すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球のグラウンドで水抜きする、雨上がりの水溜まりに躊躇うことなく手を入れ、霜が降りる季節になっても
2013年11月02日 (土) | 編集 |
少年野球の保護者の方々ならご経験があると思います。雨が降り続く金曜日の夜、テレビから流れる明日の天気予報を目に留めながら、野球のグラウンド状態を想像して、さて明日はどうしようかと思い悩むこともあるんじゃないでしょうか。
(〃▽〃)




週末しか楽しむことができない子供たちに、半日でもいいから野球をさせてあげたい。
(*'-')



せっかくだから、小さい時によく連れて行った場所に、たまには子供と一緒に行ってみたい。
('-'*)




あれこれ思案してるうちに、まぶしい光が差し込む朝になり、いそいそとお弁当を用意して、迷うことなく、ゴム手袋、長靴、ボロタオルの三点セットをトランクに積み込み、ユニフォームに着替えた子供を連れて、グラウンドに向かって車を走らせているなんてことが、一度くらいはあるんじゃないでしょうか。
('∇')




グラウンドの水抜き。




自然に乾くのを待っていては、今日1日棒に振ってしまう。少しでも早くグラウンドを使えるようにするためには、グラウンドに溜まった雨水を汲み上げてしまえばいいんだ。
(*^-^)ノ




雨ではできない野球というスポーツでは、雨上がりの水抜きを誰でも経験されていると思います。この水抜きが上手にできれば、今日もグラウンドで野球を楽しむことができるんですよね。
( ̄□ ̄;)!!



避けたい作戦




トンボで水を散らす作戦は避けたほうが良さそうです。トンボで土と水をかき混ぜられた表面がドロドロになってしまい、乾きが余計悪くなってしまうんですね。
~('-'*)




雨上がり直ぐの水抜きも控えた方が賢明です。水溜まりがない綺麗なグラウンドが、人の足跡でグチャグチャになってしまうからです。
('-^*)o




小さな子供に手伝ってもらうのもおすすめできません。そこらじゅうに足跡がペタペタと、足で踏んだ跡はやはり、グチャグチャになってしまいます。
(>_<。)




水抜きの作戦




できれば、グラウンドに入っても足跡があまり残らない状態になるまで、自然の力にお願いすることにします。
(*'-')




一部水が溜まっている部分については、大人の力で水を吸い上げることにします。水を吸うものを水たまりに放り込んで、後はバケツに絞るだけ、古典的ですが、人海戦術のそれが一番無難です。
(*^-^)ノ




じっとしゃがんで、足の位置はできる限り固定して、黙々と作業を繰り返します。
(;¬_¬)




水溜まりの深い所でも作業ができるように、長靴があったほうが重宝します。
p(^-^)




泥水の中に手を入れるので、衛生上もそして防寒上も、ゴム手袋は必須です。
(^▽^)ノ




吸水性の高い高価なスポンジがなくても、ボロタオルがあれば十分です。ただしバスタオルのような大きいサイズのものは絞るのに一苦労しますから、長時間の作業には不向きです。
('∇')




これからの霜が降りるような季節になると、グラウンドに溜まった雨水は氷水となり、その中に手を突っ込んでの水抜き作業は、目から涙が出るくらい、とてもつらい作業です。
(>_<。)




それでも、いやだいやだと愚痴をこぼしながら、グラウンドで子供たちに少しでもボールを使わせたいからと、躊躇うことなく、手を入れてしまうんですよね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


スポンサーサイト
少年野球でもテイクバックを上手にする、バケツで水撒きするイメージを膨らませ、トスバッティグをやってみる
2013年11月08日 (金) | 編集 |
少年野球では広々としたグラウンドも無いので、狭い場所でも捕球ネットさえあればできるトスバッティング(ティーバッティング、ティーバチ、ティー)を練習の中に取り入れていると思います。
(〃▽〃)




その練習方法は実に様々、いろいろな方が日々工夫され、プロ野球選手やそのコーチでさえ、研究を怠るなんてことはないようです。プロの練習方法を学ぶ機会があれば、ぜひ参加したいと思いますが、その日は残念ながら今だ訪れません。
('∇')



バッティングのイメージを膨らませ、こんなことをやってみよう。




少年野球でも、素人でも、バッティングの正解は無いと思って、やるだけやってみて、子供が気持ちよくスイングできるかどうかを確かめながら、試行錯誤することだったらできるんですよね。
(*^-^)ノ




何でテイクバックしないんだろう・・・




その子供は遠慮がちなのか、生真面目なのか、ピッチャーがボールを放す瞬間もほとんどテイクバックせず、構えた位置からそのままバットをスイングしているので、とても窮屈そうに感じます。
(;¬_¬)ジー




例えば、バケツに汲んだ水をできるだけ遠くに、そして一気にグラウンドに撒こうとすれば、一度バケツを前方に振ってから、大きく後方に引き込んで、再び前方に勢いよく投げ出して、自然とバケツをスイングするはずです。
(*~▽~)ノ




バッティングも同じで、ピッチャーがボールを投げる直前に、多少バットを後方に移動させ(テイクバック)、バケツの水撒きほどではなくても少なからず勢いを出そうとするはずなんです。
ヾ(^▽^)ノ




でも、その子はそうしません。




はじめに、耳の横で構えたバットの位置が、ピッチャーがボールを投げてもほとんど変わることもなく、そのままバットをスイングしようとしているんです。
(>_<。)




なんとか水撒きの時のバットをスイングする感覚で、バットもスイングすることはできないでしょうか。あれこれ考えるうち、こんなトスバッティグ練習を思いつきます。
(*'-')




(1)いつものようにバットを思い切りスイングして自然にバットを止める。



(2)その位置から後方にもう一度バットを思い切りスイングして、またバットを止める。




(3)そして、後方で止めたバットの位置から、再びバットを前方に思いっきりスイングする。




水撒きの感覚で




バットを後方にスイングする時は、はじめにバットをスイングした軌道とまったく同じになるようにイメージします。
(~▽~@)♪



できれば、バットを後方にスイングしながら、前足をほんの少しだけ軽く空中に浮かせてみます。
(~▽~@)♪♪




トスを投げるタイミングは、後方にスイングしたバットが止まるちょっと前、ホームベースを過ぎたあたりがいいと思います。
(~▽~@)♪♪♪




イチ、ニー、サン




イチ、ニー、サン




イチで前方にスイング
ニーで後方にスイング
サンでボールを打つ




イチ、ニー、サン




この練習、10球もボールを打てばたちまちハァハァと息が上がってしまいます。それでも何球も打ち続け、どうしても腕に力が入らなくなってからが本番です。そこから、どうすればバットがボールに間に合うのか、どうすれば素早くスイングできるのか、どうすれば少ない腕の力で打てるのか、あれこれ体が勝手に工夫してくれて、無理のないキレイなスイングを発見できるかもしれません。
(*'-')




バケツで水撒きするイメージを膨らませて、トスバッティグをやってみる。テイクバックって、タイミングの取り方って、腕の力を抜くって、体をこうして、こう動かすと言葉で理解するよりも、自然と体が動くようになるんじゃないでしょうか。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球でオノマトペ(擬声語)を上手に使えれば、にゃーと言ってぐにゃっとする、体の不思議を体験してから
2013年11月15日 (金) | 編集 |
昔から、少年野球ではグラウンドの中で声を出すようにと言われてきました。今のままでは、中学でも、高校になってもきっと言われ続けるんでしょうね。いつになったら誰に言われるまでもなく自ら進んで子供たちは声を出すことができるようになるんでしょうか。
(〃▽〃)




オノマトペ・・・




テレビからその聞き慣れない言葉が聞こえてきて、何だろうと、とある番組を見ながら、本当なのかと半信半疑になり、テレビの前で実際に試した方も多かったんじゃないでしょうか。
(*'-')




はい、もちろん、試しました。テレビを見ながらその番組で紹介されていた方法で、さっそくその前屈をやってみました。
(^_^;)?




はじめは、いつも通りの前屈です。期待はしていませんでしたが、一生懸命やっても、指先が床に触れることもなく、太ももの裏側がピクピクいっています。限界のようです。久しぶりの前屈、でも体の硬さは昔からのことです。
(>_<。)




次は番組で紹介されていた方法でやってみます。
p(^-^)q




前屈の準備ができたら、体を前に倒しながら、歳のことは忘れ恥ずかしからずに『にゃーーー』と発声しながら指先を床に近づけます。にゃーの『ー』は、指先が床に付くまで伸ばして発生します。
(*'-')




すると、なっなんと、なんと指先どころか、手のひらまで床に付いてしまうんじゃないかと思うほど、ぐにゃっと体が折れ曲がっていくんです。
ヘ(*--)ノ




驚きの効果を実感!




にゃーと発声するだけで、この歳で、こんな『な・ま・ぐ・さ・』の体がこんなに折れ曲がるなんて。理屈はともかく、体の動きに合うような擬声語を組み合わせ発声することで、体が思い通りに動いてくれるなんて、なんとも不思議な現象です。
( ̄□ ̄;)!!




そういえば、かの長嶋茂雄さんが、ビュン、ビシッ、ガバッ、シュバッ、パーンなどバッティングの感覚を音で表現されていたことを思い出します。凡人にはわからない長嶋さん独特の感覚だと言われてきましたが、その感覚を理解できなくても、実際にその音を声に出してバッティングしてみればいいのかもしれません。
(*^-^)ノ




バッティングでは、ビッビッビッビッ、タンんー、スーーッバシッ。




ピッチングでは、チクチクチクチク、スーー、ダッ、ウーン、ビシッ。




フィールディングでは、テッテッテッテッ、トン、ダッダッダッ、バシッウィーン、ピュー。




なんのこっちゃ、さっばりですよね。
(*'-')




体のリズムに合わせて、リラックスできる自分らしち音を見つける。すると、体が自然と動くようになる。自分にしかわかならい音を見つけることができれは、バッティングでもピッチングでも、今よりもっと上達していくのかもしれません。
(*^-^)ノ




そして




子供たちにとって、声を出すことで野球のプレーに何か良いことがあると具体的に実感することができれば、黙っていても『声を出す』ようになるんじゃないかと思うんです。
(*'-')




オノマトペがそのきっかけになってくれるような気がします。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球でも四番バッターに拘わる、武士は喰わねど高楊枝、負けてる気がしないそんな不思議なオーラを漂わせ
2013年11月22日 (金) | 編集 |
少年野球で攻撃の打順を決める時は、どんなことを基準に考えればいいんでしょうか。プロ野球を見習ってなんとなく似た雰囲気で決めていけばいいんでしょうか。特に、プロ野球では四番バッターによく注目が集まりますが、少年野球でもやはり、そうなんでしょうか。
(〃▽〃)




今、監督が10人いれば、バッターの打順を決める考え方も10通りあると思いますが、野球をはじめたばかりの子供だって10人いれば10人とも四番バッターに対する『あこがれ』みたいな想いが少なからずあるんじゃないかと思います。
(*'-')




四番、サード、長嶋





子供たちの父親世代は、どこかその響きに毒され、何故だかよくわからぬままに四番に対する特別な感情が胸の中に刻まれてしまっています。その想いは世代を超えて引き継がれ、誰もが四番に対する特別な想いを抱いてしまうのかもしれません(最近の野球はそうでもないのでしょうか)。
(^_^;)?




ある方は、こんなことを言っています。一言で言ってしまえば、四番には拘りがあると。
~('-'*)




それは、チームで一番ホームランを打てる選手のことを言っているわけではありません。体が一番大きい選手のことでもありませんし、バッティングフォームが一番綺麗なわけでも、ヒットを一番打てることでもありません。
(*'-')




フォア・ザ・チーム!




チームのことを一番に考え、バッターボックスで何をすればいいのかを考えることができ、たとえ思うようなバッティングができなくても、暗い顔一つ見せず、悔しさをじわっと滲ませ、、後続の選手に励ましの声を自らかけることができる選手、そんな選手に四番を任せたい。
(*^-^)ノ




野球のバッティングは、いくら経験を重ねても100パーセント、思い通りにはできません。そのことを理解すればするほど、バッターは自信を失い、不安ばかり感じるようになってしまいます。また、できないことになれてしまえば、悔しさも忘れてしまうのかもしれません。
~('-'*)




だからこそ、思い通りにできないバッティングだからこそ、バッターは、どこにそんな自信があるんだと思わせるような、不思議なオーラを漂わせ、不安というピッチャーにとっては喉から手が出るほど欲しい、そのスキを見せないことで、はじめて勝負になるんだということも理解しなければなりません。
(*'-')




野球はピッチャーが投げてはじめて、バッターが打つことができます。勝負の先手はいつもピッチャーにあります。沈着冷静なピッチャーが思い通りに攻めることができれば、バッターにほとんど勝ち目はないのかもしれません。バッターが不安を感じていると、ピッチャーが見透かせば、勝負の行方は決定的です。
(*'-')




四番はチームの中で、そのお手本を示さなければなりません。どんなに有名なピッチャーが投げていても、どんなに速いボールを投げるピッチャーだとしても、不安というスキを全く見せることなく、逆に何かをやってくれそうな、そんな期待を抱かせてくれるバッターが、四番にふさわしいのかもしれません。
(*^-^)ノ




負けていても、何故か負けている気がしない。




アイツにまわれば、なんとかなるかもしれない。




どんな相手だってなんとかなるかもしれない。




武士は喰わねど高楊枝




その姿、イメージが一番ぴったりなのが、四番バッターなんでしょうね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球の守備のもう一人の要はセンターです、声を掛け合い相談しあい、外野手が守りの戦略に目覚めるために
2013年11月29日 (金) | 編集 |
少年野球の守備の要と言えば、たぶんキャッチャーのことを示す場合がほとんどだと思いますが、もう一人忘れてはならないのが、外野の真ん中で守っているセンターの存在なんです。
(〃▽〃)




外野手の中で一番足が速く、または打球へのスタートが一番素早い選手、フライを捕る守備範囲が一番広い選手がセンターを任されているんじゃないかと思います。
(*'-')




センターの守備範囲が広ければ広いほど、両サイドのライトとレフトはセンターとは反対側のライン側に注意を注げばよく、結果的に外野手三人合わせた守備範囲を広げることができます。
~('-'*)




また外野手の中で守備範囲が広いのはセンターだと決めておけば、左中間、右中間など二人の外野手の間に上がったフライでも、基本はセンターが捕ると言えば、センターに任せればいいと、外野手の決め事も明確になります。
('-^*)ok




センターは両サイドの外野手を気にせず、兎に角、フライが上がったら、全力で追いかけ、自分が捕ると決めれば、意思表示をはっきりして、積極的に捕りに行く。任せると決めれば、はっきり指示を出す。
~('-'*)




野球の試合で、外野に上がったボールを誰が捕るのかを決定する監督官は、外野の真ん中で守っているセンターなんですよね。
(*^-^)ノ




少し野球になれてきたら、四番バッターだから、あと5メートル後ろに下がろう、とか、2塁ランナーをホームに返さないように守備位置をもう少し前にしょう、とか、戦略をたてる外野守備も必要になってきます。
(~▽~@)♪♪♪




レフトとライトの選手と一球、一球相談しながら、どこに重点をおいて守るのかを決定し、三人が同じ目的に向かって守ることができるように、センターの選手はリーダーシップを発揮しなければなりません。
(*'-')




そのためにも、センターの選手は野球のセオリーを勉強しなければならないんです。ピッチャーの球質、アウトカウント、点差、打順、自分たちの守備力、前の打席の結果、ベンチからの指示、様々なことからどう守るのかを判断しなければなりません。
(*'-')




失敗することだってあるかもしれません。何もしないほうが良かったかもしれません。でも、思い通りにバッチリきまって、ピンチを救うことができるのかもしれないんです。
p(^-^)q




セオリーを外して、あえて四番バッターの時に前進守備をしてみる。三人が極端にライト方向によって、ピッチャーを信じてみる。外野手として戦略を考えるうちに、いつしか、野球のセオリーには無いことにチャレンジしているかもしれません。
(*^-^)ノ




失敗を恐れて、何もしないのか。




成功を夢見て、攻めてみるのか。




広い外野のグラウンドをたった三人の選手で守り抜くために、センターの選手が常に会話を心がけ、時に相談して、時に提案して、戦略をもって守ることに目覚めることができれば、外野手というポジション、センターというポジションは楽しくないはずがないんです。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。