すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
チームを決めた理由は挨拶でした、小学三年生から野球をはじめるプログラムの一番目は挨拶ですよね
2010年02月03日 (水) | 編集 |
小学校三年生、二年生のこの時期に、野球をはじめたいという子供のために、チームを探しているパパの話をよく聞きます。どんなチームがあるんだろうと、インターネットで検索したり、ご近所の知り合いの方に相談されたり、情報の収集もきっと大変なんでしょうね。
もっと他にいいところがあるんじゃないか
誰だってそうだと思います。
(=_=;)

小学三年生の時期から、将来の野球のために基本をしっかり身につけて欲しい。野球をもっと好きになって欲しい。はじめての野球だからこそ、きちんとした指導を子供に受けさせたい。これって、ごく自然な親の願いですよね。だからこそ、チームを見る親の目も当然厳しくなってしまうんですよね。
ヾ(^▽^)ノ

リトルリーグでは、小学校三年生から四年生までの学年の子供たちは、マイナーリーグという初心者向けのクラスで、プロ野球と同じ硬式ボールを使っての野球を始めることになっています。まだボールに慣れていない子供たちだからこそ、このクラスでの指導プログラムは、どのリーグの監督さん、コーチさんもきっと一番大切に考えていらっしゃると思っているんですよ。
(〃▽〃)

そのリトルリーグで、一番最初に指導されることは挨拶です。きっとどこのチームもそうだと思います。挨拶に始まり、挨拶に終わる。どんな時代になっても決して変わることはありません。朝の挨拶、帰りの挨拶。審判さんへの挨拶。相手チームへの挨拶。ボールを拾ってくれたママに挨拶。それが自分のママでも関係ありません。ボールを拾ってくれたママに挨拶ができなければ、監督さんからすぐに注意されています。
(*´д`*)

子供が野球をはじめたくて、どのチームに入ればいいのか迷っている時、今のリトルリーグのチームに1ヶ月体験入団しました。野球の技術的な指導内容や、強いとか、弱いとか、優勝したことがあるとか、そのことよりも子供たちの挨拶に驚かされました。朝、グランドにいるすべてのママ一人一人に挨拶していたんです。きちんと帽子をとって、ひとりひとりに
おはようございます。
の挨拶をすることから、グランドの朝がはじまります。野球をよくわからなくても、子供たちに挨拶を指導している、挨拶をしっかり指導しようとしていることは、よくわかったんですよ。
(^^;)

チームを決めた理由はやはり挨拶でした。
挨拶をしっかり指導しようとしているチームだったら大丈夫なんじゃないか。
野球の技術的なことや指導方法などはよくわかりませんでしたが、挨拶をおろそかにしないチームのみなさんの姿勢に迷いもなくなりました。挨拶ができる、大人も子供も挨拶ができるチームに入ることができて、本当によかったと思っています。
(^^)

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック