すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

めんこで遊んだ子供たち、野球のボールを投げることも子供が工夫しなくちゃ上手にならないですよね
2010年05月15日 (土) | 編集 |
めんこに夢中になって遊んでいた昔の子供たち。強いめんこにするために、投げ方を工夫してみたり、折り曲げたり、重くしてみたり、ずるして足を壁にしたり、子供自身の能力が試される遊びだったと思います。めんこが強い子供は、まさにヒーローだったんじゃないでしょうか。
(〃▽〃)




沖縄では
パッチー
っていうんですか・・・




今の時代はトレーディングカードで、カードの能力を競う遊び方に変わってしまったんですよね。能力が高いカードを持っていることがすごい事で、自分で工夫する必要なんてありません。朝早くからパパが行列に並んだり、インターネットでクリックしてもらえば、希少なカードだって手に入ります。頭脳ゲームなんですよね。
(x_x;)




リトルリーグや少年野球のチームでは、めんこ遊びなんて練習でやっているんでしょうか。めんこを地面に投げるフォームは、ボールを投げる動作と本当によく似ていますよね。めんこだって、上手な子供はやっぱり投げ方はきれいですよね。
ヾ(^▽^)ノ




子供たちは、めんこの投げ方なんて塾で教わることもなく、上手い子供の投げる様子を、目で見て、真似て、上手になりたい、取られためんこを取り返したい、あの子にいつか勝ちたい、そんな思いだけで、めんこができるようになったんですよね。
φ(^^)




めんこが上手にできる子供は、きっと野球も上手だったんですよね。
Σ( ̄□ ̄)




アメリカでは、日本のめんこのような、子供が何かを投げるような遊びはあるんでしょうか。今もその遊びをしているんでしょうか。アメリカでは、遊びの中で、ボールを投げる訓練をどうやってやっているんでしょうね。
ご存知ですか?
(^^;)


Wikipediaを覗いてみませんか

めんこ

なんだか懐かしい、昭和のニオイです・・・




野球好きな子供なら、めんこ遊びだって、面白く感じるんでしょうか。

めんこ復活、なんてありませんか・・・

どちらも子供にとって、楽しい遊びなんですよね。
(^^)/




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
アメリカでの遊び
いつも楽しく読ませていただいております。
さて、私は家族と共にNY郊外に住んでおり、長男(9歳)共々リトルリーグにのめりこんでおり私もコーチをしております。
さて、アメリカでは日本と全く異なり、どこの町でも町主催でシーズン毎にスポーツプログラムが組まれています。私どもの住むNYは冬が厳しく四季があることから春はリトルリーグ・テニス・ラクロス、夏はスイミング・サッカー、秋はフットボール・チアリーディング、冬はバスケットボールとそれぞれ一人50ドル前後(ユニフォーム代込)で約2ヶ月間に亘りチームに分かれてボランティアのコーチから指導を受けます。これに加え、野球とサッカーについては選抜されたメンバーにて年間を通してトラベルリーグと呼ばれるタウン代表チームで他のタウンとリーグ戦をしたりトーナメントに出たりしています。
アメリカは法律により13歳未満の子供が子供だけで外出することが禁じられており、常に親がいないといけない、親がいないとどこにも行けない、友達と遊ぶ場合には親同士が連絡を取り、プレイデートと呼ばれる約束を交わして互いの家を訪問することが必要、あるいはバースデーパーティの場合にスポーツジムを貸しきったりレストランの個室を貸し切ったりすることもあるが、その場合も必ず親が見ている必要があります。従って例えば放課後などは学校のバックヤードで皆で野球をしたり、ジムで遊んだりすることもありますが、親の管理の下で基本的には学校にあるものを借りて遊ぶ以外に方法がないため、必然的に野球のボールやバスケットボールで遊ぶ習慣となります。
子供だけで好き放題に遊ぶ環境ではないため、親がしっかり管理できます。但し子供は日本と比べ明らかに親離れせず幼稚ということも出来ます。まあ一方でどこへ行くにも親と一緒のためその分家族仲は非常に良く、日本と比べても家族の結びつきは非常に強くなります。
また別の見方をすると、13歳になると急に親がいなくとも出歩けるようになり、また更に16歳で免許を取ると車も乗れるようになるので急に世界が広がり、危険な外の世界に飛び込むことになるわけですが。どっちが良いとも言えませんね。
2010/05/18(Tue) 05:07 | URL  | Richie #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。