すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
雨降って地固まる、だから朝一番のグランド整備にはスチールレーキが必要なんですよ
2009年05月21日 (木) | 編集 |
リーグで管理させていただいている深谷通信隊にあるグランドは、元々は赤土だったんでしょうが、
黒土と砂
を何度も入れて今の状態にまでなっています。甲子園球場や、新しく出来た広島球場には遠く及びませんが、硬式野球ができる程度のグランド状態にはなっていると思います。ただ、土を入れればグランドが出来上がるわけではありません。日頃から常に
グランド整備
をして土を手入れしておかなければ、すぐに荒れた土地に変身してしまうんですよ。
( ̄◇ ̄;)

リトルリーグの練習は、土曜日と日曜日が基本です。そのため、平日の5日間の間にグランドの状態は悪くなってしまいます。野球ができない状態ではありませんが、きれいな状態には見えません。特に雨が何日も降った後は、砂や土が流され、フカフカのグランドではなくなってしまいます。
雨降って地固まる
って本当なんですね。せっかく土曜、日曜で整備したグランドは、雨や風などの自然には勝てないみたいです。
(--;)

朝の集合・・・

グランドの設営が終わるとすぐに、上級生を中心とした子供たちやパパたちによって、グランドの整備がはじまります。どこのリーグや少年野球のチームでも、練習前には木製トンボやグランドブラシを使って、グランド整備を行なっていると思います。リーグでは
朝、30分
ほどの時間を割いて、グランド整備を行なっているんですよ。でも、トンボやブラシだけで30分もかかることはありません。スチールレーキを使って、内野のグランド全面の土を、ぜーんぶ一度引っかいていきます。土を掘り起こしているといったほうが的を射ているかもしれません。
(^^)/

ところで、レーキ【rake】という言葉をご存じでしたか?

農具の一。短い鉄の歯を粗い櫛(くし)状に並べたもので、草かきなどに用いる。手把(しゆは)・馬耙(まぐわ)の類。

  大辞林より

レーキは野球のグランド整備には欠かせない道具の一つです。小学校などで用意されているレーキは、いわゆる『グランド整備用』として売られているものなんですが、サイズも大きく、重量も重く、値段も高いのでリーグでは使っていないようです。リーグではホームセンターなどで売っている
金象印のスチールレーキ
を使っています。幅30cmほどの小さめのレーキで、歯が長いものを選んで購入しています。
(^^;)

幅が小さいので、力が土に伝わります。よく掘れます。土を掘るためのレーキで、草を集めるためのレーキではありません。でも、幅が小さいので、内野全面の土を掘り起こすには時間がかかります。暑い時期でも、寒い時期でもグランド整備をしないことはありません。みんなが汗だくになって土を掘りかえします。
(・・)

フカフカのグランドで、子供たちに思いっきり野球を楽しんでほしい



それが親の願いです。
(^^)/


  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


 野球が大好きな少年、少女を募集しています♪

横浜市泉区にある深谷通信所敷地内のグランドで活動する、横浜中央リトルリーグでは、幼稚園から小学生までの野球が大好きな少年、少女をいつでも大募集していま~す
ちょっとだけ見学、半日だけ体験してみた~いなど、大歓迎です (^_^ )v
特に、横浜地区にお住まいの方、お気軽にお電話くださいね ◇◇ e(^_^ )
連絡先は公式サイトを見てくださ~い ( ^_^)
   ↓↓↓
選手募集!横浜中央リトルリーグへ
選手募集!横浜中央リトルリーグ

グランドは週末を楽しんでいるママたちばかりですよ。(^o^)/

テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック