すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
和して同ぜず、小学生のキャプテンだって高校生と同じ心構えでがんばってくださいね
2009年08月18日 (火) | 編集 |
リトルリーグも高校野球も、夏の大会が終わると新チームの出発です。神奈川連盟の夏の大会が終わると、リトルリーグ、マイナーリーグは学年が入れ替わって、新チームの出発です。そして新チームの出発とともに、新しいチームのキャプテンの出発の日でもありますよね。
(^^)・

和して同ぜず


そんなキャプテンに、ぜひ心にとめていただきたい言葉、小学生だって理解してほしい言葉です。

野球はそれぞれの選手が、それぞれの力を発揮しなければ絶対に勝つことができません。どんなにすぐれた選手でも、打順は3回しか回ってきません。どんな初心者の選手でも、試合に参加していれば打順が3回回ってきます。優れた選手も、初心者の選手も、回ってくる打席の回数は同じなんです。一人がいくらがんばっても野球は勝つことができないスポーツなんですよね。
(^^)

その選手たちが、それぞれ

同じて和せず

の精神では、もちろん勝つことなんて不可能です。野球はチームワークのスポーツといわれています。チームワークの「わ」の意味は、「同」ではなく、「和」です。同調することも大切ですが、主体性をもって時には意見が対立することも受け入れなければなりません。自分の考えをしっかりもって、そして協力する気持ちがなければ、チームワークなんてできるはずがありません。野球の試合では、選手全員の能力を掛け合わせて、相手に立ち向かっていきます。選手それぞれが
和して同ぜず
の精神でなければ、試合の中で起こるさまざなな困難を乗り越えることはできません。だれかの言いなりでしかなかったり、肝心なときにみんなに協力することができなければ、同じて和せずのチームになってしまうんですよね。
(^^;)

監督さんからのサインはバントだ。あれ?でも、今ツーアウトだぞ。もしかしたら、自分がサインを間違えているのかも。タイムをとって確認しなきゃ・・・

ただ同調するだけでは、野球の試合は勝つことができません。監督さんのサインにただうなずいているだけでは、「同」でしかありません。「和」のためには、おかしいかもしれないと考えて行動することが必要です。監督さんのサインの意味を考えて、自分で判断できることが求められています。
(^^)

キャプテンになる選手には、ぜひ
和して同ぜず
という言葉を心に刻んでおいてほしいなぁと思っています。同調することも大切ですが、自分の考えをしっかりもって、いつでも自分の考えをもっている選手、子供であってほしいと願っています。
(^^)/


  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック