すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
少年野球で隠し球が禁止って?子供だからローカルルールだから指示だから、正々堂々とした野球って何ですか?
2013年01月11日 (金) | 編集 |
学童野球などの少年野球では、いわゆる野球の隠し球はローカルルールで禁止されている、そんな時代なんですね。
(〃▽〃)




緊迫した試合で、見事な三塁打を打ち放ち、三塁ベース上で笑顔のガッツポーズ、守る側は絶体絶命の大ピンチです。しばらくして三塁から意気揚々とガッツポーズのランナーがリード(離塁)をはじめてしまいました。すると三塁手がそのランナーにすかさずタッチ、ボールをピッチャーに返さずに、グローブの中に隠し持っていたんですね。これが隠し球です。
(>_<。)




チャンスを台無しにしてしまったランナーの怠慢プレー、三塁コーチャーの責任も重大です。ベンチの雰囲気は天国から地獄へ真っ逆さまでしょうね。そもそもボールがどこにあるのかを確認することは、野球の基本中の基本です。だから、野球をはじめたばかりの子供がランナーにでもなれば、必ずと言っていいほど「ボールから絶対に目を離すなよ」とベンチから声がかかるはずなんですが。
(・∀・)




三塁手の彼は、ある時、野球の隠し球というプレーを見て、あまりのことに驚き、面白そうだと感じ、いつか自分もやってみたいと心の中に秘め、その時が訪れるのをワクワクしながら待ち続け、やっと訪れたその瞬間、ドキドキしながらグローブの中にボールを隠し持ち、そしていよいよタッチを試みた、こみ上げてくる声なき叫び、審判のアウトのコールを聞き、ついに一生に一度あるかないかの経験を味わうことができたんです。
ヾ(^_^) !!




これがローカルルールとはいえ禁止されてしまうとは、野球の面白さがまた一つ失われてしまったように感じます。
(*'-')




隠し球というプレーは、アウトになったランナー、コーチャーをはじめ、監督、コーチ、そしてチームメイトが全員が注意すれば防ぐことができるものです。
~('-'*)




野球はそれこそ長い長い歴史の中で、膨大な数のルールが決められてきたスポーツです。ボールが鳥に当たった時のことまで決まっています。でも、その中にだって隠し球を禁止する規定はありません。歴史の中では様々な議論があったかもしれません。これだけの人に愛され、楽しまれてきたスポーツですから。でも今禁止はされていません。
(-_-;)




そもそも、隠し球が禁止されてしまう理由は、いったいどこにあるんでしょうか。


・卑怯な手を使わずに、子供の野球はもっと正々堂々と勝負すべきだ。


・試合時間を短くするために、ボールを隠し持たず、早くピッチャーに返すべきだ。


・喜んでいる、そんな子供が隠し球でなんかでアウトになったら可哀相じゃないか。


他にもたくさん、今の時代ならではの大人の理由があるのかもしれません。野球のルールは時代とともに変わっていくものなんでしょうが、変わらぬルールもたくさんあるはずです。大人が変えるためには、公平な判断、冷静な判断、理にかなう判断が求められ、心情だけで変えることはできないと思うんです。
(^o^)




隠し球を禁止するのではなく、子供の野球だからこそ、そこからいろいろなことを学ぶことはできないものなのでしょうか。
(^-^)v




◆よりルールを学ぶ




勝負に勝ちたければ、野球のルールを学ぶはずです。ルールを知れば知るほど、相手との戦いが有利になるはずです。逆にルールを知らなければ、思わぬところでしっぺ返しが待ちかまえています。それをわかりやすく体験できるのが隠し球じゃないでしょうか。アウトになった選手も、ベンチで見ているチームメイトも、誰か一人ボールの行方を見ていれば防ぐことができたはずなんです。
(^-^)/




◆自ら行動を学ぶ




ピンチを乗り越えるために何かできないかと自分で考えてみる。相手にスキがないのか観察してみる。ベンチからの指示でもなく、誰かに言われたわけでもなく、この状況で自ら行動しようと考えてみる。プレーヤーが主体となって行動した結果、隠し球は生まるプレーなんです。プレーヤーは指示通りにただ動くのではなく、野球というスポーツであっても自ら考え行動してみることを決して忘れてはならないんです。
(*^-^)ノ




◆正々堂々を学ぶ




何が正々堂々なのかを考えるきっかけになるが隠し球というプレーです。ピッチャーのスキをついて、盗塁することは卑怯なのでしょうか。バントと見せかけて実は打つ攻撃は姑息な手段なんでしょうか。わざとストライクを投げない敬遠という選択は恥ずべきことなんでしょうか。ルールに従い、その中で知恵を絞って、工夫して勝負できるからゲームであり、スポーツだと思うんです。
o(^o^)o




隠し球は、スタンドで応援する方も含め愚かなミスです。そのあまりのショックを受け入れることができず、でもチームの誰かに責任を押しつけることもできず、そのどうしようもない怒りの矛先を、卑怯な、あるいは姑息なプレーだからとそれを試みたプレーヤーに向けるのが、正々堂々とした野球なのでしょうか。
(〃▽〃)




隠し球は、メジャーリーグやプロ野球でも非常に珍しいプレーですが、禁止されているわげではありません。実際に時々行われているプレーです。きっと少年の頃に感じたワクワク、ドキドキした気持ちを、いつまでも忘れることができないんでしょうね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック