すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
紙ヒコーキを投げてみる、青い空に向かって真っ白な糸を引くように、明日に夢見て紙ひこうきを投げてみる
2010年02月26日 (金) | 編集 |
小学生の子供たちは、紙ひこうきを飛ばして遊ぶことの楽しさを知っているんでしょうか。
(〃▽〃)



最近、新聞に入ってくる広告は、やれクーポンだ、やれ割引だと、いい紙の広告ほどハサミでチョキチョキされちゃう運命なんじゃないですか。

裏に字が書けるものも少なくなりました。それより、新聞を購読されていないご家庭のほうが増えているのかもしれませんね。
(ノ-"-)ノ



ちょっと形がいい、すこし材質がいい広告が新聞に入っていたら、
これ、もらっていい?
って、子供たちは聞いたりしましたよね。

役目を終えた広告は、子供たちの手で遊び道具として生まれ変わるんです。
o(^o^)o



雨の日は、クレヨンを引き出しから出してきて、広告の裏にお絵描きです。毎日のことだったでしょうか。
Φ(^▽^)



お天気がいい日には、もらった広告で紙ひこうきなんか作ったりして、公園で飛ばしていたかもしれません。
(>_<。)



紙ヒコーキは、たった一枚の紙で、空に夢を見ることができる、不思議な遊びだったような気がします。折り方も、投げ方も、子供は自由に工夫することができましたよね。
(^^)ノ



投げ方には、微妙な力加減が要求されます。緩過ぎず、強過ぎず、空気にふわっと乗せてあげるようにしなければ、上手く飛んでくれません。


強過ぎれば地面に叩きつけ、緩過ぎればヒラヒラ落ちてしまいます。
(≧∀≦)



誰かが上手くできるようになると、
こうするんだよ
って、投げ方のお手本を見せてくれます。理屈なんてわからない子供には、やって見せてくれるお手本だけが頼りだったんですよね。
( ̄◇ ̄;)





紙ヒコーキを投げてみよう





青い空に向かって、真っ白な糸を引くように、紙ヒコーキを投げてみる。身体のどこにも力を入れることなく、ゴムのように柔らかく腕を使って、手のひらをしっかり顔に向けて、ふわっと紙ヒコーキを投げてみる。
(^^)/



なんだか野球のピッチャーだって、同じような気がするんです。
ヾ(^▽^)ノ



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック