すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
ピッチャーは2日間の連投なんでしょうか、2010年ミズノ杯リトルリーグ秋季関東選手権大会が開催されます
2010年11月03日 (水) | 編集 |
2010年ミズノ杯リトルリーグ秋季関東選手権大会が週末の11/6, 11/7の土曜日、日曜日の2日間で開催されます。
(^^)



神奈川県からは県大会で優勝した瀬谷リーグ(瀬谷リーグは横浜にあります)、準優勝の二宮大磯リーグの2リーグが出場します。




神奈川代表として、また横浜代表としても、胸をはって関東の強豪リーグとのレベルの高い試合に望んでください。




一つでも多く試合ができますよう、ここ横浜で祈っております。



それにしても、うらやましいかぎりです・・・




大会の組み合わせは東関東連盟のホームページにあります。 こちら をごらんくださいね。




でも素朴な疑問が・・・




関東大会の日程は2日間の予定です。




土曜日、日曜日の2日続けての日程です。




2日間で多いリーグは4試合をこなすことになるんです。




ピッチャーはどうするんでしょうか。




投球数制限で数日の休息日が必要になるんでしょうか。




だとすれば、最低でも4人のピッチャーが必要になる計算です。





それとも、土曜日、日曜日の2日間連投ができるんでしょうか。




連投できるとすれば、ピッチャーへの負担も大きいと思うのですが・・・




土曜、日曜の連投なんて練習試合でも行なったことがありませんので、出場されるリーグはどんな準備をされているんでしょうか。





関東大会への出場経験がない・・・





だから知らないんですけど。。。悲し
(^^;)

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
ひとつひとつの記事をさかのぼって拝見させていただきました。非常に興味深く、拝見させていただきました。
昨日は同じグラウンドにいたと思われます。
切磋琢磨して神奈川を盛り上げていきましょう!
2010/11/04(Thu) 18:06 | URL  | 年中夢球 #-[ 編集]
Re: 神奈川を盛り上げていきましょう!
年中夢球様
コメント、ありがとうございます。

> 昨日は同じグラウンドにいたと思われます。

そうですか・・・
昨日は神奈川準優勝リーグとの試合で、朝早くから遠征でした。


その力の凄さに、あらためて「練習しなくちゃ」って思い知らされ、横浜にとぼとぼ帰ってきました。


真冬の北風に思いっきりさらされて、この冬の練習で技術的にも体力的にも、そしてなにより精神的に、ひとまわりもふたまわりも大きく成長してもらいたいと、リトルリーグ最後の冬を、親として見守ってあげようと思っています。


春の再戦を楽しみに、そして、わたしたちは冬に入ります。


週末の大会、がんばってくださいね。
(^^)/

2010/11/04(Thu) 20:56 | URL  | 横中リトルまぁ~ま #-[ 編集]
ちょっと遅れたコメントですみません。
当チームは秋季関東大会は1回戦で負けてしまいました・・

2日間で行われる大会は1試合開ければ翌日投げれるんです。
リトルの85球以上投げた投手は3日間の休息・・・・
というルールは無視ですけどね^_^;

おそらく1チーム4名程度の投手はいるはずですが・・・

エース級の投手を4人そろえる事は、難しいですから大半のチームが2本柱に頼る事が多いようです。




うちのリーグは逗子さんと仲良くさせていただいています。(^.^)

機会がありましたら横浜中央さんとも仲良くしていただけると幸いです。

2010/11/17(Wed) 20:02 | URL  | park #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック