すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球のバッターは高めのボールを逃さずに打つ、少々ボール気味の投球でも勇気を出してバットを振ってみる
2013年09月06日 (金) | 編集 |
少年野球を指導される方々は、試合の中でバッターの子供たちにどんなアドバイスをされているんでしょうか。結果を出して自信をもって欲しい、そんな気持ちをたった一言、短い言葉で伝えるのは本当に難しいことだと思います。
(〃▽〃)




一番多いのはやはり、正しいバッティングフォームは何かということかもしれません。肘が下がっている、打つ時に右の脇が甘くなっている、左の壁を作れ、腰が開くのが早い、バットが下から出ているぞ。
('∇')




でも試合中に、それもバッターボックスの中でピッチャーと対面している真っ最中に、バッティングフォームのことばかり指摘していては、打てるものも打てなくしてしまう、それもまた事実なのかもしれませんよね。
(^_^;)?




次に多いのが狙い球についてのアドバイスじゃないかと思います。
ヾ(^▽^)




低めのボールに手を出すな。高めのボールに手を出すな。ストライクじゃないボールに手を出すな。インコースは手を出すな。手を出すなと何度も言われれば、どのボールを打てば良いのか、子供でなくても迷ってしまいます。
~('-'*)




高めのボールを逃すな




高めに来るボールは威力があるボールで、バッターが振り遅れて対応できないからと、その高めのボールには手を出すなとアドバイスされることが多いのかもしれませんが、あえてそのボールを狙って打つように助言されることもあるはずです。
(*^-^)ノ




やはり、高めのボールはよく飛びます。




内野ゴロではなく、外野まで飛んでいきます。




子供だから内野ゴロでエラー狙いなんでしょうか。




バッターはやはり遠くに飛ばしたいものなんじゃないでしょうか。




考えてみれば、ボールを遠くに飛ばしたいと思う気持ちが強い子供が、バッティングの上達も早いのかもしれません。
(*^-^)ノ




好きこそものの上手なれ




そして、継続は力なり




高めのボールが来たら、少々ボール球気味だって思い切ってバットをスイングしていける選手、その時に結果が出なくても、好きだから上手くなれる、好きだから続けられる。
p(^-^)q




いつだって、どんな時だって、忘れかけていたって、心のどこかに、ボールを遠くに飛ばしたいと願った、そんな子供の頃の記憶が心に刻まれていれば。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


スポンサーサイト
少年野球だからこそ二塁への盗塁は絶対に許さない、ストップウォッチとにらめっこして、できることを発見する
2013年09月13日 (金) | 編集 |
硬式ボールのリトルリーグでは離塁の制限があって盗塁の機会はあまりないかもしれませんが、学童の軟式野球ではプロ野球と同じように一塁ランナーが二塁への盗塁を企てるケースが多いと思います。
(〃▽〃)




多いどころか、ほぼ100%一塁ランナーが出れば一球目から二塁へ盗塁されてしまうチームだってあるのかもしれません。
(>_<。)




いや、それどころか、ピッチャーが次のバッターへのその一球を投げる前に、四球で出たランナーがそのままフリーパスで二塁まで走っていく、そんな光景が記憶のどこかに残っていたりもします。
('∇')




ランナーが出たら、そのランナーを次のバッターが一つでも多く進め、ホームベースに帰ってくることができるように知恵を絞る、そんな野球を嘲笑うかのように、子供の試合ではランナーがフリーパスで、縦横無尽に盗塁のし放題、これは由々しき問題です。
(*^-^)ノ




アウトにせねば




子供たちの週末の試合がより面白くなるためにも、子供が本来の野球を楽しむためにも、チームのレベルを一段アップさせ、盗塁を(たまには)アウトにできる守備力を身につける、それはどのチームだって取り組まなければならない一番の課題なんだと思います。
~('-'*)




そのために、ストップウォッチなんだそうです。
ヾ(^▽^)ノ




はじめに、戦う相手を明らかにします。つまり、ランナーが一塁から二塁まで走る時間を計ります。3.6秒、4.5秒、5.2秒、自分たちの敵はどれだけの走りをする選手なのか、その架空の相手を明らかにします。それがチーム一人早い選手でも、平均的な選手でも、一番遅い選手でも、そのチームの事情に合わせてはっきりと何点何秒と決めるところから始まります。
~('-'*)




次に自分たちの力を明らかにします。つまり、ピッチャーが足を上げてから、セカンドベースでタッチが完了するまでの時間を計測します。この時、ランナーが走る必要はありません。みんながリラックスした雰囲気で時間を計測するだけです。コントロールやフォームにとらわれることなく、一回のプレー毎に時間を計測し、それを発表します。
(*'-')




これで準備完了です。




というか終わりです。




時間以内でプレーが終わっていれば、盗塁をアウトにできる守備力があるということです。
ヾ(^▽^)ノ




時間以内にプレーが一回も終わらなければ、どこに問題があるのか、仮説をひとつだけ決めて、解決策を考えて、またプレーの時間を計測します。
~('-'*)




ピッチャーが足を上げてからボールを投げるまでの動作が長いのかもしれない。だから今より動作を0.5秒速くして、そのかわり投げるボールは0.1秒遅くしてみよう。
(*^-^)ノ




そして、実際にピッチャーだけのプレーの時間、全体のプレーの時間を計ってみます。仮説をストップウォッチで検証します。
(*'-')




キャッチャーがボールを捕ってから投げるまでの動作が遅いのかもしれない。捕球から送球までの時間を今より0.7秒速くして、ただし、投げるボールはツーバウンドにしてみよう。
(*^-^)ノ




そして、仮説をストップウォッチで検証してみます。ボールがそれたとか、投げ方が悪いとか、いろいろなことはこの際抜きにして、ただ時間だけに集中してみます。
(*'-')




セカンドでボールをタッチする時間をあと0.1秒速くしてみよう。
~('-'*)




盗塁をアウトにするためには、ピッチャー、キャッチャー、セカンド(ショート)がボールを持っている時間を少しでも短くすること、そのことをそれぞれの選手がきちんと理解することから、盗塁をアウトにせねばはスタートします。
( ^-^)~




ボールが動いている時間はほんのわずかな時間です。70km/hのスピードボールは30メートルを約1.5秒で進み、努力と根性でそれを100km/hにしても約0.5秒をしが時間を短くすることはできません。しかし、三人のプレーヤーで1.2秒の時間を縮めることができれば目標の時間、ゴールにより早く近づくことができるはずなんです。
≡≡≡ヘ(*--)ノ




キャッチャーの肩が弱いから、なんてことをピッチャーが決して口に出さないように、時間との戦いに工夫を凝らして挑むことが、そのチームの守備力アップにつながるんですよね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球でツーストライクになったバッターに、追い込まれたからストライクゾーンを広くね、と声をかけますか
2013年09月27日 (金) | 編集 |
最近少し気になっているんですが、少年野球の試合で三塁にいるコーチャーの選手やベンチにいる選手が、ツーストライクとなったバッターにこんな声をかけるんです。
(〃▽〃)



バッター!追い込まれたから、ストライクゾーンを広く、広くね!




『追い込まれた』?



確かにプロ野球の解説者の方々は『バッター、ツーストライクと追い込まれました』と表現しているかもしれません。この追・い・込・ま・れ・た・という言葉は、バッターが窮地にたたされてしまったような、もう何も打つ手がないような、すでにチャンスを失ってしまったような、そんな意味に聞こえてしまうんです。
~('-'*)




しかしバッターは、解説者の方がおっしゃるように窮地にたたされているわけでも、なんでもなく、まだあと一球チャンスが残っているはずです。それでもバッターはどこか、追い込まれたと考えてしまうものなんでしょうか。チームメイトでも、追い込まれたと考えてしまうものなんでしょうか。
( ̄□ ̄;)!!




ツーストライクはピッチャーが有利だと言われています。だからツーストライクになる前に、打っていこうとすることが野球では当たり前なんでしょうね。プロ野球のピッチャーなら、それまで隠していた決め球をここぞとばかりに投げてくるかもしれませんし、ストライクゾーンをかすめるかどうかの、きわどくコントロールされたボールを投げてくるかもしれません。
(;¬_¬)




プロ野球ならば、バッターは圧倒的に不利かもしれません。




でもプロ野球であっても、そんな決め球やコントロールを持ち合わせているピッチャーばかりではないと思うんです。失敗することだって、緊張することだってあるはずです。その日に限って、調子を崩しているかもしれません。
(*'-')




絶対なんて・・・。




バッターは窮地にたたされている、打つ手はないと考えるわけではありません。次に来るボールを絶対に打てると信じて、バットをスイングするだけです。あぁ~、追い込まれちゃった、という気持ちでは、本当は打てるものも、打てなくしてしまうんじゃないでしょうか。
~('-'*)




バッター!ツーストライク




ストライクゾーンを広くね。クサいボールにも、手を出していこうよ。変化球も頭に入れてね。思い切って振っていこうよ。絶対に打てるから。練習のイメージ、イメージ!
(*'-')




そんな言葉じゃ、だめなんでしょうか。まだ勝負は終わっていないし、追い込まれたわけではありません。でも、応援するって子供には難しいことなんでしょうね。だから、誰かがお手本になっていかなければならないんでしょうね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。