すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

ボールの見逃し方、ストライクじゃなければ誤魔化さないで審判さんを信じてみましょうね
2010年02月15日 (月) | 編集 |
リトルリーグでも、他の少年野球でも、子供たちはコーチさんや監督さんから様々なバッティング方法を指導されているんでしょうね。でも、打つばかりがバッティングではありませんん。ボールの見逃し方だって、バッティングの一つなんですよ。
(”〇”)



ボールの見逃し方はとても重要だと聞いています。それは、野球ではストライクゾーンを審判さんが目で見て判断するからです。
φ(^^)



野球のストライクゾーンは、ホームベースの上の空間を示しています。他の競技のようにその空間に白線を引くことはできません。ネットを置くこともできません。しかも、その空間の上下の幅はバッターによって異なるものです。バッターそれぞれで違う大きさのストライクゾーンという空間をボールが通過したかどうかを審判さんは目で見て判断しなければなりません。
(^^;)



さらに、ストライクゾーンの判断をとっても難しくしている大きな問題が、バッターが構えた時の姿勢でストライクゾーンが決まらないということです。バッターがボールを打つときの姿勢でストライクゾーンの上下が決まることになっているんです。バッターはボールを打つために足を上げたり、手を動かしたり、腰を上下させたりしながら、バットをスイングします。バッターも動き、当然ボールも動いています。
(・・;)


もしもこのバッターがボールを打つとしたら、こんな姿勢で打つんだろう。




ホームベース上空を通過するボールと、動いているバッターの姿勢を、審判さんの目はシャッターをきるように瞬間的に記憶します。、ありえないような人間の能力を求められているんですよね。ボールを見逃したバッターは打つ姿勢なんてとっていません。見逃しているんですから。打つときのバッターの姿勢を想像しながら、高速で迫ってくるボールを、白線も何もない空間を通過したかどうかを、審判さんは一瞬で判断しなければならないんです。
($$;)



だから、バッターは審判さんにちょっとだけ協力してあげるようにするらしいんです。

ボールを見逃す時に、できるだけしっかり止まってあげる。

たったこれだけのことらしいです。簡単なことかもしれませんが、これがなかなかできないんですよね。
Σ(^△^)



バッターがボールを見逃す時は、自分がストライクだと思わなかった場合が多いと思います。ボールだと判断したから、打たないと考えたから見逃すんですよね。打てると思ったら、バットをスイングしていますよね。

今のはストライクじゃないですよね。

審判さんにそう、話しかけるように、自分の姿勢をしっかり見てもらうことが大切なんですって。
φ(--)



審判さんに一番嫌われるバッターは、高めのボールが来た時にしゃがんでしまったり、低めのボールが来たときに背伸びしてみたりする誤魔化そうするバッターだと言われています。そんな態度では、審判さんの目が曇ってしまうんです。

誤魔化されないぞ。

審判さんがそう思ってしまうと、判断を間違えてしまいます。

今のはボールじゃないぞ!

ボールがストライクに変わってしまうんです。
(^^)



ストライクと言われることもあります。バッターだってストライクを見極めることは難しいことです。それでも、バッターは審判さんにストライク、ボールの判定を正しく判定してもらうように考えるべきなんでしょうね。ピッチャーだって同じです。ストライクはストライク、ボールはボールって、誰だって判定してほしいですよね。
(^^;)




しっかり止まってボールを見逃すことができる。




自信を持って見逃すことができる。



子供たちはそんなことをリトルリーグで指導されているんですね。
(^^)/



  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。