すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
フレーフレー瀬谷リーグ!ついにリトルリーグの聖地への切符をつかむ日が訪れるのかもしれないんですね
2009年07月07日 (火) | 編集 |
リトルリーグはアメリカに本部がある世界的な組織で構成されています。もちろん、野球の中心はアメリカに間違いありません。
ヽ(*`Д´)ノ

子供のころ、リトルリーグの選手だった方からお話を伺うと、時々米軍基地のチームと試合をする事があったそうです。
(〃▽〃)

選手はもちろん、アメリカの子供たちです。アメリカの教育を受けて、本場アメリカのリトルリーグの指導を受けている子供たちです。もしかしたら、元メジャーリーガーの方に指導されているのかもしれませんよね。そう思っただけで、なんだかとってもワクワクする気持ちになりませんか。
(*⌒▽⌒*)

きっとその試合、チューイングガムをクチャクチャしながら、大人顔負けの物凄い大きな選手が、バッターボックスに悠々と入ってきたんでしょうね。何やらぶつぶつ言いながら、ニヤッて白い歯を見せたりして。
お願いしま~す
な~んて、絶対に言わないんでしょうね。
(´・ω・`)

そんな子供たちと野球ができる大会が、年に一回開催されます。子供たちが夏休み真っ只中の8月中旬、2週間にも及ぶ大会なんです。舞台の中心は、アメリカのペンシルバニア州ウィリアムズ・ポートにあるラマダ球場です。リトルリーグの世界一を決めるその名も
ワールドシリーズ
って、すごい名前になっているんですよね。
(〃⌒ー⌒〃)

そしてそのワールドシリーズへの日本代表のたった一枚の切符をかけた大会も、いよいよ大詰めを迎えています。
ザバスカップ第43回全日本リトルリーグ野球選手権大会
 残りは4チームに絞られました。あと3試合、準決勝2試合と決勝を残すだけです。各リーグの選手たちは、眠れない日々が続いているんでしょかね。

◆千葉市リーグ(東関東連盟) vs 大宮リーグ(北関東連盟)

◆瀬谷リーグ(神奈川連盟) vs 泉佐野リーグ(関西連盟)


この4チームから、リトルリーグの聖地へ1チームが行くんですね。神奈川連盟の瀬谷リーグにはなんとしても、がんばっていただきたいと思っています。ご近所ですものね。遠いアメリカの地へ行っても、いままでどおり、練習試合なんかしていただけるんでしょうか・・・

フレーフレー瀬谷リーグ!!
(^^)/

文化の違うそれぞれの国の代表の子供たちが、リトルリーグの頂点を目指して戦いを繰り広げる、そんな大会なんでしょうね。きっとWBCとまったく同じ雰囲気なんだと思います。そして、様々な国の選手の野球のスタイルの中から、いろいろ勇気や品性を感じることができるんだと思います。野球というスポーツとベースボールというスポーツの違いも、もしかしたら新しい発見があるのかもしれません。勝つために試合に挑んでいけば、試合の中で選手が感じることはたくさんあるはずです。
(^^)

ホントうらましいなぁ~
(;¬_¬)ジー


  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック