すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

リトルリーグ肘、野球のルールを変えてでも、守るべきはピッチャーの健康と将来なんですよね
2010年05月13日 (木) | 編集 |
リトルリーグのマイナーリーグでは、投球数制限のルールがあるために、チームの中に4人も5人もピッチャーを用意しておかなければなりません。成長期の子供の肩や肘に負担をかけないためには、仕方がないことかもしれませんね。
(〃▽〃)




ピッチャーを保護するために、リトルリーグのルールでは、こんなことが決まっているんですよ。
(^o^)/



◆リトルのルール

試合では、ピッチャーが一日に投げることができるボールの数(マイナークラスは1日75球)を制限しています。
φ(^o^)



投球数(41球)によっては、ピッチャーからキャッチャーへの守備変更はできません。
φ(^o^)



一度ピッチャーを交代した選手は、その試合で再登板できません。
φ(^o^)



離塁制限(リードができません)があるので、ピッチャーはセットポジションをとる必要がありません。
φ(^o^)



ランナーがリードしないので(離塁制限)、牽制球もありません。
φ(^o^)



三振の振り逃げがありません。キャッチャーが捕れなくてもバッターはアウトです。
φ(^o^)



ボーク(反則投球)はありますが、ランナーは進塁しません。
φ(^o^)



試合前に、先発ピッチャーの爪を審判さんが確認します。長ければ救急箱のお世話になるだけですけど。
φ(^o^)



ピッチャーがリクエストすれば、審判さんはボール交換を行うことになっています。
φ(^o^)




これらのルール、大会規定などはピッチャーの保護だけが理由ではないでしょうが、必然的にピッチャーの肩や肘を酷使しないようなルールになっているんですよね。
Σ( ̄□ ̄)!




それにリーグのマイナークラスでは、こんなことに注意しているんです。




◆チームでの対応

試合の後に、ピッチャーはアイシングを実施しています。4人も5人もピッチャーが当番した日は、ママたちは氷の準備で、てんやわんやなんです。アイシングをすることで、子供たち、そしてママやパパ達に

身体をいたわる

ということを教えてくれるんです。
o(^o^)o



試合前の投球練習は、20球以内と決まっているようです。他のリーグのことは聞いていませんので、この数が多いのか少ないのかは、わかりません。試合でも75球なんです。試合前の練習で50球も投げていたら、投球数制限の倍近くになってしまいますよね。
o(^o^)o



練習前に、監督さん、コーチさんは肩や肘が痛いかどうか子供に必ず確認しています。痛いことを我慢している方が怒られちゃうみたいです。特にキャッチボールがはじまると、痛そうにしている子供がいないかをチェックしているようです。
o(^o^)o



他にもたくさんあるんでしょうね。




リトルリーグ野球だから、硬式ボールを使っているから、ピッチャーの肩や肘に無理な負担がかかるなんて、思ったこともありません。投球数制限のルールも、振り逃げ三振がないことも、ランナーがリードできないことも、小学生のピッチャーにとって何が大切なのかを教えてくれているように思います。
(^^;)




マイナークラス(小学5年生、4年生)のピッチャーの子供たちですが、肩や肘を故障するようなことはほとんどありません。親もコーチさんも子供自身も、みんなが身体のことを考えて行動しているからなんじゃないでしょうか。
(^^;)




リトルリーグ肘・・・




どうして、病気にそんな名前を付けるんでしょうね。リトルリーグで野球をしていると病気になってしまうような名前を、なぜわざわざ付けるんでしょうか。そんなことは絶対にないのに。リトルリーグでは、そのことを十分に理解しているつもりなんですけどね。
Σ( ̄□ ̄)!





小学生だから、

正しい投げ方

を身につけて、肩や肘を故障しないで、楽しく野球を経験させていげたいですね。それも大人の責任ですね。
(^^)/



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
野球肩の予防
ミズノボールパークの「野球肩の予防」なんか、参考になりませんかねぇ
2010/05/13(Thu) 12:55 | URL  | 通りすがり #-[ 編集]
リトルリーグ
現在仕事の関係でアメリカ/ニューヨークに住んでおります。ニューヨークといっても住まいはマンハッタンではなく郊外のため、周辺に公園や野球のフィールドも多く、野球をする人にとっては日本では考えられないような恵まれた環境にあります。ここでは春から秋にかけて町をあげてリトルリーグを開催しており、各学年毎に10チーム前後が構成され、リーグ戦を行っています。チーム分けは極めて公平かつ厳正なドラフト方式で行われ、トライアウトで各選手の力を見極めながら力の偏りのないようにチーム分けされています。長男も1st gradeより本リトルリーグに参加しており、私も今年はアシスタントコーチをしております。長男は現在3rd gradeですがこのタウンのリトルリーグ(飛び級して4th gradeでプレーしてます)でプレーする傍ら、トラベルリーグと呼ばれる(タウン対抗リーグ)リーグにもノミネートしており、またタウンのリトルリーグのall starにもノミネートし、結果的に3つのチームを掛け持ちにしております。トラベルリーグはリトルリーグとは異なり、投手の距離も長く、また牽制やリード、振り逃げ・ボークもある一般的なbaseball leagueと同じルールです。
確かにリトルリーグは相当投手の肩を気にしてますね。こちらではマイナーリーグでは75球/週という規定です。先日長男が試合でカーブを投げましたが、肩を壊す可能性があるから止める様にと本気で注意されました。トラベルリーグではカーブなど当たり前なのですが、リトルリーグはこちらでは『誰でも入れる、敷居の低いみんなのスポーツ』ということもありregulationを厳しくしているんでしょうね。
私も子供の野球に魅せられている熱狂的なファンの一人です。子供と一緒にプレーしながらもっともっと楽しみたいと思っています。
今後とも宜しくお願いします。
2010/05/14(Fri) 04:51 | URL  | Richie #-[ 編集]
Re: リトルリーグ
ニューヨークからのコメント、感激です。
ありがとうございます。
> 現在仕事の関係でアメリカ/ニューヨークに住んでおります。
> ニューヨークといっても住まいはマンハッタンではなく郊外のため、
> 周辺に公園や野球のフィールドも多く、野球をする人にとっては
> 日本では考えられないような恵まれた環境にあります。

アメリカで子供に野球をやらせてあげたい、
ニューヨークの子供たちと試合がしてみたい。
リトルリーグにかかわていると、そんなことをいつも夢見てきました。
本場、
ニューヨークの方からコメントをいただけるなんて、
本当に感激です。
ありがとうございます。
(^^)

もし、このコメントを見てくださったら、
もし、もう一度このブログを見ていただけたなら、

他にもアメリカのこと、
ニューヨークの野球事情、
リトルリーグの子供たちのこと、
もっと素晴らしさを教えてください。

せまい日本で
せまい視野になってしまっている
日本の子供たち、
そしてわたしたち親に
もっともっと違いを教えてください。

アメリカにあこがれて
リトルリーグに魅せられて
野球とベースボールの素晴らしさを
もっともっと広まって欲しい


勝手なお願いですが、
これからも、どうぞよろしくお願いします。


野球からベースベールへ
ベースボールから野球へ
楽しい野球を目指して
(^^)/

2010/05/14(Fri) 07:32 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。