターの心構えの一つです。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック