すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
馬跳びだって野球の練習、冬の枯れた芝の上に連なる小さな馬たち、その上をピョンピョン跳ねていく子供たち
2010年12月10日 (金) | 編集 |
真冬に季節外れな話なんですが、小学校の運動会ではめっきりと見なくなったのが騎馬戦ですよね。
(〃▽〃)





子供の小学校では騎馬戦もどきを長年続けてきていますが、見事に現代風にアレンジされているんです。
(≧∀≦)





一回目は、お馴染みの全員で帽子を奪い合う騎馬戦です。でも、この騎馬戦は時間がほんのちょっとしかないので、終わりの時間まで逃げ切れば勝ち残れるので、激しい帽子の奪い合いはあまり見かけません。大将は陣地の奥に引きこもり、ただじっとしているんです。
(*^-^)ノ





二回目は、まるで相撲のように、グランドの中央に書かれた円の中に二組の騎馬が入り、先生のかけ声とともに帽子を奪い合うという、誠に不思議な騎馬戦が行われます。


先生二人が騎馬の真横で落馬に備え待機しながら、円から出ることも許されない騎馬戦は、やはり大きな子供が圧倒的な強さを見せつけます。


昔のような囮を使った作戦や、不意打ち、ハサミ打ち、四方から取り囲んだりする作戦も何も無い騎馬戦です。
(≧∀≦)





正々堂々、1対1の勝負では、勝てないものは勝てないんです。


見ている親にとっては、自分の子供が中央で戦ってくれるのでビデオにはもってこいなんですが、騎馬戦本来の
作戦
がないと、どこか違った競技のように感じてしまいます。
( ̄~ ̄)





騎馬戦の運命より、もっと過酷な運命を辿ってしまったのが、馬乗りと馬跳びですよね。
( ̄□ ̄;)!!





小学校によっては禁止になっているところがあるなんて、聞いたこともあります。


禁止ではないにせよ、遊びでもやったことがないので、当然子供たちはできません。


どうやって馬になるのか、どうやってそれを飛ぶのか、頭の中にまったく映像がないので、上手くイメージできないんでしょうね。
(>_<。)





リーグでは野球の練習ばかりでなく、冬の体力作りの中で、その馬跳びをしています。
(o^-')b




もしかしたら、学校では禁止されているのかもしれませんが、野球のグランドに来ていれば思いっきりできるんです。
(。・_・。)ノ





枯れた芝の上に長い馬を連ねて並べ、その上をピョンピョンと軽快に跳ねていく子供たちの姿を見ているだけで、とっても幸せな気分になってくるんです。
(*^.^*)





転ぶかもしれない





ケガをするかもしれない





でも、子供たちはピョンピョン、なんの躊躇いもなく、軽々と乗り越えていってしまいます。
(~▽~@)♪♪♪





寒空の下、小さな馬たちを見ているだけで、疲れた大人の方が勇気づけらてしまうんです。
(^_^;)





  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック