すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

振り逃げ、野球のちょっと難しいルールなんですが、リトルリーグではワケあってできないことになっています
2010年03月12日 (金) | 編集 |
リトルリーグの野球ではいわゆる、振り逃げ三振はありません。だからなのかもしれません。親もコーチさんも、子供の野球にとって何が大切なのかを、考える機会に恵まれているような気がします。そんなルールから自然と学んでいるように思ったりしています。
(〃▽〃)




野球のルールでは、第三ストライクのボールを、インフライトの状態で、キャッチャーがミット(または手?)で正しく捕球しなければ、三振でもアウトにはなりません。記録はあくまでも三振なんですよ。
Σ( ̄□ ̄)!




三振でも即アウト●になるのか、そうでないか○をチェックしてみると、こんなにも複雑なんですよ・・・
(>_<。)




○バッターが空振りしても、キャッチャーが捕球する前にボールが地面に着いていたら、三振アウトではありません。
Φ('∇')




○バッターが見送ったボールを、キャッチャーがポロッと地面に落としちゃったら、三振アウトにはなりません。
Φ(^_^;)




●三振アウトは、第三ストライクのボールをキャッチャーがノーバウンドで捕球しなければならないんです。
ヽ(*`Д´)ノ




●ただし、ダブルプレーを防止するためにノーアウト、またはワンアウトでランナーが一塁にいる場合は、キャッチャーが捕球できなくても三振アウトになります。
m(_ _)m




○バットに当たっていないストライクのボールが、キャッチャーの身体に直接当たって跳ね返ったボールを捕球しても、三振アウトになりません。
(@_*)




●バットに当たっていないストライクのボールが、最初にミットに当たって、その後で身体に跳ね返って、地面に落ちる前に、そのボールをミットで捕球すれば三振アウトです。
(*_@)




●バッターが空振りしたボールが、バッターの身体に当たればボールデッドの状態になって、バッターは三振アウトです。
(*_*)



・・・いろいろあって、わけがわなんなくなっちゃいますよね。
(^^;)




そして、第三ストライクと宣告されても三振アウトではない場合、バッターはランナーになることができます。一塁に向かって走っていくことができるんです。
Φ('-^*)




一塁に逃げることができる。三振でアウトだと思ったらアウトじゃない。野球のルールはとっても複雑にできているんです。やられたと思ったら、生きかえるチャンスが生まれるんです。バッターにとっては、ラッキーなルールですよね。打ってもいないのに、内野ゴロを打ったことと同じ扱いなんです。
( ̄□ ̄;)!!




このルールは、振り逃げと言われていますが、バットを振ったかどうかは関係ありません。第三ストライクは、ノーバウンドでキャッチャーが捕球しなければならないんです。
Φ(x_x;)




実はこの振り逃げ、子供の野球では、一塁に逃げることに成功する可能性が高いんです。バットを振ってもいないのに、ピッチャーは三振を取ったはずなのに、結果的にはヒットになっちゃうんですよ。
(>_<。)




でも、




リトルリーグでは、第三ストライクをキャッチャーが正しく捕球できなくてもバッターは三振アウトになります。
Φ(^-^)




だから、振り逃げはできません。




いつからそうなったのかはわかりませんが、きっと、子供の野球にとって何が大切なのか、大人が考えた結果だと思うんです。
(^○^)




ピッチャーを頑張っている子供の将来を考えたら、小学生の野球には振り逃げは必要ない、昔の方々はそう考えていたんでしょうね。
(。・_・。)ノ




だから、振り逃げはできません。




勝手な想像ですが、リトルリーグでは、子供の野球にとって大切なことを
ピッチャーの育成
と考えたから、振り逃げができないルールになっていると思うんです。キャッチャーの捕球する技術よりもピッチャーの心を考えて、勝負の厳しさよりも応援する親の心を考えて、野球本来の投げて、打って、走っての野球を楽しむために、子供のために、リトルリーグではそんなルールになっていると思うんです。
(^-^)v




ピッチャーは、バッターに
ストライクを投げる勇気
を持てと言われています。
(^^)




リトルリーグの関係者の方はこんなことをおっしゃいます。

その勇気を三回もできたんだから、ちゃんとピッチャーの子供に拍手を送ってあげましょうよ。




そうです、振り逃げは、誰にも拍手を贈ることができないルールですよね。
(^^;)




それでも、ルールはルール、振り逃げがない野球なんて野球じゃないんでしょうか。
(^^;)




もうすぐ、子供たちの春の大会が始まります。




その試合でピッチャーが、勇気を持ってストライクを3回投げることができたら、勇気をもって三振を取ることができれば、心から大きな拍手を贈ってあげたいと思います。心から・・・
(^^)/




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。