すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
選手とコーチに信頼関係が生まれる、ボールを見ていたのかを確認できる方法は誰でも工夫できそうです
2009年06月24日 (水) | 編集 |
テニスコーチの方々にとって
インナーゲーム
という本は、どんな存在なんでしょうか。W・T・ガルウェイさんの書かれている本は、やっぱりテニス界ではバイブルなんでしょうね。
(〃▽〃)

テニスはポールをラケットで打ち返すスポーツです。野球はピッチャーが投げたポールをバットで打ち返すんですが、どちらも、動いてくるポールを見て、
道具を使って打ち返す
ことに違いはありませんよね。当たり前のようですが、このことに気付いている方、いったいどれ位いらっしゃるんでしょうか。野球やリトルリーグだけが特別なスポーツではありませんよね。走ったり、打ったり、投げたり、反応したり、身体を動かすのがスポーツです。陸上競技、サッカー、ゴルフ、バスケット、そしてテニスなど運動の基本はきっと同じなんですよね。
(;¬_¬)

テニスはメンタルスポーツといわれています。海外を舞台に活躍している選手も大勢です。それに、基本的には個人競技の部類ですよね。苦しい時もたったひとりで戦わなければなりません。リトルリーグの子供たちのように、互いに励ましあって競技することはできません。テニスコーチの方は、試合のコートの中で、選手自身でできる苦しい時にどうやって乗り超えるのかを、具体的に指導しなければならなくなります。
( ̄ー ̄)

集中しろ!
といっても、何に集中すればいいんでしょうか。どれくらい集中できていないんでしょうか。子供だって、大人だって、何かに集中できていないから、結果が悪くなるんでしょうね。その時に、
具体的に何をすればいいのか
を、知っている選手と知らない選手では、結果に大きな差がでるんでしょうね。普段の練習では同じような技術レベルの選手であっても、試合の結果については全然違うことだってよくあると思います。
練習ではいいんだけど、試合になると緊張しちゃって

よく聞く話じゃありませんか・・・
練習のための練習ではなく、試合の中で自分自身で集中力をあげることができる、具体的な訓練方法がとっても重要なことなんですよね。
( ̄□ ̄;)!!

ボールがコートにバウンドする瞬間に『バウンス』と大声で言い、ラケットに(両方のラケットだ)に当たる瞬間に『ヒット』と大声で言う。

  出典:新インナーゲーム (W・T・ガルウェイ著)

ガルウェイさんが言っている、ボールに集中するための具体的な行動を、選手に指示する内容です。もちろん、本の中では他にもたくさん紹介されています。単純明快なこの方法は、他のスポーツにも十分に応用できると思いませんか。年齢や技術に合わせて独自の訓練方法がたくさん生み出せそうじゃありませんか。リーグのジュニアのコーチさんも、似たような練習を取り入れていたような気もします。
(^^)

この練習の利点は、もう一つあります。コーチさんにとって、ボールに集中できているかどうかを、選手の声とボールの位置を確認していれば、それで済んじゃうってことなんです。この方法を知らなければ、選手がボールを見ているかどうかの判断は、起きてしまった結果からしか判断できないと思うんです。空振りしたり、ゴロをエラーしちゃったり、結果の後に
ボールを見ているのか~
 と確認してみても、本当のところはわかならいですよね。でも、この方法なら選手もコーチもボールを見ているのかをはっきりと確認できちゃいます。選手とコーチの会話だって変わってきます。
(^コ^)

これまで
コーチ: ボールを見ているのか~
選手: 見ているんだけどなぁ


これから
コーチ: 声のタイミングが遅れたぞ
選手: あっ、ほんと遅れちゃった


選手とコーチが同じ結果を共有できる。ボールを見ているのかを確認できる方法があるんものなんですね。そして、信頼関係が生まれる。
(´・ω・`)

集中力をあげるために、テニスコーチがする指示は、こんな簡単なことなんですね。すごい!
(@^∇^@)

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
もう少し教えてください。
いつも楽しく拝見させてもらっています。今回の件、とても気になったので、もう少し教えてください。
「選手の声とボールの位置を確認していれば」とありますが、シチュエーションと声の内容の例を教えていただけますか?ちょっと質問も変ですが、よろしくお願いします。
2009/06/24(Wed) 16:28 | URL  | まるまる #-[ 編集]
Re: もう少し教えてください。
まるまる様
コメントありがとうございます。

「選手の声とボールの位置を確認していれば」についてです。
わかりにくい内容ですね・・・

テニスの場合で説明します。

状況
選手2人が、ラケットでお互いにボールを打ち合っています。
コーチは全体が見れるようにコートの横から打ち合っている様子を見ています。

行動
このボールを打ち合っている状況で、どちらか一人の選手が声を発します。
・ボールがコートでバウンドするときに「バウンス」といいます。
・ラケットにボールが当たる瞬間に「ヒット」といいます。
・相手が打っても、自分が打っても「ヒット」といいます。

結果
選手の横から、あるいは後方から、コーチがそれを見ています。
選手の声を発するタイミングが合っているのか、ボールがコートでバウンドする瞬間に選手がタイミングよく「バウンス」といっているのかを確認します。

アメリカの方の本なので、バウンス、ヒットです。
バウンドする瞬間に発する声なので間延びしていては間に合いません。
日本なら「はい」とかでしょうかね。

こんな感じですが、わかりますか。
2009/06/25(Thu) 06:38 | URL  | 横中リトルまぁ~ま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック