すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

カーブの実体を知ってカーブを打つ、0.16秒の時間差に対応する技術をバッターは磨かなければならないんです
2010年08月30日 (月) | 編集 |
学童の軟式野球では禁止されていますが、リトルリーグのピッチャーは変化球を投げることができるんです。大きく縦に曲がるカーブを投げるピッチャーだって珍しい存在ではありません。
(〃▽〃)





ですから、小学生の野球とはいえ、リトルリーグのバッターは、カーブを打つ練習だってしているんですよ。
( ̄□ ̄;)!!





小学6年生のピッチャーの球速は、速い選手だと90km/hを越えてきます。カーブでも70km/hを越えてきますから、そんなボールを打つためには、バッターもそれなりの練習をしなければなりません。
ヽ(*`Д´)ノ






リトルリーグの野球では、投球版から本塁までの距離は14.02mと決まっています。この距離を平均時速90km/hのボールが移動する時間は0.561秒です。平均時速70km/hのボールの場合では0.721秒になります。その差は、0.160秒です。
(〃▽〃)





つまり、バッターがストレートとカーブを自由自在に打ち分けるためには、この 0.160秒 の時間差に対応する技術を磨いていく事なんですよね。
φ(^▽^)





ほんの一瞬の間





止まったかのような時間






その技術を磨くために、今、普段の生活の中に、カーブを打つための練習方法がないかどうか探しているようなんですが、まだ見つかっていないようです。
(>_<。)






そんなに簡単に見つかれば、誰も苦労しませんよね。





カーブが打てる、ストレートが打てる。小学生の野球だって、高いレベルを目指して、がんばってくださいね。
\(^o^)/



Ю∞Ю∞

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。