すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

少年野球のバッターはストライクゾーンを通過するボールを打つ、それは誰の目にもはっきりしないと理解して
2013年05月10日 (金) | 編集 |
少年野球の子供たちは、バッティングが大好きですが、ストライクゾーンという目には見えない謎の空間を頭の中に描いてみたことがあるんでしょうか。あるいは誰かに一度は説明を受けたことがあるんでしょうか。
(〃▽〃)



この辺からこの辺りまで



子供たちに聞いてみると、誰でも一度は聞いたことがあるはずなんですが、記憶がどこかですり替えられているかのように、指先で示すストライクゾーンの高さ、低さは三人が三人とも違っているんです。
('∇')




ストライクゾーンの最上部の位置を、ベルトの辺りだと主張する子供。




ストライクゾーンの最下部の位置を、足首の辺りだと主張する子供。




バントで自然に構えた時のバットの位置が、ストライクゾーンの高さだと主張する子供。




本場、メジャーリーグのホームページには、ストライクゾーンの説明がこう書かれています。
Rule 2.00: The Strike Zone

The STRIKE ZONE is that area over home plate

the upper limit
of which is a horizontal line
at the midpoint
between
the top of the shoulders
and
the top of the uniform pants,

and

the lower level
is a line
at
the hollow beneath the kneecap.

The Strike Zone shall be determined
from the batter's stance
as the batter is prepared to swing
at a pitched ball.




英語ですみません。でも、ストライクゾーンの意味を理解するには、やはり英語を一度は読んだほうがいいんじゃないかと思うんです。
(*^-^)ノ




もちろん、英語ができるはずもありませんが、そこに書いてあることはたぶんこんなことなんじゃないかと思います。
(*'-')




ストライクゾーンはホームベース上の空間で

その上限を
肩の上部とユニフォームのズボンの上部の中間点を通る水平線

その下限を
ひざ頭の下の線

とする。

しかもこの二つの線は、ピッチャーがボールを投げた時、バッターがバットをスイングするために準備した時の構えによって決定すると言っているんです。
(>_<。)




審判の方は、ピッチャーがボールを投げた後すぐに、構えているバッターの肩とズボンの上部を見て、その中間点を目測で判断するんです。なんの目印もない『中間点』を通る、見えない水平線を頭の中に描き、ストライクゾーンの上限を判断しなければならないんです。
('∇')




人間業ではありません。




ところで、野球の長い歴史の中では、ストライクゾーンの上限を、

バッターの肩の高さ

バッターの脇の下

バッターのベルトの位置

など、より見てわかりやすいカラダの部位を示してしましたが、現在は『中間点』などという、誰が見てもはっきりしないストライクゾーンとなってしまっているんです。
~('-'*)




下限についても、ひざ頭の下部というこれまた、ユニフォームのズボンをはいていては絶対に確認できない位置が決められていて、その高さを通過したかしないかをバッターですら確認できないはずなんです。
(~▽~@)




重要なことは、誰の目にもはっきりしない、ストライクゾーンというルールを野球が採用していることなんです。
(*^-^)ノ




だから、審判の方によって、判定が変わることはしかたがないんです。




少年野球で一番大事なことは、自分が打てると思ったら思い切って打つことなんです。誰の目にもはっきりしないストライクゾーンに一喜一憂するのではなく、審判さんから『ストライク』と判定された『君なら打てるはずだ』という言葉に『今のは打てないよ』と諦めることなく、次は絶対に打ってやるぞとチャレンジしていく気持ちを持つことなんじゃないでしょうか。
(*'-')




少年野球でストライクゾーンを学ぶということは、そういうことだと思うんです。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。