すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球のバッターはストライクゾーンを通過するボールを打つ、それは誰の目にもはっきりしないと理解して
2013年05月10日 (金) | 編集 |
少年野球の子供たちは、バッティングが大好きですが、ストライクゾーンという目には見えない謎の空間を頭の中に描いてみたことがあるんでしょうか。あるいは誰かに一度は説明を受けたことがあるんでしょうか。
(〃▽〃)



この辺からこの辺りまで



子供たちに聞いてみると、誰でも一度は聞いたことがあるはずなんですが、記憶がどこかですり替えられているかのように、指先で示すストライクゾーンの高さ、低さは三人が三人とも違っているんです。
('∇')




ストライクゾーンの最上部の位置を、ベルトの辺りだと主張する子供。




ストライクゾーンの最下部の位置を、足首の辺りだと主張する子供。




バントで自然に構えた時のバットの位置が、ストライクゾーンの高さだと主張する子供。




本場、メジャーリーグのホームページには、ストライクゾーンの説明がこう書かれています。
Rule 2.00: The Strike Zone

The STRIKE ZONE is that area over home plate

the upper limit
of which is a horizontal line
at the midpoint
between
the top of the shoulders
and
the top of the uniform pants,

and

the lower level
is a line
at
the hollow beneath the kneecap.

The Strike Zone shall be determined
from the batter's stance
as the batter is prepared to swing
at a pitched ball.




英語ですみません。でも、ストライクゾーンの意味を理解するには、やはり英語を一度は読んだほうがいいんじゃないかと思うんです。
(*^-^)ノ




もちろん、英語ができるはずもありませんが、そこに書いてあることはたぶんこんなことなんじゃないかと思います。
(*'-')




ストライクゾーンはホームベース上の空間で

その上限を
肩の上部とユニフォームのズボンの上部の中間点を通る水平線

その下限を
ひざ頭の下の線

とする。

しかもこの二つの線は、ピッチャーがボールを投げた時、バッターがバットをスイングするために準備した時の構えによって決定すると言っているんです。
(>_<。)




審判の方は、ピッチャーがボールを投げた後すぐに、構えているバッターの肩とズボンの上部を見て、その中間点を目測で判断するんです。なんの目印もない『中間点』を通る、見えない水平線を頭の中に描き、ストライクゾーンの上限を判断しなければならないんです。
('∇')




人間業ではありません。




ところで、野球の長い歴史の中では、ストライクゾーンの上限を、

バッターの肩の高さ

バッターの脇の下

バッターのベルトの位置

など、より見てわかりやすいカラダの部位を示してしましたが、現在は『中間点』などという、誰が見てもはっきりしないストライクゾーンとなってしまっているんです。
~('-'*)




下限についても、ひざ頭の下部というこれまた、ユニフォームのズボンをはいていては絶対に確認できない位置が決められていて、その高さを通過したかしないかをバッターですら確認できないはずなんです。
(~▽~@)




重要なことは、誰の目にもはっきりしない、ストライクゾーンというルールを野球が採用していることなんです。
(*^-^)ノ




だから、審判の方によって、判定が変わることはしかたがないんです。




少年野球で一番大事なことは、自分が打てると思ったら思い切って打つことなんです。誰の目にもはっきりしないストライクゾーンに一喜一憂するのではなく、審判さんから『ストライク』と判定された『君なら打てるはずだ』という言葉に『今のは打てないよ』と諦めることなく、次は絶対に打ってやるぞとチャレンジしていく気持ちを持つことなんじゃないでしょうか。
(*'-')




少年野球でストライクゾーンを学ぶということは、そういうことだと思うんです。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


スポンサーサイト
少年野球で子供がボールを投げる時、グローブをしている方の手が大きく回転するような動きになっていませんか
2013年05月17日 (金) | 編集 |
キャッチボールをする子供たちを見ていると、ボールを投げる腕の動きにばかり目がいってしまい、反対のグローブをはめている手の動きを見逃しがちになってしまいます。
(〃▽〃)




グローブをはめている手の動きを見ていると、子供によって随分違うんだということにあらためて気づかされるんですよね。
(*'-')




ドッチボール投げ


ドッチボールを両手で持って、そのまま両手で後ろから前にボールを投げるように、グローブが動いていく選手。




風車投げ


ボールを投げる前にグローブを相手の方に向けて、そのまま腕を伸ばしたまま、下から後ろ方向にグローブを回転させる選手。




引き込み投げ


ボールを投げる前に相手方向にグローブを向けて、投げる時にグローブを思い切りカラダ方向に引きつけるようにして投げる選手。




残念ながら、いずれの投げ方も、肩から先の腕に力が入り、全体的に力んで投げているような印象を受けていまいます。
('∇')




手すり投げ


ボールを投げる時、踏み出した足の膝あたりに真っ直ぐに立った手すりがあり、その手すりにグローブでつかまっているように、ボールを投る選手。
~('-'*)




リラックスしたその動きは、実にきれいに見えるんですよね。と言っても、映像が無いんで、想像できませんよね。。
(^_^;)?




グローブの代わりに細長い棒を実際に持ってみて、あれこれ動かしながら、実際に試してみるのがいいのかもしれません。
(*^-^)ノ




バランス、感覚の問題なんですよね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球の子供たちは竹馬に乗れますか、歩き方や走り方の基本を体で学ぶ、おすすめの遊び道具だと思うんです
2013年05月24日 (金) | 編集 |
少年野球の子供たちも、プロ野球の一流選手でも、体を動かす基本動作は歩くことや走ることだと知っています。
(〃▽〃)




高校野球のピッチャー
ともなれば、毎日10km
のランニングが義務付
けられ、
短い距離での全力走、
砂浜でビーチフラッグ、
ハードルやマーカーを
使って、様々な走り方
に体を馴染ませ、
野球選手ではなく、
陸上部の選手ではない
かと勘違いしてしまう
ほど、走ることが
トレーニングの基本に
なっていると聞きます。
('∇')




昔の野球選手は、
ただ走れ、走れと言
われ続け、どこをど
うすれば速くなるの
かはまるで見当もつ
かず、
疲れきった体にやみ
くもに『根性』とい
うムチを入れ、ある
時ふっと何かの拍子
にコツをつかむこと
ができた選手、
根性に疑問を感じて
何かをつかむ前に諦
めてしまった選手、
今から思えば決して
合理的とは言えない
練習が、当たり前
だった時代には仕方
がなかったのかもし
れません。
(*'-')




陸上競技では、走ることに対して様々な研究が行われ、その成果を記録という形で実証してきました。
(*^-^)ノ




二足歩行のロボット開発では、歩く、走るという動作を実現するために試行錯誤が繰り返され、ASIMOが生み出されたと聞きます。
~('-'*)




そんな歩く、走るの研究の成果を少年野球の子供たちにも教える事ができれば、そんなことを考えている指導者の方や保護者の方もきっと多いことと思います。
(~▽~@)




歩き方は




【1】姿勢良く、真っ直ぐ立つ


【2】そのまま、重心を前にかける


【3】すると自然に足が出る



難しい理屈はたくさんあるんでしょうが、きっとこれだけのことなんじゃないでしょうか。知らない言葉をたくさん並べても子供に理解できるとも思えません。大人だって理解できません。言葉は時に大きな誤解を招くことだってありますよね。
(*'-')




この歩き方の理解を深めるために、研究の成果を感じるために、おすすめなのは、親子で『竹馬』に乗って遊んでみることです。
ヾ(^▽^)ノ




姿勢はまっすぐ

重心の移動を感じる

そして何より楽しく




毎日歩いている子供にとって、歩き方を教えてもらうなんて奇妙なことですよね。でも、竹馬に乗るとなれば話は別です。やったことがなければ、チャレンジする意欲がわいてきます。やったことがあっても、何かを感じようと竹馬に乗ることははじめてかもしれません。
(^-^)v




二人で竹馬に乗って(練習してください)、一緒に歩いてみて、いつもの歩き方と何が違うのかを話してみて、自分たちの『言葉』に変換することで、二人が理解できる歩き方、走り方を、ぜひとも発見してみてくださいね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球でも雨の日対策、野球のボールは水や泥が付くと非常に滑るので、握り方を工夫する練習も必要なんです
2013年05月31日 (金) | 編集 |
関東地方も例年よりも随分と早く梅雨に入ってしまいました。土のグラウンドで楽しむ野球というスポーツにとっては、じとじとした、本当にいやな季節ですね。
(>_<)




野球というスポーツは、雨で試合が中止になってしまう珍しいスポーツなんですよ。雨だからと練習が中止になってしまうことも多々あります。
(〃▽〃)




しかし、雨が少々降っていても、グラウンドが多少ぬかるんでいても、大会の日程をぎりぎり消化していくために、野球の試合が行われることも覚悟しておかなければなりません。
(*'-')




軟式ボールも硬式ボールも、雨でぬかるんだグラウンドに転がってしまえば、ドロドロした泥が付着して、とんでないことになってしまいます。
('∇')




水分をたっぷり含んだ泥が付いたままのボールを投げようとしても、指先にそのドロがまとわりついて、ボールを投げる時に思わずツルって滑ってしまい、とんでもない暴投なんてことも、雨の試合では珍しいことではありませんよね。
(~▽~@)♪♪♪




雨が降ってきたからと、練習を中止することもあるでしょうが、ぬかるんだグラウンドでノックを受けたり、ボールを投げる練習だって子供の野球には必要な練習なんですよね。
(*'-')




雨の中では、普段キャッチボールで指導されているボールの正しい握り方は役に立たないかもしれません。それより、小さな子供がボールを握るように三本指で軽く支えてあげるような、そんな握り方の方があっているかもしれません。
~('-'*)




雨の日のボールの握り方を子供たちと研究することも大事な訓練ですよね。たとえ雨が降っていなくても、握り方をいろいろ変えてみて、ボールを投げる練習は、いつでもできるはずです。
(*^-^)ノ




表面がすり減ってツルツルになってしまった軟式ボールを練習で投げることでも、いつもとは違った感覚を体験できるかもしれません。
(*^-^)ノ




皮で作られている硬式ボールの場合はワザと水に濡らすことはできませんが、準硬式ボールやKボールなら、水に濡らして練習することだってできるはずです。
(^-^)v




雨の日の試合・・・




ボールが滑って、ストライクが入らなかった。




せっかく打ち取ったのに、一塁に大暴投。




ぬかるんだ足場で転んでしまった。




雨の日の試合、雨の日の時にはボールをどうやって投げればいいのかを、練習で経験し、工夫してきたチームだけが、
相手も同じ条件なんだぞ
と言えるんですよね。
o(^o^)o





  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。