すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
経験からくる直感がものをいう、キャッチする瞬間を見ないでタッチアップする選手がいるんですね
2009年07月04日 (土) | 編集 |
タッチアップ
の本当のやり方ってご存知ですか。人から聞いた話で申し訳ありませんが、子供たちを見守る大人だって、知っていたほうがいいですよね。
φ( ̄□ ̄)

リトルリーグでは、小学校低学年から野球の基本的なことから段階的に野球に親しんでいくようにプログラムされています。とくに、3塁ランナーのタッチアップは、子供たちが理解できるまで早い段階から指導されています。監督さんやコーチさんは、低学年のころから、
外野にフライがあがったら、タッチアップ!
と、子供たちができるようになるまで、何度も何度も、試合中に声をかけることになります。リトルリーグのメジャーにあがるころには、子供たちも理解できるようになっているみたいですよ。
(*⌒▽⌒*)

このタッチアップ、実はちゃんとやり方があるんです。いろいろなやり方があるみたいですが、皆さんはどのタイプがお好みですか。
■スタートの構え
どのやり方もスタートの構えは同じみたいですね。

○3塁ベースのライン側、ホームベースよりの角を左足で踏みます。
○その角を、陸上競技のスターティングブロックのように使います。
○スタートの瞬間はリラックスして、両手はダランといった感じてす。
○頭は若干低目です。
○一歩目は右足を少しだけ前に踏み出し、その反動で左足を前に出します。
φ(^^)

■自分で確認する方法
フライがあがったら、急いでベースまで戻ってきます。その後、『スタートの構え』をして、頭をフライが上がった野手に向けて、静かに待ちます。この時、ボールを目で探そうとしないで、捕球しようとしている野手の『動作』を観察します。余裕がありそうか、捕球できそうか、タッチアップできそうか・・・
そして、その動きをなんとなく全体で見ていると、視界にボールが飛び込んできます。ボールを目で追いかけないで、あくまで野手を中心に観察します。そして、グローブにボールが当たるのを確認したら、ホームベースに向かって一気にスタートします。
φ(^^)

■コーチャーと連携する方法
フライがあがったら、急いでベースまで戻ってきます。その後、『スタートの構え』をして、頭をホーム側に向けて、前方をぼんやり見ます。リラックス・・・静かにコーチャーの声を待ちます。
ゴー!
その声を号砲に一気にホームに向かってスタートします。この時、ボールの捕球は自分では確認しません。コーチャーの声だけが頼りです。普段からたくさん練習していないと絶対に成功しません。
φ(^^)

■直感でスタートする方法
フライがあがったら、急いでベースまで戻ってきます。その後、『スタートの構え』をして、頭をフライが上がった野手に向けて、静かに待ちます。この時、捕球しようとしている野手の『動作』をよ~く観察します。そして、その動きをなんとなく全体で見ていると、視界にボールが飛び込んできます。ボールと野手の位置関係、そして野手がグローブでボールを捕球するまでの動きをイメージします。あと、どれくらいの時間で野手のグローブにボールが吸い込まれていくのか、イメージを膨らませることに専念します。そして、
捕球の直前
、頭をホームへ倒しながら、一気にスタートします。迷いは禁物です。文章にすると長い時間に感じますが、ベースに戻ってからほんの1秒程度の時間くらいしかないそうです。ポイントは、捕球の瞬間を見ないこと。もちろん、この練習を普段から行っていなければ、急にやろうと思っても、できるようなものではありません。経験からくる直感でスタートしちゃうんですね。
φ(^^)

直感でスタートするには、大きなボイントがあります。

・大きな飛球で試す必要ありません。
・右足からスタート、左足はギリギリまで、ベースに触れておきます。
・イメージ通りに体を動かす勇気

小学生では、『自分で確認する方法』が無難らしいです。それに、野手が捕球する直前に、頭、目、肩、手、足などを動かし始めるため、審判さんに無用な誤解を与えてしまうかもしれません。

実際には左足がベースから離れていないのに、身体が動いていると「スタートが早い」と審判さんに判断され、「アウト」になってしまうかもしれません。審判さんには左足をしっかり見ていただきたいと願うだけです。実際に試合でアウトになってしまった選手がいたんです。試合のビデオを何度見ても、左足はしっかりベースに触れているのに、スタートが早いとアウトになってしまったんです。その選手は、「直感でスタートする方法」を、すでに取り組みはじめているんでしょうね。
(^^)/


  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック