すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
背番号1は誰が決める、それぞれの願いを背負い、それぞれの想いを担う、チームの夢が込められた背番号を
2010年06月25日 (金) | 編集 |
高校野球ではエースピッチャーの背番号は1・・・、ピッチャーを任された子供にとって背番号1はどうしても欲しい背番号なのかもしれません。
(〃▽〃)




アナウンスをしたことがあるママならご存知かと思いますが、野球の守備位置は番号であらわすことができるんです。ピッチャーは1番、キャッチャーは2番、ファースト3番、セカンド4番、サード5番、ショート6番、レフト7番、センター8番、そしてライトが9番と番号が決まっているんです。
Φ(≧▽≦)




選手交代の時に主審の方が、『3番が1番、1番が9番、9番が3番へ』と、守備位置の変更を番号だけで伝えることもありますよね。慣れないうちは、
何を言っているの?
って感じで、番号と守備位置が一致しなくて苦労されている方も多いんじゃないでしょうか。
(^^;)




この守備位置の番号を多くの高校野球のチームでは背番号としています。大会に望むその時に、チームがエースピッチャーとして託したその選手に、背番号1が手渡されるんですよね。


エースは君なんだ!



実はリトルリーグでも高校野球のように守備位置の番号を背番号としているリーグも多いんですよ。
φ(^^)




背番号1はチームが認めたエースピッチャーの番号、ピッチャーをまかされている子供たちは、背番号1を背負って試合に望めることを夢見ているんです。
(^^)




その背番号はいったい誰が決めるのか・・・




監督さん、コーチさん




保護者のみなさん




リーグの会長、役員さん




それとも選手たち、子供たち自身の手で・・・




監督さん、コーチさんのいろいろな考えがあって、チームによって様々な事情があるんでしょうが、子供たち自身がその背番号を決めることができるなら、野球をはじめたばかりの小学生の子供たちにとって、野球を大好きになっていくこれからの子供たちにとって、大きな成長のきっかけになるのかもしれないと思っています。
Σ( ̄□ ̄)!




背番号1は僕だよ




背番号1は君だよ




みんなの話合いで決めたとしても、じゃんけんで決めたとしても、もめにもめて決めたとしても、声の大きな子供がしきったとしても、キャプテンの独断と偏見で決めたとしても、子供たち自身の手で決めた背番号を背中につけることができれば、子供たち自身の野球を楽しむことができるんじゃないでしょうか。
o(^o^)o




たかが背番号、されど背番号・・・




それぞれの願いを背負う、それぞれの想いを担う、背番号1に込められたチームの夢を背負ってはじめて、エースピッチャーと呼ばれるんですよね。
(^^)/



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック