すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
図解無し!バットをスイングするコツ(骨)、公園のブランコに乗ってみれば、きっと誰でもわかっちゃいますよ
2011年05月20日 (金) | 編集 |
野球のグランドへ自転車で向かう道路の横に、近所の小さな子供たちが遊ぶ第二公園があります。そこにあるブランコに乗ってみれば、きっと誰でも気がつくことかもしれませんね。
(〃▽〃)




ブランコの椅子に腰掛けたら、先ずは小さなゆらぎを作ります。
(-_- )ノ⌒




不器用にギィ~コ、ギィ~コ、と足を使ってバタバタします。
\(^o^)/




すると、だんだんと小さなゆらぎが、大きな揺れに変わっていきます。
ヾ(^▽^)ノ




ビュ~ン、ビュ~ン





ここまでくれば、大のオトナだって楽しくなっちゃいますよね。
ε=ヾ(*~▽~)ノ




誰でも知っていることですよね。どうやればブランコの揺れを大きくすることができるのか。
(^-^)v




たぶん、どこかで
GUN
と下に力を入れるんだと思うんです。
Σ( ̄□ ̄)!




それはどこ・・・




(1)一番地面に近づいて、低くなった時


(2)一番空に近づいて、高くなった時


(3)地面から空に向かって、上がっていく時


(4)空から地面に向かって、下がっていく時




答え・・・




電車の社内でよく見かける日能研のクイズみたいになっちゃいましたね。

密かにファンだったり

おわかりですよね。
f(^_^)




実は、ブランコを漕ぐときにGUNと力を入れることと、バットのスイングでBUNって力を入れることと、よく似ているんだということを教わったんです。
(^_^;)?




バットは子供たちにとってはとても重たい道具です。だから、その重たいバットを無理やり揺らそうとするのではなく、ブランコを揺らすように力を安く賢く入れて、スイングするということなんです。
(´ー`)ノ




バットスイングは、ブランコを漕ぐように力を入れる





わかりやすい映像も、図解もありませんが、ブランコを漕ぐコツだったら、誰でも説明できる感覚なんじゃないでしょうか。
(*'-')




いかがですか?週末は公園のブランコで遊んでから、グランドへ行ってみては。
d=(^o^)=b



、、、

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック