すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球だってハーフスイングのルールを理解する、キャッチャーがリクエストした瞬間、努々油断されぬように
2013年07月05日 (金) | 編集 |
少年野球でもプロ野球でも、とんでもない高いボールや、誰の目からも見ても明かにワンバウンドしているようなボールでも、バッターがバットをスイングすればストライクの判定が下されます。もちろんバットをスイングしていなければボールの判定ですよね。
(〃▽〃)




ストライクゾーンを通過していないボールであっても、バッターがバットをスイング(空振り)てしまえばストライクになります。しかし、微動だにスイングしてないなら(見逃し)、ボールの判定になります。
(^▽^)




ややこしいのが、空振りと見逃しの中間になる、ハーフスイングです。




はじめはボールを打とうとして、途中までバットをスイングしてきたのに、やっぱり打つのはやめようとバットの動きに急ブレーキをかけて、バットのスイングを止める動作をハーフスイングと呼んでいます。
('∇')




このハーフスイング、野球の公認野球規則には、どこからが空振りなのか、どこまでが見逃しなのか、はっきり書かれていないんです。書かれているのは、こんな簡単な説明だけです。


2.73 ストライク
次のような、投手の正規な投球で、審判員によって"ストライク"と宣告されたものをいう。

(a) 打者が打った(バントの場合も含む)が、投球がバットに当たらなかったもの。




『打者が打った』
しかし、
『当たらなかった』



これだけの説明です。
('∇')




どこまでバッターがバットを動かし、どこまで打つ意思があったのか、スイングした(打ったが当たらなかった、空振り)と判断されればストライク、バットを途中で止めた、つまり打たなかったと判断されればボール、この微妙な判定はすべて審判の目に委ねられています。
(*'-')




ところで、野球のルールでは、ハーフスイングがボールと判定された時、その判定に不服があれば、キャッチャーが、
塁審にもう一度空振りかどうか確認して下さい
とリクエストすることが認められています。
φ(._.)




プロ野球のキャッチャーなどは、キャッチャー自らファーストの塁審を指差したり、人差し指を頭の上でクルクル回すようなジェスチャーで、『スイング、スイング』など発しながら、塁審に判定を聞いてくださいと球審にリクエストしていますよね。
(*^-^)ノ




キャッチャーからのリクエストを受けた球審は、右バッターならファーストの塁審に、左バッターならサードの塁審を指名し、バッターのハーフスイングが『打ったが当たらなかった、空振り』だったかどうか判定を委ねます。
( ^-^)_旦~




判定を委ねられた塁審は、空振りと判定すればストライクのジェスチャー、振っていない、つまり打たなかった見逃しと判定すればセーフのジェスチャーで、球審からのリクエストに応えることになっています。
(*'-')




この塁審の判定はハーフスイングの最終判定で、さらに誰かに聞いてほしいなどとリクエストすることは許されてはいません。
ε=(*~▽~)




ハーフスイングについては、公認野球規則にはこんな説明が書かれているんです。
(*'-')




9.02 審判員の裁定
(c)審判員がその裁定に対してアピールを受けた場合は、最終の裁定を下すにあたって、他の審判員の意見を求めることはできる。裁定を下した審判員から相談受けた場合を除いて、審判員は、他の審判員の裁定に対して、批評を加えたり、変更を求めたり、異議を唱えたりすることは許されない。

【原注】
ハーフスイングの際、球審がストライクと宣告しなかったときだけ、監督または捕手は、振ったか否かについて、塁審のアドバイスを受けるよう球審に要請することができる。

球審は、このような要請があれば、塁審にその裁定を一任しなければならない。

塁審は、球審からの要請があれば、ただちに裁定を下す。

このようにして下された塁審の裁定は最終のものである。

ハーフスイングについて、監督または捕手が前記の要請を行ってもボールインプレーであり、塁審がストライクの裁定に変更する場合があるから、打者、走者、野手を問わず、状況の変化に対応できるように常に注意していなければならない。
・・・後略




最後の部分、わかりますか?




ハーフスイングの判定をキャッチャーが球審にリクエストしている間でも、タイムの状態ではなく、ボールインプレーなんですね。聞くことに夢中になって、ランナーのことを疎かにしてはいけないみたいです。
~('-'*)




また、公認野球規則には『状況の変化に対応して』とあります。つまり、こんなプレーに注意するようにと、わざわざ書かれているんです。

・3ボール1ストライクからの投球が『ボール』の判定。
・これを見た1塁ランナーが次の2塁に歩き始める。
・しかし、ハーフスイングだったため、キャッチャーが球審にリクエスト。
・塁審の判定は『スイング』で、ストライクに判定が変更。
・キャッチャーは2塁に送球して、歩いていたランナーはタッチアウト。



このプレー、判定の変更があることを、ランナーは注意していなければならなかったんですね。しかも、タイムはかからずに・・・
(>_<。)




また、キャッチャーも塁審の最終ジャッジが下る前に、判定が覆ることを想定して、今のプレーを続行しなければならないんですね。
(*^-^)ノ




ハーフスイングの判定が覆る場合は、ボールと判定されたことは『無かったことに』なり、ボールインプレーの状態でプレーが続行しているんです。子供たちにもしっかり伝えてあげなければなりませんね。
o(^o^)o







コメントでご指摘をいただきまして、ありがとうございます。
またひとつ勉強になりました。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


スポンサーサイト
少年野球でファールボールを何本打ったらバッターはアウトになるの、それは都市伝説でもそれが楽しい子供たち
2013年07月12日 (金) | 編集 |
少年野球の試合で、3ボール・2ストライクのカウントから、バッターが1本くらいファールボールを打ったとしても、ピッチャーはさして気にはならないと思いますが、これが2本、3本と連続してくると、プロ野球のピッチャーでも、こんなことを心の中で叫んでいるかもしれませんね。
(〃▽〃)



2ストライクからファールボールを3本打ったらバッターをアウトにしてくれないかなぁ




野球のルールでは、0ストライクでファールボールを打てば1ストライクに、1ストライクでファールボールを打てば2ストライクになるのですが、2ストライクからは、ファールボールを何本打ってもカウントは2ストライクのままで、バッターにアウトが宣告されることはありません。
~('-'*)




ただし、2ストライクからバントした打球がファールボールになれば、バッターはアウトになります。
('∇')




バントというボールをコントロールしやすい打ち方で、ファールボールを狙ってバントを何本もされたら、ピッチャーはそのバッターだけで疲れ切ってしまいます。それを防ぐためはバントにかすりもしないボールを投げるか、バッターを敬遠するか、試合を放棄するしかありません。
(*'-')




たから、野球のルールでは2ストライクの後、バントした打球がファールボールになったら(スリーバント失敗)、バッターはアウトになるルールが決められたんでしょうね。
( ^-^)_




バッターがバントではなく、バットをスイングしてファールボールを何本打ってもアウトにならないのは、ファールボールを何本も狙って打つことが非常に難しい技術だからなんです。
ε=ヾ(*~▽~)ノ




でも、子供たちの野球の試合では、ファールボールを何本も打っているバッターが時々いたりします。意識的にファールを狙っているのではなく、素直にバットをスイングしても前にボールが飛んでいかないんです。5本目くらいからは、見ている応援席から妙な期待が膨らんでしまいます。
(*'-')




キャッチャーは、何本もファールボールを打つバッターが出現してきたら、ピッチャーの体力を消耗させないために、迷うことなく、敬遠という手段を選択するのかもしれません。
('∇')




ピッチャーは、何本もファールボールを打つバッターが出現してきたら、ここで負けてたまるかと云わんばかりに、迷うことなく、ストライクで勝負という手段を選択するのかもしれません。
('∇')






しかし、ファールボールを狙って打つことは非常に難しい技術です。





だったら、
ファールボールを10本打ったらバッターはアウトになる
というルールがあったとしても、ピッチャーもバッターも誰も困らないんじゃないでしょうか。
(*^-^)ノ




いっそのこと、
ファールボールを10本打ったらバッターは1塁に安全に進塁できる
というルールであっても、ピッチャーもバッターも誰も困らないんじゃないでしょうか。
(*'-')




ファールボールを狙って打つことは非常に難しい技術です。だからこそ、ファールボールを何本打ったらバッターがアウトになることなんて、野球規則では想定していないんです。
ヾ(^▽^)ノ




それでも子供たちは、野球をもっと楽しむために、こんなローカルルールを作って野球をしているかもしれません。
ファールボールを5本打ったらバッターアウトね





都市伝説・・・




起きないと思っていたことが、ある時起きてしまう。




だから、野球は楽しんですよね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球の子供が感性でバッティングを考え始め、バットの微妙なバランスを感じて、他人のバットで打ってみる
2013年07月19日 (金) | 編集 |
少年野球の子供たちなら、パパに買ってもらった新品の金属バットを大事に使っていると思いますが、何だかバッティングの調子が怪しく感じることがあれば、ちょっとバットを変えてみることだって、考えてみる必要があるかもしれません。
(〃▽〃)




学童の軟式バットの重さや長さは正確にはわかりませんが、高校野球の硬式用バットは重さが900g以上とルールで決まっていて、メーカーも基準以下の不良品にならないように大概のバットは920g前後で、生産されているようです。
(*'-')




また、そのバットの重さは、同じメーカー、同じ製品で表示に『920g』とあっても、実際には『924g』だったり、『918g』だったり、グラム単位では若干の違いがでてしまうようです。(メーカーの方に怒られそうですが、あくまで経験則です。)
('∇')




そんな微妙な重さの違いなんですが、子供のバッティングに何か影響するんでしょうか。
~('-'*)




実は実際のバットの重さより、バットの重さのバランスの方が子供のバッティングに大きな影響を与えるようです。
ヾ(^▽^)ノ




試しに、バットのグリップを握らないで、バットの先端を握ってスイングしてみれば、その違いに子供たちも驚くんじゃないでしょうか。。
~('-'*)




つまり、先端がより重くなるように作られているバットより、バット全体が均等に重くなるように作られているバットの方が軽く、鋭く、スイングする事ができるというわけなんです。
(*'-')




このバットの重さのバランスは本当に微妙で、子供に合ったバットを選び抜くのは至難の技ですよね。
(>_<。)




また、同じバットを使っていても、カラダのバランスも成長とともに変化していますので、それまで良かったものが急に悪くなったり、悪かったものがバットを変えた途端、急に良くなったり、子供のバット選びは本当に難しいと思います。
o-_-)=○☆




子供たちはそんなことを、知ってか知らずか、試合中でも時々友達のバットを借りて、バッターボックスに立つことがあります。
ヾ(^▽^)ノ




いい結果が出ることも、出ないこともありますが、
ちょっとバットを変えてみたい
と考えるのは、プロ野球選手だって同じ事ですよね。
(*^-^)ノ




タダの新し物好きではなく、子供が感性でバッティングを考え始めたら、野球はもっと楽しくなるはずです。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球のユニフォーム、泥だらけになり漬け物になり、引き出しの中に忘れさられても、心から感謝しています
2013年07月27日 (土) | 編集 |
子供の野球が突如一区切りついてしまったので、野球のユニフォームなど一度整理してみようと、子供と一緒にタンスの引き出しの中を覗いてみると、懐かしい思い出で胸が熱くなるどころか、なんでコレが大切にしまわれているのか、そこには不思議な光景が広がっていたんです。
(〃▽〃)




古くて、ひざに穴が空いたままのユニフォーム(パンツ)。すでにサイズも小さくなり、継ぎ接ぎをしたところではけるはずもありません。汚れてはけない状態ではありませんが、子供の成長と共にお役御免ということようです。どのパンツも擦れて穴が空いるのは左膝のところです。小さいころからスライディングする足は何も変わっていないんですね。
('∇')




一度も袋から出さずにもう何年になるかもわからない半袖シャツを発見、勿体無いと思いますが、着れないものをとっておいても仕方がありませんよね。それにつけても、今時みんなアーマーなのに、この引き出しには只の一枚もありません。小さい頃に『嫌いなんだ』の一言、あれから何度も『着てみる?』と誘いの罠を張っては見たんですが、ガンとして着てこなかったんですね。
(*'-')




かかとにバックリ大きな穴が空いているもの、親指がしっかり顔を出してしまうもの、ヨレヨレに伸びきっているもの、どれも靴下の役目を発揮できないアンダーソックスばかりがゾロゾロと。穴が空いたものは履かないように言ってきたつもりなんですけどね。
(>_<。)




出てくる、出てくる、お下がりばかりのスライディングパンツが何枚も。履き心地が気に入ったものだけを履き続けてきたので、きれいな中に一枚だけ色がまったく違うものがあります。よくここまで履き込んだものだと、感心してしまいます。
(*^-^)




裏返せば元の色がなんだったのかは理解できる色あせたアンダーストッキングが一足、折り返しの部分と太陽に照りつけられた部分が見事なツートンカラーになり、もはや芸術品の域に達しているかのようです。
(*^-^)ノ




ひとつ、またひとつと、止めの部分のピン(ぽちぽち)が折れて無くなり、頭の後ろでVサインを出すことになっている半メッシュの野球帽子。サイズ調整用のプラスチックのアジャスターが壊れ、白のテープで補強したりしていましたが、もう限界なんでしょうね。アジャスターは修理することもできるようですが、新しいものを買った方がよさそうです。
(*'-')




汗にまみれ、泥だらけになって、ブラシで擦られ、半日はバケツの中で漬け物になり、洗濯機でもみくちゃにされ、太陽の下に1日さらし者になり、引き出しの中で一年中休む暇もなく、週末になればまた少し成長したカラダを感じ、子供にいつも野球を楽しませてくれた大切なユニフォームたちに、心から感謝したいと思います。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。