すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

当機立断、土壇場でジタバタしないためには、二人で約束した決め球さえあればいいんです
2009年12月17日 (木) | 編集 |
リトルリーグという小学生の硬式野球でも、キャッチャーというのは大変重要なポジションですよね。強いチームになればなるほど、勝敗を左右する大きな鍵を握っているって言われるようになるんです。
(〃▽〃)

その鍵を握るキャッチャーとして大きく成長するために、どうしても忘れて欲しくない、いつまでも大切にして欲しいことがあります。
決め球で勝敗する
えっ、簡単すぎますか。この簡単なことを小学生のキャッチャーのうちから実践していくと、今より野球がもっと楽しくなると思いますよ。
ヾ(^▽^)ノ

どんなピッチャーでも得意なボールがあるはずです。小学生ですから勝手な独りよがりな自信かもしれません。でも、ピッチャーが自信をもって投げる事ができる、あるいは投げてみたいボールを聞き出すところからキャッチャーの仕事がはじまります。もしも自分の得意なボールがわからないピッチャーだったら、そっと教えてあげるんです。
君の縦のカーブがすごいんだよ
キャッチャーとピッチャーが二人で決めた勝負の時のボール、決め球があれば野球は俄然楽しくなるんです。
Σ( ̄□ ̄)!

1点差のリードで迎えた最終回、ツーストライク、ワンボールとバッターを追い込んだ場面が巡ってきます。キャッチャーからのサインは試合の前から決めていたボール、アウトコースへの縦のカーブ。今日の決め球です。一点の曇りもなく、キャッチャーからピッチャーに即座に伝達されます。
これで決めよう
ピッチャーはバッターにはわからないくらいの笑みをもらします。
そうこなくっちゃ~
そしてピッチャーは最後の一球を迷わず投げ込みます。もちろん結果なんか考えていませんよね。
(*⌒▽⌒*)

ピッチャーが投げたいボール、自信があるボールを
ここぞという場面
で迷うことなくサインとして伝達する。その瞬間バッテリー、ピッチャーとキャッチャーの心がつながり、不安が消えるはずです。
(^-^)v

勝負時にバタバタしない
w=(゚o゚)=w

土壇場でジタバタしない
((○(>_<)○))

二人で約束した決め球があれば、ピッチャーは自信をもって投げることができるはずですよね。その力を引き出すため、協力できることに喜びを感じることができるパートナーこそ、キャッチャーの魅力なんでしょうね。
(^o^)/


  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。