すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コントロールがいいピッチャーの影には、試合の中で集中力を高める構えを試してるキャッチャーがいるんです
2012年04月13日 (金) | 編集 |
いくらコントロールがいいピッチャーでも、10センチ四方の四角形の小さい的に100%の確率でボールを的中させることなんて、誰もできない夢物語なんだいうことはわかっているつもりです。
(〃▽〃)




それでもコントロールがいいピッチャーというのは、きっと全ての投球の中で、自分の頭の中でイメージしている小さな的を狙って、『必ず当ててみせる』とつぶやきながら、ボールを投げているはずなんです。
( ̄□ ̄;)!!




そしてその小さな的になるために、いいキャッチャーというのは思いついた様々なアイデアを試合の中でしっかりと試しているんじゃないでしょうか。
(^-^)v




たとえば、ピッチャーにサインを出した後、バッターにさとられないように静かに気配を消しながら、そのキャッチャーミットを素早く構えて、ピッチャーが投球モーションに入った瞬間から微動だにしないキャッチャーがいるんです。何故なら・・・
(^-^)/



原点




ピッチャーがコントロールを乱す最大の原因は、集中力が低下することじゃないか。ストライク、ボールの判定にイライラしたり、味方のエラーに腹を立てたり、試合の状況に動揺したり、集中力が低下する要因はたくさんある。『集中する』とは、何か小さな一点に目の焦点をしっかり合わせている状態だから、その一点として、視点を合わせる標的としてキャッチャーがちゃんと構えていないのが一番の原因なのかもしれない。
(*'-')



削落




集中力を低下させるキャッチャーの動きは、ピッチャーが投球モーションに入ってもなかなか構えず、疲れたかのように足元をジタバタさせることかもしれない。ピッチャーがボールを投げると同時にミットを下にちょっと向けてキャッチャー自身が捕球のタイミングをとることも、バッターがわかるように一度わざと逆のコースに構えることも、ピッチャーの集中力を低下させるだけかもしれない。
('∇')



苛立




ゴミ箱にティッシュを投げ入れようとした時、そのゴミ箱が左右にふらふら動いていたら、きっと誰だってイラっとする。車に飛び乗れといわれたら緊張するし、携帯電話の画面がゆらゆら揺れていたら頭が痛くなってしまい、集中どころではないだろう。標的はじっと静かに静止しているべきなんだ。
ヽ(*`Д´)ノ



標的




ピッチャーの集中力を上げる構えは、左の手のひらに適度に力を入れながら、できるだけミットを目一杯に開き、ピッチャーから丸く見えるように正面に向け、真ん丸の標的となったミットを、ピッチャーが投球モーションを始める前からボールを捕球するまでしっかりと固定して構えるんだ。これだけで、ピッチャーの集中力は飛躍的に上がるのかもしれない。
(・∀・)



誤解




それに、キャッチャーが捕球の瞬間にミットをストライクゾーンの中心に向かって動かすことは、ピッチャーにとっては狙い通りにボールが投げられたかどうかをわからなくしてしまうだけで、捕球の瞬間にミットを持っている左腕をできるだけ動かさないように、体と左腕の角度を変えないように捕球する方がピッチャーは喜ぶんじゃないだろうか。
φ(._.)



姑息




特に低めに投げられたボールに対して、ミットの重さに負けてしまい、一旦捕球した位置よりミットを下げてしまい、それからそれを誤魔化すために捕球した位置より高く動かしたとしても、審判の判定が『ボール』となってしまえば、ピッチャーはココロの中で『動かすな』と叫んでいるはずなんだ。
(>_<。)



演出




捕球する瞬間まで的は動かなかったとピッチャーに感じるてもらうことが、心静かで集中力が高まるはずだ。そのためには、ボールがちょっと逸れたくらいならミットの網の方でキャッチングしたり、手のひらあたりでキャッチングしてあげることもできるんじゃないか。それが無理ならミットは動かさず、体だけをじわぁ~っと動かして、動いていないように演出することもできるんじゃないか。
(*'-')



涼顔




また、ワンバウンドの処理だって、何かにビックリしたかのように大げさに体を動かしてしまえば、何か悪いことでもしたみたいにピッチャーは感じてしまうかもしれない。涼しい顔で、慌てず騒がず落ち着いて、来たボールに冷静に対処しているように振る舞うことが、ピッチャーのためになるんじゃないか。
( ^▽^)σ



錯覚




やるべき事は、ピッチャーがミットを見た瞬間からキャッチャーがボールを捕球するまでの間、丸い標的としてミットを固定することで、その一点に焦点を合わせてもらうことなんだ。構えたミットにボールが勝手にすーっと吸い込まれていくように感じてもらうことができれば、そんな錯覚を覚えてくれるるなら、今よりもっとピッチングを楽しんでくれるかもしれない。
(*^-^)ノ




賞賛




狙い通りにボールが投げられたとピッチャーがハッキリ感じることができれば、無意識のうちに自分で自分を褒めてくれるかもしれない。キャッチャーの構え、捕球の仕方がピッチャーを褒めているように感じてくれるかもしれない。そうなれば、『次はどこだ』とピッチャー自ら、標的に視線を合わせてくれるようになり、集中力が高まり、その結果自然とコントロールが良くなるんじゃないだろうか。
p(^-^)




こんなことを試合のたびに考えて行動してくれるキャッチャーが本当にいるとしたら、ピッチャーは幸せなんじゃないでしょうか。
o(^o^)o

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

コメント
この記事へのコメント
いいですね!

解説とってもわかりやすいです!

2012/04/16(Mon) 18:05 | URL  | さとすけ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。