すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球で学ぶランダウンプレー(挟殺プレー)の基礎、三人が塁の番人を交代しながら全力で走る、それだけです
2013年02月01日 (金) | 編集 |
少年野球でよく見かける光景、守備側がランナーを挟んで追いかけっこをしながら延々とアウトにできないプレー、皆さんも遭遇したことがあるんじゃないかと思います。
(〃▽〃)




逃げろ、逃げろ!



はやく、はやく!




攻撃側と守備側の両方の応援席では、まるで運動会の応援のように何故か手に汗を握り、どこか熱が入ってしまうものだと思うんです。
ヾ(^▽^)ノ




このプレー、野球ではランダウン(挟殺)プレーと言います。
(^-^)/




ランダウンプレーとは、ランナーの進行方向の塁にも、逆に戻る塁にも野手が待ち構えている状態で、どちらか一方の塁にボールが到達したため、ランナーが逆方向に走り出し、そのランナーにタッチしようと野手が追いつめていくプレーのことです。
(*'-')




そのランダウンプレーに関しては、素早くアウトにするための守備側の心得、守らなければならないルール、逃げ切るためのランナーの心得など覚えることはたくさんあります。でも、まずはランダウンプレーの守備について、その基本的な考え方から理解することをおすすめします。
(*'-')




ランダウンプレーにおける守備の基本は、次の三箇条です。


その一
三人で成立させる

その二
必ず塁からはじめる

その三
とにかく全力で走る


少年野球のうちから、この三箇条をまず頭に入れて実践に取り組むことができれば、中学、高校、大学の応用編でも十分に対応できると思います。
(^-^)/




◆その一
三人で成立させる。

ランダウンプレーは、内野手三人で対応するのが基本です。ランナーが塁間に挟まれたからといって、野手全員が二つの塁にワァーっと集まっていってはいけないんです。



一人目は、塁間にいるランナーをアウトにするためにどちらかの塁にボールを投げ、ボールを投げた塁に向かって走ります。近い塁に向かって走らず、ボールを投げた塁に走るのが基本です。そして、その塁の番人となります。



二人目、一人目からボールを受けた野手は、ランナーをアウトにするためにボールをもったまま塁から離れ、追いかけていきます。反対側の塁まで追いかけていったら、その塁の野手にボールを渡し、担当塁の番人を交代します。



三人目、二人目の野手からボールをもらったら、一人目の野手が待ち構えている塁に向かってランナーを追いかけていきます。一人目の野手にボールを渡したら、またその塁で番人を交代します。



これがランダウンプレーです。一人のランナーに、三人の野手が順番に追いかけていきます。休憩できないランナーは、いずれどこかで必ずアウトにできます。この時、他の選手が慌てプレーに割り込んではいけません。
(*^-^)ノ




◆その二
必ず塁からはじめる

ランダウンプレーに参加している野手は、ランナーを追いかけている野手以外は、必ず二つの塁上で番人とならなければなりません。追いかけてくる野手が番をしている塁にギリギリ近づいてくるまで(5メール)、その塁上で待ちかまえます。



ランナーにはできるだけ長い距離をきっちり走ってもらいます。



もちろん、追いかけている野手は、ボールを投げた後、その場に留まってはいけません。振り返って戻ってくるランナーに触れてしまえば走塁妨害になります。ランナーと距離が近づいていれば、ボールを受け取るタイミングもなくなります。留まることはプレーの邪魔になるだけなんです。



また、ボールを投げた方向とは逆、元の塁に戻ってはいけません。そこには他の野手が番人としてカバーに入っているはずです。また、戻りながらボールを受けるのもダメです。走るランナーの方が速いに決まっています。



ボールを受ける野手は必ず塁上からスタートします。はじめのうちは塁上でボールを捕球してもかまいません。そのうち上達してくれば、ボールを受ける直前に塁から離れ、ランナーに近い位置でボールを捕球し、絶妙なタイミングでタッチアウトにできるようになるはずです。




◆その三
とにかく全力で走る

ランナーを追いかけながら、投げるマネをする必要はまったくありません。投げるマネはランナーが止まることを期待したプレーだと思いますが、そのマネを見るためには、ランナーは後ろを振り返り、ゆっくり走っているはずです。



投げるマネをするためには野手はランナーの目を見なければなりません。ランナーが後ろを振り返ってくれなければ意味がないんです。そのために、野手は走る速度を緩め、ランナーに後ろを振り返る隙を与えようとします。しかも、投げるマネをすることに夢中になり、無駄な動作を繰り返し、大抵は実際に投げるタイミングが遅れる結果になってしまいます。



それよりも、鬼の形相で全力でランナーを追いかけることが一番大切です。ランナーに後ろを振り返る余裕を与えず、目的の塁まで全力で走らせるためにはどうすればいいのかを考えるべきです。



追いかける方は三人もいます。進行方向も一方通行だけなんです。逃げるランナーは、塁間を往復しなければなりません。全力で走り、急ブレーキをかけ、また反対方向に何度も走るのは至難の業です。



ランナーには全力で走って逃げてもらいましょう。そのために、ボールを持って追いかける選手も全力で走らなければなりません。



そして、仲間の選手にバトンタッチした瞬間、ランナーは急ブレーキをかけるはずです。ここがアウトにする絶好のタイミングなんです。息を切らせたランナーと、まだ走り始めたばかりの野手と、どっちが勝つかは明白ですよね。
(^-^)v




ランダウンプレーは三人で協力して完成するプレーです。塁上の番人を交代しながらランナーに長い距離を走ってもらい、ボールを持ったら全力で走り、そして次の選手にバトンタッチする。その選手も全力で追いかける。三人で協力すれば、一人のランナーは絶対に逃げきれないんですよ。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


スポンサーサイト
野球は時間制限があるスポーツでしょうか、スリーアウトチェンジは残りますか、どうしても必要なんでしょうか
2013年02月08日 (金) | 編集 |
あの傷ましい震災から、プロ野球で導入が進められてきた3時間半という時間制限のルール。スリーアウトで攻撃が入れ替わる野球、その9回(学童、シニアは7回、リトルは6回まで)の攻撃で如何に多く得点をあげることができるのかを争う野球というスポーツで、時間制限という新たなルールが様々な形で導入されはじめています。少々、困惑しています。
(〃▽〃)




プロ野球の時間制限は、延長戦の制限です。9回までは攻撃を繰り返し、12回までは延長戦を行いますが、3時間半を超えると、延長戦の新しいイニングには入らないというルールです。元々ある9回までの攻撃はできることになっています。
(*'-')




これは、観客と電力に配慮したルールだと思っています。




子供たちの野球でも時間制限のルールが広がり始めまています。1時間半、1時間20分、1時間10分など細かい時間は大会や団体によって異なりますが、共通しているのはプロ野球のような延長戦を制限したルールではなく、その時間が来たら試合を打ち切るということです。
(・∀・)




大会にもよりますが、時間が来たらそれ以上新しいイニングには入らないとか、プレーの途中でもそこで打ち切るとか、細かい取り決めは様々あるようです。つまり、1回の裏で時間が来ればそれで終わりとか、最終回の攻撃中に時間が来ればそれで終わりとか、攻撃がどれだけできるかは時間次第なんですね。
(-_-;)




大会日程上、1日4試合をどうしても消化しなければならない。




そもそも、借りている球場が時間単位だから、出なければならない。




はて、いったい、どんな理由があるんでしょうか。グラウンド事情が年々悪くなっているので、仕方のないことなのかもしれませんが、それでも時間で打ち切る大鉈を振るような事態にまでなってしまっているんでしょうか。
('∇')




もしかしたら




子供らしい野球・・・




少年野球に時間制限を導入する本当の理由をご存知でしょうか。
ヾ(^_^) !!

