すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

野球のルール改定、走者一、三塁で、投手がプレートを外さずに三塁へ偽投した後、一塁へけん制するとボークに
2013年02月15日 (金) | 編集 |
ニュースで伝えられているように、アメリカのメジャーリーグでは、投手のボークに関するルールを改定し、2013年度のシーズンから新たに1項目を追加することになったようです。

日本でも2014年度からは適用されるのかもしれません。

その内容は、
走者一、三塁で、投手がプレートを外さずに三塁へ偽投した後、一塁へけん制する動作は今季(2013年度)からボークとなる。プレートを外せば、三塁への偽投は可能。



このルール改定の意味を理解するために、まずは、これまでの野球のルールを簡単におさらいしてみましょう。
(o^-')b




■けん制
投手が塁上のランナーをアウトにするために、ホームではなくその塁にボールを投げる動作を「けん制」といいます。
ヾ(^_^) !!



■偽投
また、実際にはボールを投げずに、投げる真似だけをするけん制の動作を偽投といいますが、バッターに向かって偽投することは許されていません。
(^o^)



■ボーク
投手がけん制をする時は守らなければならないルールがあり、そのルールに違反すれば「ボーク」と審判に宣告されます。ボークが宣告されれば、ランナーは一つ先の塁に進むことができるんです。
ε=┌( ・_・)┘



■プレート
投手はバッターにボールを投げる時は、投手板(プレート)に軸足(右投げの場合は右足)を触れたままの状態から、ホーム方向に軸足ではない自由な足(右投げの場合は左足)を自然に踏み出して投げなければなりません。
Σ( ̄□ ̄)!



■セットポジション
ランナーがいる時のセットポジションは、軸足をプレートに触れたままで、反対の足はプレートとホームの間に置く投球姿勢のことです。この姿勢から、バッターに投球することも、けん制することもできます。
(^_^;)?



■プレートに触れたまま
セットポジションでプレートに軸足を触れたままけん制する場合は、投げる塁の方向に自然な感じで自由な足を踏み出してボールを投げなければなりません。
(~▽~@)♪♪♪



■偽投できない
セットポジションでプレートに触れたまま、投げる方向に自由な足を踏み出せば、二塁と三塁に偽投することはできますが、一塁については偽投することはできません。
(*'-')



■プレートを外す
セットポジションでプレートに触れている軸足を、そのプレートを両足でまたぐように、二塁方向に足を移動させることを「プレートを外す」といいます
('◇')ゞ



■偽投できる
プレートを外せば、足を踏み出さなくてもけん制のボールを投げることができるようになります。また、プレートを外せば、どこの塁でも偽投することができます。
(・∀・)



とっても長くなりましたが、これだけのルールを一つ一つ理解していないと、今回のルール改定の意味はわからないんです。
(*^-^)ノ




これまでのルールでは、
走者一、三塁で、セットポジションをした投手が、軸足からプレートを外さずに、自由な足を上げ投球動作に入り、その足を自然な感じで三塁方向に踏み出しただけで、実際にはボールを投げない偽投をした後、プレートから軸足を外して、振り向きざまに一塁へけん制することができる。
というルールだったんです(右投げの投手の場合)。




このややこしいプレーの目的はただ一つ、一塁ランナーを騙すことにあります。
( ̄□ ̄;)!!




一塁ランナーが盗塁する場合、投手がホームへ投げるとわかった瞬間、二塁へスタートしようと考えます。一塁ランナーだけの場合なら、右投手の左足が上がればスタートしようとするはずです。
(;¬_¬)ジー




しかし、ランナーが三塁にいる場合は状況が変わってきます。
('∇')




右投手は、軸足をプレートに触れたまま、左足をゆっくりと上げても、一塁ランナーからはホームに投げるのか、実は三塁へ投げるのかは判断しにくい動作になります。しかも、実際に足を踏み出したとしても、三塁には偽投だってできるんです。
(^-^)v




右投手がバッターに投げる動作をじっくり見極めようとすれば、一塁ランナーのスタートが遅れ、二塁でアウトになってしまいます。
(>_<。)




かといって、右投手の左足が上がった瞬間にスタートしても、もし三塁への偽投だったら、偽投の後にプレートを外した投手から、直接二塁にボールが投げられます。
(*^-^)ノ




つまり、三塁への偽投が許されている限り、投手が左足を上げたからといって盗塁のためにスタートすることはできないんです。
(`◇´)




これで、やっとルール改定の意味にたどり着きましたね。走者一塁、三塁の場面で、三塁への偽投が禁止されると、何がどう変わるんでしょうか。
('∇')




なんと、一塁ランナーは右投手の左足が上がった瞬間にスタートする事ができるようになるんです。
o(^o^)o




投手がホームに投げれば、そのまま二塁に走ればいいだけです。




もし三塁に投げれば、一旦一塁に戻るだけです。




一塁ランナーがやるべきことはとてもシンプルになるので盗塁しやすくなりますが、一方、投手にはランナーが三塁にいるアドバンテージ(偽投できる)が無くなるだけで、なんらメリットはありません。
(-_-#)




野球の投手のルールが変わる予定なら、今からそのように指導していこう、いや、ギリギリまで右投手のメリットを使うんだ、各チームでも意見が分かれるんじゃないでしょうか。
~('-'*)




2013年度の春の大会もはじまります。




少年野球をはじめ日本の今年のアマチュア野球、ワンアウトで走者一塁、三塁の場面が、一段と注目されます。
o(^o^)o





  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
初めまして。
野球観戦が好きで、毎日見ているのですが(TVですが)、解説の方が大リーグでルール変更があるというようなことを言って、さらっと説明していたのですが、さっぱりわからず・・・検索してこちらにたどり着きました。
大変わかりやすい説明で、もやもやがスッキリ晴れました。
ありがとうございます!!
2013/06/06(Thu) 21:15 | URL  | mame #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。