すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
仮説を立て、それを検証する、必要とされるキャッチャーになるための第一歩は誰でもできることだったんですね
2009年12月18日 (金) | 編集 |
野球の試合中に、キャッチャーはどんなことを考えればいいんでしょうか。プロ野球選手から聞いた話でもなんでもなく、ただの素人のダンナから聞いた話なんですが、・・・
小学生のリトルリーグ選手でも、高校生のソフトボール選手でも、キャッチャーなら誰にでもできる簡単なことがあるって話です。
Φ(^o^)

バッターは元気なのか感じとる
どこか元気がない、不安をかかえた選手がいれば、周りの子供はなんとなく感じるものです。理屈ではなく、その表情や歩き方、立ち居振舞いから、子供の鋭い嗅覚が敏感に反応するんですよね。相手が子供だからかもしれません。悲しくなったら大声で泣き喚き、楽しくなれば心の底から大笑いする子供同志だから、素直に感じることができるのかもしれません。
(〃▽〃)

ピッチャーの力を十分に引き出すためには、キャッチャーはバッターの気持ちを感じることからスタートするといいます。バッターは元気いっぱいなのか、それともどこかに不安があるのか、目をまん丸に観察して、頭をフル回転させて、何かを感じることに集中します。試合の中で何度もそのことにチャレンジします。

イニング、アウトカウントやバッターの打順を覚えていることはもちろんなんですが、せっかくキャッチャーをまかされているなら、キャッチャーにしかできない仕事を発見してもいいかもしれません。野球でキャッチャーの力が必要とされるなるのは、バッターを一番近くで観察することができるからなんですね。
φ(~~)

キャッチャーはこんなふうに試合に取り組みます。
試合の中でキャッチャーはバッターを観察した結果から仮説を立ててみるんです。元気があるのか、それとも元気がないのか。キャッチャーの直感でいいんです。もし、バッターから不安のシグナルをキャッチしたら、迷わず真ん中のストライクから攻めていこうと考える。そのポールを打ってこなかったら、やっぱり元気がないんだと確信できる。考えた結果があっているかどうかを確認するんですね。

試合の中で一つでも、一球でも、そう考えてピッチャーにサインを送るようにチャレンジしてみる。感じることは誰にでもできますよね。失敗したらホームランかもしれませんけど、なんとなく試合に参加するより、ドキドキする場面だと思いませんか。
(-_☆)

そのうち、自分でもなぜそう感じたのかが説明できるようになります。前よりもバットを短く持ったから。バッターボックスの位置が変わったから。ステップした足が開いたから。タイミングを全然とっていないから。ベンチのほうばかり見ているから。呼吸が速く感じたから・・・

大人だって感じたことを説明することは難しいことですよね。何かに気づいて、何かを感じる。それが何だったのかはよくわからないってこと、よくありませんか。大切なことは、感じようと考えること。感じることができたら、そのことを確認してみなくちゃ気がすまなくなること。
(^-^)

仮説を立てて、それを検証する。
キャッチャーの面白さは、きっとそんなところにあるんでしょうね。
ヾ(^▽^)ノ

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック