すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

思いやりは友をつくる、当たり前なんですけどピッチャーはストライクを投げようと思って投げているんですよね
2009年09月08日 (火) | 編集 |
リトルリーグでは、ピッチャーの投球数に制限があり、マイナーリーグでは、1試合75球と決まっています。また、一度ピッチャーから交代した選手は、試合の中で再びピッチャーになることもできません。他にもピッチャーの投球数制限のルールが細かく決まっているために、リトルリーグでトーナメントを勝ち上がるためには、4人から5人のピッチャーが必要なんだそうです。
( ̄□ ̄;)!!

日曜日、マイナーリーグは練習試合で横浜の緑リーグさんにお邪魔してきました。お天気も良く、またお父さん方には何度も貴重な水をまいていただき、気持ちよく試合をする事ができました。緑リーグさん、本当にありがとうございました。
ヾ(^▽^)ノ

さて、遅くなったお昼をテントの中で食べながら、たぶん次の試合の先発ピッチャーを監督さん、コーチさんがお話ししていたんだと思うんです。

次の試合でピッチャーやりたい子はいる?


はい、はい、はい~


何人かの子供たちが一斉に手をあげました。すると、監督さんが、

じゃあ、君!


と、一度もピッチャーの経験がない子供を指名したんです。もちろん練習しているところなんて見たことがありません。

・・・冗談ですよね。

ところが、その選手とコーチさんがブルペンに向かって歩いていくではありませんか。

・・・マジですか。

結局その試合、はじめてピッチャーをする選手が2人、4イニングを投げ5失点という結果になりました。はじめは顔面蒼白だったその選手も、投げているうちに自分を取り戻していたように思います。なかなかストライクが入らなくて苦労していましたが、はじめてにしては、よくがんばっていたんですよ。
Σ( ̄□ ̄)!

試合後のミーティングで、監督さんが選手たちにこんなことをおっしゃっていました。
緊張した?
で、どう思った、ストライクが入らない時。

仲間のみんなから『ピッチャー、ストライク!』や、『ストライクを入れてけよ!』って言われたよね。で、どう思った?

どんなピッチャーだって、ストライクを投げようと思って投げているんだよね。ストライクを投げようとしているのに、ストライクを投げろよって言われたら困っちゃうだろ。どうしたってストライクが入らないんだから。そんな時、仲間からは『ガンバレ!』って励ましてくれた方が全然いいよね。ストライクの投げ方は、コーチに教わればいいだけだよ。

(〃▽〃)

監督さんの説明では、ピッチャーをやったことがない選手は、試合でピッチャーがどれだけ緊張するか、焦ってしまうのか、理解できないってことのようです。だから、早いうちにできるだけ経験させておこうと、そういうことなんですね。ピッチャーの経験がないから、「ストライクを投げろよ~」なんて言葉になってしまのかもしれません。自分がピッチャーでそんなことを言われたら・・・そんなことを選手に経験してほしいんでしょうね。

宿題はやったの?
今やろうと思っていたのにぃ・・・

そんな感じでしょうか。ストライクを投げることって本当に難しいことなんでしょうね。2ストライク3ボール、満塁の場面で冷静にストライクを投げることができるピッチャーは、よほど経験を積んでいないとできないことだと思います。つい最近のプロ野球でも、押し出しの連続四球を出していたピッチャーがいましたよね。ベンチからもスタンドからも「ストライクをなげればいいだろう・・・」と声が飛んだんだと思います。それでも、プロ野球選手であってもストライクを投げることはできなかった。ストライクを投げようと思っていても、どうしても身体が動いてくれない。プロ野球選手なのに・・・。だから、難しい・・・

ピッチャーはストライクを投げようと思って投げている

当たり前のことのようですが、ついついそのことは忘れててしまいがちです。ストライクを投げたいと思っているのに、できなかっただけなんです。できないことは恥ずかしいことでもなんでもありません。難しいことなんですものね。恥ずかしいことは、そんなピッチャーの気持ちを理解しないで、思いやりに欠けた声をかけることなんです。

応援するママやパパも、ピッチャーの気持ち、少しでも理解していきたいですね~

(^^)/


  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
反省・・・
まずは,私自身が反省です。
けっこうピッチャーに
「ストライクいれよ~」
って言ってました。
そうですよね。誰だってストライク入れたいに決まってるのに,そんなこと言われたら・・・
反省です。
次の試合から声かけをかえてみます!
2009/09/08(Tue) 20:49 | URL  | はやピーママ@高木 #-[ 編集]
Re: 反省・・・
はやピーママ@高木様
いつもコメントありがとうございます。
また、ブログの紹介まで・・・
恥ずかしいかぎりです。
本当にありがとうございます。
また、ブログは自信に言い聞かせるつもりで書いています。

何かと忙しく、更新が追いついていない状態が、
もう少しがんばってみようかと思います。
2009/09/09(Wed) 01:29 | URL  | 横中リトルまぁ~ま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。