すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
ピッチャーの効能、二兎追わないものは野手から一絆を得る、それはみんなで勝ったと実感できるからなんです
2010年02月20日 (土) | 編集 |
リトルリーグや少年野球のピッチャーは、速いボールを投げることが大事なんでしょうか。それともコントロールが大事なんでしょうか。
(>_<)



二つとも備えているピッチャーが理想なんでしょうけど、
二兎追うものは一兎をも得ず、
ピッチャーになった子供たちは、どちらの道を選ぶんでしょうね。
(〃▽〃)



いろいろな試合を見てきましたが、個人的には小学生の野球なら、コントロールの方が大事なんじゃないかと思うんです。
Φ(^o^)



理由は簡単なとなんです。
o(^o^)o



ピッチャーがストライクを投げることがでれば、相手チームのバッターはどんどんバットを振ってきますよね。バットにボールが当たれば、野手の前にボールが飛んでいきます。
(^з^)



すると野手は、休む間もなく動き続けることになります。野手だって練習をしているんです。試合でボールを追いかけるために、プレーるために練習しているんですよね。
('∇')



ところが、バットに掠りもしないほどの速いボールを投げるピッチャーだったら、守っている野手は
退屈で
何もすることが無くなっちゃいます。
(・.・;)



さらに、四球か三の極端なピッチャーだとしたら、野手にとっては退屈を通り過ぎて、苦痛以外の何ものでもないでしょうね。
(x_x;)



ヒトリガリなピッチャーは、野手からは敬遠されるんじゃないでしょうか。ボールは飛んで来ないは、すごい、すごいって言われるのがピッチャーだけでは、悲しすぎますよね。
(>_<。)



三振を取れなくたって、ストライクを投げるピッチャーは、野手から信頼されます。それは、ピッチャーだけの力じゃなく、みんなで勝ったと実感できるからなんです。
ヽ(≧▽≦)/



さて、誰がピッチャーになったときに、この効能を、みんなで勝ったと実感できる効能を、一番発揮できるんでしょうか。楽し、楽しみ。
(*~▽~)ノ



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック