すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

外野手の判断力、気が付けばボールの落下地点にほぼ一直線に走っているように見えてくるんですよね
2010年10月13日 (水) | 編集 |
昔から野球の指導の中では、外野手はボールの落下地点まで一直線で走るんだと言われてきました。今でもきっとそうなんでしょうね。
(〃▽〃)





一直線で走るためには、スタートする時にはボールの落下地点がわかっていなければなりません。
(^-^)/~~





外野手がスタートするのはボールがバットに当たった直後(感覚的には3メートル以内くらいだそうです)ですから、その時には自分とボールの落下地点を一直線に結ぶ線を引けと言っているんですよね。
( ̄□ ̄;)!!





でも、どこに、こんな判断力に優れた選手がいるんでしょうか。
(;¬_¬)ジー





本当は、ボールとバットが当たった瞬間(直後)ではなく、ボールがバットから放たれて暫くしないと正確にはわからないと思うんです。
(≧∀≦)





プロ野球選手の中には、ボールがバットに当たった音を聞いただけで落下地点がわかる達人だっているんでしょうが、もちろん小学生はプロ野球選手ではありません。
(>_<。)





小学生にできることは、バットに当たった瞬間、まず、一歩目のスタートをして走り始めることです。





練習すれば右か左かの判断はすぐにできるようになると思います。





そして、走りながらボールの正確な落下地点を予測するんです。といっても、ボールに向かって走っていくだけなんですが・・・





打った瞬間に直線を引くのではなく、走りながら徐々に的を絞っていくんですね。
(^^)





結果として、走った軌跡は蛇行しているかもしれません。
(^^;)





でも、その蛇行線を徐々に円弧にするように走っていくことが、外野手の判断力を鍛えるんです。
φ(--)





走る軌跡については、円弧を描くように走った方がいいと言う方もいらっしゃるんですよ。
φ(^^)





外野手の判断とは、はじめの落下地点の予測はより遠めに設定して、走りながら少しづつ前に行くようにすることなんです。





走った軌跡は円弧になる。





練習で一番肝心なことは、できるたけ速く、落下地点らしき方向に走り始めることなんです。





そして気が付けば、ボールの落下地点にほぼ一直線に走っているように見えてくるんですよね。
(^^)/





  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。