すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

その1日を楽しく過ごしたい、ファールボールを取りに行くのも面白いと感じる選手に育ってほしいなぁ~
2009年07月30日 (木) | 編集 |
リトルリーグの試合では、打たれたファールボールをベンチにいる選手が取りに行く事になっています。軟式でもソフトボールでも、少年野球はみな同じですよね。ところが最近、ファールボールを取りにいけない選手が目立ってきました。何故なんでしょうね。困ったことです。
( ̄◇ ̄;)

まず、ファールボールを取りに行くためには、バッターがボールを打つ瞬間を必ず見ていなければなりません。空振りでも、ストライクじゃなくても、一球一球、ピッチャーがボールを投げるタイミングで、バッターボックスに視線を注がなければなりません。ほんの一瞬でも注意を怠れば、ファールボールの行方を見失うことになってしまいます。でも、ほんの一瞬だけ、注意すればいいんですよね。ずっーと見ている必要はないんですけどね。
(〃▽〃)

ボールから目を離すな~
野球を指導されている方なら、どなたであっても必ず仰るコトバですよね。ほんの一瞬でもボールから目を離すと、刻々と変化するグランドでのプレーについていけなくなります。
(;¬_¬)

ボールから目を離したばっかりに、先の塁に進むことができるチャンスを自らの手で逃してしまいます。ほんの一瞬の気のゆるみでスライディングをしなかったばかりに、アウトになることだってあります。ボールが今どこにあるのか、相手の選手はどんな動きをしているのか、アウトカウントはいくつなのか、打順はどうなっているのか、試合中に注力しなければならないことは盛り沢山です。でも、なかなかどうして子供たちの集中力は、いつも途切れがちになってしまうんです。
ヽ(゜ロ゜;)ノ

テレビゲームならいつまても遊んでいるのに、駆けっこや鬼ごっこならすぐに夢中になれるのに、肝心の野球の試合で、集中力を発揮することを、どうしてできないんでしょうか。
(`_´)!

いつだったか、試合中にコーチさんがバッターボックスに向かう選手をつかまえて、こんなことを言っていたらしぃです。
まず、バッターボックスに入ったらピッチャーの顔をじっーと観察してごらん。例えば目は小さいのか、鼻は大きいのか、耳はどんな形をしているのか、見ているうちに面白いことが発見できるかもしれないだろっ。もしかしたら、誰かに似ているかもしれないよ。
すると、すぐに選手たちがピクピクと反応して、何だかクスクスしながら、バッターボックスに向かっていったそうなんです。これも集中力を倍増する方法なんでしょうね。
ヽ(´ー`)ノ

ファールボールをただ取ってくるだけでは、子供たちは試合に集中してくれません。何か面白いことでもなければ、自分から進んで動き始めることはめったにないのかもしれません。たぶん、何かきっかけが必要なんでしょうね。
きっかけさえあれば・・・
そう、ファールボールを取りに行くのが楽しいと思えるような、
何かがあれば、
いいだけなのかもしれません。
(*´д`*)

実は選手の中には、ファールボールを取りに行くことを楽しんでいるかのように感じる子供もいるんですよね。下の学年の時、上の学年が人数も多く、しかも優勝を目指しているようなチーム状況でした。誰かがお休みだったり、ケガで急に試合に出れなくなったりでもないかぎり、普段試合に出ることはできませんでした。試合に出れなくたって、
その日1日を楽しく過ごしたい。
ベンチワークだって面白くしたい
子供の本能なんでしょうね。何をするんでも、自分たちで自然と面白くしようとすることは。
(=⌒ー⌒=)

子供自身が試合中に遊んでいたこと
相手のチームの選手たちと、どっちが早くボールに追いついて、どっちが多く審判さんにボールを渡すことができるか
それだけのことです。同じ試合に出ていない選手同士です。【あいつ】には負けたくない。チームのレギュラー争いに今日は負けてしまったけど、同じように敗れてしまった【あいつ】には負けたくない。そんな子供の気持ちが、ファールボールへの猛ダッシュを生んでいました。いつしか、試合そっちのけで、ファールボールに夢中になってしまうこともありました。試合そっちのけはどうかと思いますが、子供たちがベンチワークを面白くするヒントにはなりませんか。
φ( ̄◇ ̄;)

あれ~?相手のチームの選手の方がファールボールをたくさん拾っていないかなぁ~

こんな言葉一つで、ファールボールに夢中になれる選手なら、野球という団体スポーツを存分に楽しむことができるんでしょうね。

負けたくない!

面白くしたい!

ファールボールを取りに行くことができる選手に、どの子供だってなれるんです。このことを疎かにすると、野球を楽しむ事ができなくなります。試合に集中できなければ、いいプレーはできません。
世の中に必要のない仕事
なんてありませんよね。ベンチワークだって同じです。ベンチにいる時から試合に集中できて、その時にできる仕事を分担して行う。それがチームワークの出発点じゃないでしょうか。
o-_-)=○☆

監督さんやコーチさんから
ファールボールいったぞ~
って声がかかった時、子供たちのことをよ~く見てみてくださいね。
('-^*)ok

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。