すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
魔法の杖、試合で野球少年がいつもの力を発揮できると信じるているその姿、彼の所作まねてはまなぶ野球道
2011年06月02日 (木) | 編集 |
少年野球の子供たちは、大人ほど試合の勝ち負けにこだわっていないんじゃないと、そんなことを考えたりします。
(〃▽〃)




ご存じですか?
魔法の杖





その眩い憧れを手に入れたくて、真剣に試合に望んでいる選手がいるんですよ。全国の野球少年たちの中にも、たくさんいらっしゃるんでしょうね。
(^з^)/




始め、バッターボックスに入る前は
股割り、そして膝を交互に出しての屈伸運動を





次に、バッターボックスに入ると
右手で持ったバットを後方から頭上へ、そして前方へと円を描くようにピッチャーの方へゆっくりと回す





そのままの一連の動作で
右手に持ったバットを高々と上げたままピッチャーに向けると、左手で右肩のエルボガードの装着を確認するかのように、そのユニフォームの袖をチョンと摘む





最後に、泥んこの顔をピッチャーに向けて、大声で吠えます
さっ、こい

Σ( ̄□ ̄)!




イチロー選手の所作、バッターボックスに入る時に必ず行っている動作をまねてみたいと考え、無謀にも行動している子供がいるんです。
(≧∀≦)




魔法の杖・・・



しかし、その所作の中にある、バット越しに見るピッチャー、バックスクリーンに、目の焦点をチカチカ合わせる動作を繰り返し、準備運動の最後の締めくくりとしての動体視力のトレーニングだということを、そこまでまねをしているのかは不明です。
ε=ヾ(*~▽~)ノ




それでも、監督さんや応援してくださるママやパパ、審判さん、多くの大人と、相手チームの子供たちが見ている目の前で、堂々とその所作ができるのかを楽しんでいたりするんです。
(^_^;)?




三振した後の打席では、恥ずかしくって何もできない時だってあります。
(>_<。)ノ




ヒットを打った後は、いつもより余計に、声がはっていたりもします。
(。・_・。)ノ




試合でやってみたいことは、勝つことだけじゃないんです。勝ち負けだけで子供はゲームになんかはまったりしませんよね。結集を出すまでの道のりが楽しいから、自分からやってみようと思うから、のめり込んでいくんだと思います。
(*'-')




ただ元気がないと、だから声を出せど言ってみたところで、何をどうすれば楽しいのかを伝えてあげなければ、子供は野球にのめり込んではくれないでしょうね。
(>_<。)




楽しいから元気いっぱいの姿に見えるんです。




訳も分からず声を出しているのは辛いだけです。




イチローの所作のように、子供だってまねてみたいと思うような所作が、やってみて面白かったと感じることができる所作が、子供たちの元気な姿を甦らせてくれるのかもしれませんよ。
d=(^o^)=b




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック