すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

左手でお箸を使うようにする、利き手ではない手でバットをコントロールするためには努力しなくっちゃ
2009年07月13日 (月) | 編集 |
来週はリーグの合宿です。合宿の準備で、役員さん、パパ、ママはテンテコマイの一週間になります。でも、子供たちのために、みんさん淡々とがんばってくださっています。合宿で少しでも充実した練習ができて、少しでもリトルリーグのいい思い出ができればうれしいことですよね。
(^^)

せっかくなんで、うちの子の合宿への目標を本人抜きで考えてみました。合宿へ向けて、少しでも目標を立てて、いい思い出を作ってきて欲しいなぁと思います。

左手の訓練


右投げ、左打ちの選手は、基本右利きです。

右利きの選手が、右打ちする場合は、バットをコントロールするのは、右手になります。

右利きの選手が、左打ちする場合は、バットをコントロールするのは、左手になります。

バットコントロールする手が利き手でないことが、利き手の選手に比べて大きなマイナスポイントになってしまうそうです。いいこともあれば、悪いこともあるんですね。

 a) ボールを上手にとらえることができない(空振りが多い)。
 b) インコースが苦手(バットを上手くコントロールできないから)
 c) 遠くに飛ばない(力の配分ができない)

このことを克服するために、利き手ではない手、つまり左手を右手のように普段から使っていることが、とっても大切なことなんですって。
φ(^^)

左手の訓練は、右手でできることを左手で行なうこと。

だったら、簡単ですよね。

たとえば、お箸。

最初はご飯一口を、左手で食べてみる。

次の食事では、ご飯一口とおかずを一口、左手で食べてみる。

そんなふうに徐々に使う時間を増やしていくんですって。

最初から全部左手で食べることはできないでしょうけど、子供ならすぐにできるようになるかもしれません。

大切なことは、何かの目標を決めて、努力してみるということですよね。

合宿までの期間、家庭の中からはじめてみようと思います。

合宿では、他の子供と競争してもいいし、食事の時間もそんなことで楽しくできればいいですよね。

お箸はとってもいい訓練になりそうです。
(^^)/


  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。