すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
ピッチャーのコントロールを良くするためには、頭の中に浮かぶ言葉を遮断する必要があるのかもしれませんね
2011年07月26日 (火) | 編集 |
ワンストライク、ツーストライクとアウトコースに見事にコントロールされたボールを投げたはずなのに、最後の1球になると何故か真ん中のボールになってしまう。これってピッチャーの宿命なんでしょうか。
(〃▽〃)




力んでしまった




最後の1球を今までと同じリズムで投げることができない小学生は多いのかもしれません。ここで決めてやるとか、空振りの三振をとってみたいとか、もっとギリギリに投げてやるとか、外から観察していても1球目とは明らかに違う投げ方に見えるんです。
(>_<。)




どうしてなんでしょう




ピッチャーのコントロールを左右するものは集中力だと言われます。ということは最後の1球になると集中力が無くなるってことなんでしょうか。集中力がある状態って、集中力が無い状態って、そのことがきちんとわかれば何か対策がとれるのかもしれません。
(*'-')




座禅を組んでいる時のように、ロウソクの炎をぼんやり見ているように、やっているプレーの記憶が無いような、穏やかで静かな時間が流れていくような、何かにとりつかれたような、そんな心持ちでプレーしている時が集中力が高い状態なんですよね。
o(^o^)o




無我の境地




三振をとりたいな、四球を出したらどうしょう、ホームランなんか打たれてたまるか、もしかしたらエラーするかも、あそこに投げれば打たれないさ、大丈夫心配なんかいらない、できるはずだ。こんな時はピッチャーの集中力は欠けています。
(>_<。)




言葉が浮かぶ




つまりは頭の中で何か言葉で浮かんできている状態はピッチャーはマウンドの上で集中できていないんじゃないでしょうか。
(^-^)v




だったら言葉が浮かんでこない状態にすればいいんですよね。キャッチャーミットを見て頭の中に言葉が浮かばない状態でボールを投げることができれば、集中力がアップしてコントロール良く投げることができるんじゃないでしょうか。
(*^.^*)




念仏を唱える




たとえばキャッチャーからのサインにうなずいたら、必ず同じフレーズの言葉をブツブツ小さな声でしゃべるなんてどうでしょう。お坊さんの念仏のように。口から言葉を発声しながら頭の中で違う言葉を考えるような器用なこと、できないんじゃないでしょうか。言葉が浮かんでこなければ集中力がアップして、いつも通りのコントロールする能力が発揮できるんじゃないでしょうか。
( ̄□ ̄;)!!



あのミットを動かさないでボールが吸い込まれるようにしてください。あのミットを動かさないで・・・



念仏を唱えるように、神様にお願いするように、自分の願いを言葉にする。勝ちたいとか、三振をとりたいとかではなく、あるべき本来の姿をお願いする。
(*'-')




頭の中に浮かぶ言葉を遮断できれば、ピッチャーのコントロールが良くなるんじゃないでしょうか。そのためにできることは何でも試したいですね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック