すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
少年野球の監督さんとお父さんが違うことを言っている、その理由を理解すれば元気な声でハイと返事ができます
2012年05月11日 (金) | 編集 |
リトルリーグや学童など少年野球では、監督さん、コーチさん、審判さん、そして保護者の方々からのアドバイスに対して、元気な声で『ハイ』と返事をするように指導されると思います。その『ハイ』の本当の意味を理解することができれば、子供たちはすばらしいプレーヤーに成長できるんじゃないでしょうか。
(〃▽〃)




もちろん、うちの子供が理解できていると思ってるわけではありません。親ができていないので当たり前なんです。親として自分が一番反省しなければならないんです。こうありたい、こうなってほしい、そんなささやかな願いと反省なんです。
(>_<。)




無理にバットを振り下ろすんじゃない!

だって、お父さんはダウンスイングしろって・・・



これ、少年野球では、ありがちな会話ですよね。グラウンドでの指導と家での指導が食い違うことって、よくある事なんじゃないでしょうか。野球に一生懸命なお父さんほど、家に帰って来るなり子供の専属コーチへと変身されると思います。バットの振り方、ボールの投げ方、時間をかけてマンツーマンの指導に終わりはありません。
( ̄□ ̄;)!!




監督さんとお父さんの指導の内容が食い違うのには、それなりに理由があります。




例えば、野球中継などでピッチャーの綺麗なフォームをスーパースローで見る機会があれば、ムチのようにしなる腕に誰もが驚かせられます。そして、ピッチャーのプロネーション(投げる時に腕が内側に回転する)の動きを写真のように一枚切り取って、それを子供になんとか『言葉』で伝えようと誰もがしてしまうんですよね。
Σ( ̄□ ̄)!




投げる時は腕を内側に捻る感じで




でも、野球選手の多くは、腕を内側に意識的に捻っては投げていないと思います。それなのに、野球選手の動きを一時停止させて、見た結果だけを見て『捻っているように見えた』ことを伝えてしまいがちなんです。動いている一連の流れの一部だけを切り取っても、同じ動きができるとは限りませんよね。
(*'-')




綺麗なプロネーションになるために




意識的でなければ無意識の中で出来ていることになります。だとすれば、できている選手からその時の感覚を言葉で伝えていただくか、それを見た人が想像して伝えるしかありません。いづれも無意識の世界、感覚の世界です。だから、十人十色、話がまとまるわけがないんです。
(^_^;)?




プロネーションは、子供が自然にできる当たり前の動き




プロネーションなんて考えたことなんてない選手、リラックスしていればそう動くと信じているお父さん、その動きをなんとかマスターしてほしいと願うお父さん。受け取る子供の感覚とも当然食い違ってきます。それで、言っていることが違っているように聞こえてしまうんですよね。三者三様、感覚の世界だから仕方がないことなんでしょうね。
(´ー`)




三者三様、違っていたのは感覚なんです




しかし、子供たちは迷いますよね。感覚の話ばかりなんですから。では、監督さん、お父さんのどちらの意見、感覚に耳を傾ければいいのでしょうか。
(T_T)




お父さんは正しい




監督さんも正しい




人の感覚の世界に間違いはない




実際にそう感じているんですから、誰が何と言っても正しいことなんです。ただそれを他人に共感してもらえるような『言葉』で表現できるかどうかは別の話です。話す側、聞く側が共感できるように努力することが大切で、どちらが正しいかどうかではないんです。
ヾ(^_^)




独楽回しの感覚でボールを投げる。




そんな風に伝えても、わかる方にはわかりますが、子供は共感してくれません。独楽回しをしたことがないんですから。共感は、過去に経験してた記憶がなければ得られないものです。
(*'-')




いや、メンコを投げる感覚なんだ。




独楽回しを経験したことがない人がそう言います。しかし、聞いている子供が二つとも経験していなければ、二つの別々のことを言っているとしかきこえないんじゃないでしょうか。でも、共感してもらう、共感するような努力はできるはずです。
('∇')




共通の経験を重ねる




そのためには、大人が子供の感覚に近づくように何かをやってみて、子供と同じような経験をしてみるか、子供が大人の感覚に近づくように、言われていることをやってみて、その感覚が得られるかどうか試してみるしかありません。お互いの感覚が共感できるようになるしかないんです。
(^_^)/~




返事は『ハイ』の意味はこんなところにあります。




誰かが言っていることは正しい、感覚の世界なので間違いではない。それぞれが感じていることを、無理に日本語で伝えようとしてくれているんだから、まずは素直に話を聞いてみよう。経験したことがなければ、経験してみよう。もしかしたら自分の感覚にプラスになることがあるかもしれない。否定的に考えずに、ちゃんと試してみてみよう。
o(^o^)o




いつか、子供たちが素直な気持ちになって、いろんな方々から話を聞く準備ができるようになれば、グラウンドには元気で明るい『ハイ』という返事が響きわたるんでしょうね。
ヾ(^▽^)ノ

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック