すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

夢を叶える、コントロールミスを少なくするためには、いったいどんな練習をすればいいんでしょうか
2009年06月17日 (水) | 編集 |
リトルリーグのピッチャーに求められるものは、スピードよりも、コントロールなんだとコーチさんに言われたことがあります。スピードには限界があるんですけど、コントロールにはもうこれでいいという限界がないんですって。それくらい、
コントロールは難しい
ということなんですね。
(*´д`*)

硬式ボールは、バットで打つ時に、しっかりバットの芯で捉えることができれば、思った以上に飛んでいきます。逆に、バットの芯で捉えることができなければ、バントをしたのかと思うくらい、無残な結果になってしまいます。
バットの芯
で打つことが、ボールを遠くに飛ばす秘訣なんですって。
φ('∇')

だから、バットの芯でボールを打つことができないようにすることが、ピッチャーの大きな仕事なんですよね。
φ(^▽^)

バットの芯でボールを打つことができないようにするために、ピッチャーはバッターが打ちにくいストライクゾーンにボールを投げることです。打ちにくいとは、バットの芯にボールを当てにくいということみたいでしたよね。
φ(´ー`)

バッターがバットの芯に当てにくいコース、例えばアウトコースの低めギリギリ、ストラックアウトの四角形の枠の角に、いつでもボールをコントロールできれば、絶対に
負けないピッチャー
の誕生です。コントロールミスをゼロにすることが、ピッチャーの究極の技術なんだと思います。ちょっとずれてますかねぇ~
φ(☆▽☆ )

いったいどうしたら、
コントロールミスを無くす
ことができるんでしょうか。いいえ、プロ野球選手の中でも、どなたもまだ達成していないと思うんです。コントロールミスを無くすってことは。すべての試合に勝ち続けているピッチャーがいないっていうことが、ボールをコントロールすることの難しさを物語っていますよね。
ヽ(*`Д´)ノ

きっとコントロールミスを無くすことは、永遠にできるはずもない、
夢物語
なんでしょうね。プロ野球選手がコントロールミスを無くすことは、求めてはいないと思います。せめて、
コントロールミスを少なくする
ことに神経を使っているんでしょうね。
(*`Д´)

コントロールミスを少なくするためには、どうすればいいんでしょうか?プロ野球選手は、どんな練習をしているんでしょうね。小学生だって、ボールをコントロールすることができる練習はあるんでしょうか。ピッチャーを目指している子供たちが、日々できるコントロールミスを少なくするための練習なんて、あるんでしょうか。ぜひ、あってほしいと思います。無いはず、ないですよね。

コントロールミスを少なくするためには、こんな練習をやってきました。

コントロールミスを少なくするためには、こんな練習をすればいいんだよ。

どこに答えがあるんでしょうか。まず、何をすればいいんでしょうか。

よく聞くことは、足腰を鍛えるということです。さらに上のレベルを目指しているプロ野球選手、高校生などはそうなんでしょうが、小学生にそのまま当てはまるものだとは思えませんよね。
(^^;)

卓球選手も、やっぱり走りこみなんでしょうか。天才少女などと言われるような選手も、小学生のころから走りこみをしっかりやってきていたんでしょうか。鉄棒だって、水泳だって、小さい頃から、身体をコントロールできている子供はたくさんいると思います。宙返りをするために、足腰を鍛えればいいんでしょうか。ボールを投げるという動作とは、ちょっと違うかもしれませんが、ボールを投げるために、身体をコントロールすることに変わりはありません。目が見えないピアニストの方だって、走り込みをして、足腰を鍛えて、指先の感覚を鍛えたんでしょうか。走り込みをして、足腰を鍛えなければならないんしょうか。

リトルリーグのような小学生のピッチャーが、コントロールミスを少なくするためには、何をしなければならないんでしょうか。究極の課題に、究極の疑問なんです。答えはあるんでしょかね。
(^^)/


  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。