すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

少年野球で待てのサイン、初球「待て」二球目も「待て」そして三球目まで、バットを振らずに試合に勝つ野球考
2012年11月30日 (金) | 編集 |
少年野球でもコントロールが良くないピッチャーと対戦する時には、ベンチからバッターへ「待て」のサインが大量に出るものなんでしょうか。
(〃▽〃)




勝負した結果。




左バッターが外側低めのストライクゾーンギリギリのボールを流し打った打球がショートゴロでアウトになってしまったら

右バッターが内側高めのボールを十分に引きつけて、それでも窮屈そうに打った打球がセカンドフライでアウトになってしまったら

きっとベンチからは
なんで!今のボールに手を出したんだ?
と理由を聞かれるんじゃないでしょうか。
('∇')




わからない理由。




でも、理由なんてありません。打てると感じたがら、バットをスイングした。ただそれだけですよね。ピッチャーが投げたボールは1秒にも満たないわずかな時間でホームベースまで到着してします。バッターがあれこれ頭の中に様々な言葉を浮かべながら、投げられたボールを考えて打つ余裕なんてあるはずありません。
(*'-')




見極める高等技術。




それに野球では、ストライク、ボールを見極めることはプロ野球選手でさえ難しい高等技術だといわれています。直進ではなく、なだらかに落下しながらホームベースの上を通過するボールの軌道を、ピッチャーがボールを投げた瞬間から無意識の中で高速演算が繰り返され、まだ半分の距離も届いていないその時にその後の軌道を、つまりストライクになるかならないかを反射的に感じ取らなければ、打つことはできないんです。
(^_^;)?




誘惑。




それでも、ストライク、ボールをきっちり見極めて打ちやすいボールだけを狙ってバッティングすれば、ヒットになる確率は格段にあがるはずです。でも選手にはそれが非常に難しい。そのことは野球を指導される方が一番よくわかっているはずです。コントロールが悪いピッチャーなんだから、早打ちして凡退するくらいなら、少し待たせてみようか。そう考えるのはプロ野球も少年野球も同じような気がします。
(・∀・)




ある日の試合。




初球から「待て」、二球目も「待て」、さらに三球目まで「待て」で、スリーボール・ノーストライクのカウントになり、最後はやっぱり「待て」のサインが出て、結局ピッチャーの投球はすべてストライクが入らずフォアボール(四球)になり、バッターは何をすることなく、ランナーとして出塁することになってしまったりもするんです。
(・∀・)




まずランナーに出ること。




確かに、フォアボールを狙ってただ待っていれば易々ランナーになることができるのかもしれません。打ちやすいボールを待っていたから、そのボールが来なかったから、バッターはバットを一度もスイングすることもなく、仕方なくランナーになっただけかもしれません。試合に勝つためには、まずランナーとして出塁することが最優先されることですから。
~('-'*)




ベンチの思惑通り




待って待ってそれでも待って、ランナーに出て、その結果得点が入り、さらに試合に勝てれば、これはもうベンチのサイン通り、作戦通り、思惑通りに勝利したということです。ベンチのサイン通りに待った結果、試合に勝つことができた。勝てば誰もが嬉しいし、だから勝つことで失敗を忘れ、そして勝つことが最優先と疑うこともないんでしょうね。
(>_<。)




勇気を失わず。




最終回一点負けている状況で、すでにツーアウトランナー無しと追い込まれてしまっています。ここでバッターボックスに向かう選手は、いったいどんな心境でピッチャーに向かっていけばいいんでしょうか。ベンチからのサインはもうありません。
( ̄□ ̄;)!!




結果の先送り。




待てのサインが無くても、結果を先送りするかのように、真ん中のストライクにも手を出さず、もしかしたらフォアボールで出塁できるかもしれないと、甘い誘惑に負けてしまっているんでしょうか。
(^з^)




結果をおそれず。




気がついたら、打っていた。真ん中か、アウトコースかなんて覚えていない。夢中でバットを振ったことはなんとなく覚えているけど、結果がどうなろうとはじめから勝負を挑んでいこうと決めて、バッターボックスに向かったことは良く覚えている。
(^_^)/




勝つことを求められ。




大量の待てのサイン。




勝負を先送りする子。




勝負に挑みたい子供。




待てのサインで勝っても、勝負に挑まなければ、決して上達しないのが野球なんですよね。
o(^o^)o





  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。