すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

野球は勝てないスポーツなんでしょうか、30年前の映像に何が隠されているんでしょうか
2009年06月03日 (水) | 編集 |
高校時代、まじめに甲子園に行けると考えていた野球少年がいたんです。当時、横浜高校(横高)には愛甲投手、横浜商業高校(Y高)には宮城投手、鶴見工業高校(鶴工)には青木投手という物凄い状況の神奈川県で、
無名の公立高校
の野球部が、強豪ひしめく神奈川県で優勝して、甲子園に行きたいなんて無謀なことを、真剣に考えていた高校野球児がいたんです。ホントのようなウソみたいな話ですよね。
ヽ(゜ロ゜;)ノ

先日、ダンナがお友達から頼まれたビデオ(もちろんVHSのテープですよ)を、DVDにダビングしていたんです。結局その日は、家族でそのビデオを見ることになってしまったんですよ。昭和54年、夏の高校野球神奈川大会の記録ビデオです。そう、
30年前の記録
なんです・・・
(つд`)

昭和54年7月26日、
満員の保土ヶ谷球場
では、夏の全国高等学校野球選手権大会、神奈川県大会の準々決勝が行われていました。前年度(昭和53年)、神奈川県大会で優勝した横浜高校の活躍ぶりを一目見ようと、高校野球ファンが詰めかけたんでしょうね。もちろん、お目当ては、1年生エースとして甲子園のマウンドに立った
スーパースターの愛甲投手
です。2年生になった愛甲投手がどんなピッチングをするのか、2年連続で甲子園に出場できるのか、高校野球ファンはそれを楽しみに保土ヶ谷球場に足を運んだんだと思います。
(^^;)

しかし、横浜高校はこの年、優勝することができませんでした。昭和54年、神奈川大会で優勝したのは宮城投手がいるY高だったんです。決勝で横浜高校の強力打線をわずか2安打に押さえ込み、悲願の優勝を勝ち取りました。実は愛甲投手が1年生の時の決勝戦もY高でした。その時の相手は中島投手。宮城投手ではありませんでしたが、
2年連続での対戦
です。昭和54年の夏の大会での軍配は、Y高の宮城投手にあがったんです。
(^^;)

そして翌、昭和55年、今度は横浜高校が甲子園への切符を奪還します。愛甲投手が3年生の夏のことです。Y高との三度の対戦はありませんでしたが、神奈川県大会を見事に制し、
甲子園で2回目の優勝
を達成することになります。甲子園での決勝戦の相手は、早稲田実業の荒木投手です。
1年生で背番号11
の荒木大輔投手が甲子園に一代旋風を巻き起こします。それまでの試合、決勝での戦いぶりが全国に放映されると、「大輔フィーバー」が社会現象にまで発展するんです。そんな時代を生きていたみたいなんです・・・
(^^;)

そして昭和55年の9月、
松坂大輔投手が生まれる
ことになります。このときの甲子園での荒木投手の活躍を見て、「大輔」という名前を引き継いで・・・運命なんですね。
(^^)

とっても長くなってしまいました。すみません・・・
(^^;)

知らない人はつまんないですよね。ビデオを見ていて、ワタシもそう思いました。話が長いんですもの。昭和55年に全国制覇を成し遂げた横浜高校、その学校に勝てると信じて、3年間野球を続けていた男が隣でうるさいんです。ビデオを見る限り、体格も投げるボールもまったく違うチームでした。昭和54年の準々決勝の相手は無名の公立高校。横浜高校は5対1で勝利を収めます。その前日の5回戦、横浜高校は日本大学高等学校(日大)を相手に、8対0と快勝しています。勝てばベスト8という試合で、本塁打2本、完封勝ちで勝利して準々決勝に勝ち進んできました。そして、翌準決勝の藤沢商業戦では、横浜高校の愛甲投手が藤沢商業打線をノーヒットノーランに押さえ込むんです。愛甲投手にとって、2年連続の快挙でした。
(^^;)

そんなチームを相手に勝てると信じることができるなんて、ある意味ものすごいことだと思ったんです。30年前、プロ野球への道が現実的なものと確認しているエリート集団の横浜高校に、横浜地区の一部学区の中学生が集まった公立高校が
勝てるもの
なんでしょうか。勝てると思うことは間違いなんでしょうか。
野球って勝てないもの
なんでしょうか。勝てないとしたら、公立高校の野球部は何のために野球をやっていたんでしょうか。そんな疑問がフツフツと沸いてきたら、こんな文章になっちゃいました。申し訳ありません。
(^^;)

どんなに能力がある選手が集まっていても、野球の試合では負けることだってあります。どんなにセンスがなくたって、高い志をもっていれば野球の神様は微笑んでくれる・・・

野球ってだから、面白いんでしょうね。
(^^)/


  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。