すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
少年野球のピッチャーだって試合後にアイシングをしています、氷と水を準備していただけることに感謝して
2010年06月07日 (月) | 編集 |
リトルリーグの野球では、試合で21球以上ボールを投げたピッチャーは、休息日を設けなければならないとルールで決められています。
(〃▽〃)




監督さんも
小学生のピッチャーにとって肩や肘の故障は致命的なんだ。
といつもお話しされているんです。〈この話はまた別の機会に・・・〉
(>_<。)




保護者としても、試合で40球程度以上のボールを投げた子供については、氷水を使ったアイシングを必ず行うように心がけています。
ヽ(*`Д´)




大人がピッチャーを守る




子供も自分の身体を守る。




皆さん協力してください。氷と水を分担して家から持ってくるようにしてください。子供に持たせて下さい。父母会からのお願いです。
Σ( ̄□ ̄)!




断れませんよね。




面倒くさいとか、煩わしいとか、負担が大きいとか、そんな問題じゃないですよね。
Σ( ̄□ ̄)!




だから、できるだけですが、氷と水を持たせるようにしています。





冷凍庫が空っぽで、コンビニで買って行くこともあります。





すみません、お金だけの時もあります。





でも本当にやらなければならないことは、保護者としてやらなければならないことは、氷を持っていけばいいんじゃなく、水を持っていけばいいんじゃなくって、アイシングを準備してくださっているお母さん方にピッチャーの子供たちが感謝する気持ちを忘れさせないことですよね。
φ(^-^)




保護者なら当然の義務じゃないんですよね。




ピッチャーなら当然の権利じゃないんですよね。





アイシングは小学生には贅沢すぎる環境なのかもしれません。準備してくださっていることに子供たちが感謝できなければ、アイシングなんて必要ないのかもしれません。感謝すること、それを子供に伝えること、しつけなんですよね。野球の監督さん、コーチさんだけの仕事じゃないんですよね。





アイシングを受けた後に、ありがとうってちゃんと言えるそんなピッチャーになってほしいですよね。




大人がしっかり伝えないと・・・
そう思います。
(^^)/




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
アイシング
アイシング…私たちの時代にはなかったこと。それ以前に『水』さえ飲んではいけなかった…手押し車で保土ヶ谷公園二週(当然一週が限度でしたけど…)昔ながらの練習方法ってなんだったのか\(^ー^)/しかし、培われたものは多々…凄すぎました( ̄○ ̄;)
2010/06/08(Tue) 11:13 | URL  | スパイダー #-[ 編集]
Re: アイシング
スパイダー様
コメント、ありがとうございます。

昔ながらの練習方法って今でも現役なんです。
ダンナもよく言っています。

手押し車
馬とび
肩車だって三角定規だって・・・

体のバランス感覚を養うためには、
機械にたよらないで、
二人一組の昔ながらの練習が
もっとも効果的なんですよね。

そんなことを今でも信じている
監督さんとコーチさんですよ。
(^-^)/

2010/06/08(Tue) 12:59 | URL  | 管 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック