すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

小学生のピッチャーがやらねばならぬことは、涙を見せずに直向きにストライクを投げるということです
2010年02月19日 (金) | 編集 |
少年野球やリトルリーグでは、ピッチャーができる子供、ピッチャーに向いている子供って、どんなイメージなんでしょうね。
(〃▽〃)



むっちゃ速いボールを投げる

めっちゃコントロールがいい

どぇれぇ遠くにボールを投げる



たった3つの項目ですが、ピッタリ当てはまる子供なんて、そうそういませんよね。
(^_^;)?



小学生で、まだ身体ができていない子供たちが、野球をはじめて間もない子供たちが、あれもこれも欲張っても、できるはずがありません。
(゜ロ゜)



しかし、小学生でも、野球の経験がそんなになくても、ピッチャーになったら、やらねばならぬことがひとつあります。


ストライクを投げる。



野球では、どんなに強そうな相手でも、どんなに得点を許してしまっても、ホームランをどれだけ打たれても、味方が何度エラーをしても、自分が何度四球を出しても、ピッチャーになった子供は、途中で投げ出さないで、涙を見せないで、最後までストライクを投げ続けなければなりません。
( ̄□ ̄;)!!



きっと打たれちゃう、またエラーするんじゃないか、もうストライクが入らないかもしれない、勝てっこないんだ、どうせダメなんだ。
(´д`)



こんな気持ちになってしまう子供は、ピッチャーに向いていないといわれます。何度失敗しても、上手くいかなくたって、投げる前から悪い結果ばかり考えていたら、全然楽しくないでしょうね。
(≧∀≦)



どんな状況になっても、ただ直向きにストライクを投げようと考えることができる。バッターに打たれることを恐れず、打たれても勇気を失うことなく、ストライクにならなくたって諦めることなく、最後まで仲間を信じる事ができる。小学生のピッチャーとして最初の大きなハードルです。
(*'-')



こんな話を聞いても、
ピッチャーをやってみたい。
って思うことができれば、その子供は、ピッチャーに向いているのかもしれませんよ。
(^o^)=b



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。