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


野球のルール改定、走者一、三塁で、投手がプレートを外さずに三塁へ偽投した後、一塁へけん制するとボークに
2013年02月15日 (金) | 編集 |
ニュースで伝えられているように、アメリカのメジャーリーグでは、投手のボークに関するルールを改定し、2013年度のシーズンから新たに1項目を追加することになったようです。

日本でも2014年度からは適用されるのかもしれません。

その内容は、
走者一、三塁で、投手がプレートを外さずに三塁へ偽投した後、一塁へけん制する動作は今季(2013年度)からボークとなる。プレートを外せば、三塁への偽投は可能。



このルール改定の意味を理解するために、まずは、これまでの野球のルールを簡単におさらいしてみましょう。
(o^-')b




■けん制
投手が塁上のランナーをアウトにするために、ホームではなくその塁にボールを投げる動作を「けん制」といいます。
ヾ(^_^) !!



■偽投
また、実際にはボールを投げずに、投げる真似だけをするけん制の動作を偽投といいますが、バッターに向かって偽投することは許されていません。
(^o^)



■ボーク
投手がけん制をする時は守らなければならないルールがあり、そのルールに違反すれば「ボーク」と審判に宣告されます。ボークが宣告されれば、ランナーは一つ先の塁に進むことができるんです。
ε=┌( ・_・)┘



■プレート
投手はバッターにボールを投げる時は、投手板(プレート)に軸足(右投げの場合は右足)を触れたままの状態から、ホーム方向に軸足ではない自由な足(右投げの場合は左足)を自然に踏み出して投げなければなりません。
Σ( ̄□ ̄)!



■セットポジション
ランナーがいる時のセットポジションは、軸足をプレートに触れたままで、反対の足はプレートとホームの間に置く投球姿勢のことです。この姿勢から、バッターに投球することも、けん制することもできます。
(^_^;)?



■プレートに触れたまま
セットポジションでプレートに軸足を触れたままけん制する場合は、投げる塁の方向に自然な感じで自由な足を踏み出してボールを投げなければなりません。
(~▽~@)♪♪♪



■偽投できない
セットポジションでプレートに触れたまま、投げる方向に自由な足を踏み出せば、二塁と三塁に偽投することはできますが、一塁については偽投することはできません。
(*'-')



■プレートを外す
セットポジションでプレートに触れている軸足を、そのプレートを両足でまたぐように、二塁方向に足を移動させることを「プレートを外す」といいます
('◇')ゞ



■偽投できる
プレートを外せば、足を踏み出さなくてもけん制のボールを投げることができるようになります。また、プレートを外せば、どこの塁でも偽投することができます。
(・∀・)



とっても長くなりましたが、これだけのルールを一つ一つ理解していないと、今回のルール改定の意味はわからないんです。
(*^-^)ノ




これまでのルールでは、
走者一、三塁で、セットポジションをした投手が、軸足からプレートを外さずに、自由な足を上げ投球動作に入り、その足を自然な感じで三塁方向に踏み出しただけで、実際にはボールを投げない偽投をした後、プレートから軸足を外して、振り向きざまに一塁へけん制することができる。
というルールだったんです(右投げの投手の場合)。




このややこしいプレーの目的はただ一つ、一塁ランナーを騙すことにあります。
( ̄□ ̄;)!!




一塁ランナーが盗塁する場合、投手がホームへ投げるとわかった瞬間、二塁へスタートしようと考えます。一塁ランナーだけの場合なら、右投手の左足が上がればスタートしようとするはずです。
(;¬_¬)ジー




しかし、ランナーが三塁にいる場合は状況が変わってきます。
('∇')




右投手は、軸足をプレートに触れたまま、左足をゆっくりと上げても、一塁ランナーからはホームに投げるのか、実は三塁へ投げるのかは判断しにくい動作になります。しかも、実際に足を踏み出したとしても、三塁には偽投だってできるんです。
(^-^)v




右投手がバッターに投げる動作をじっくり見極めようとすれば、一塁ランナーのスタートが遅れ、二塁でアウトになってしまいます。
(>_<。)




かといって、右投手の左足が上がった瞬間にスタートしても、もし三塁への偽投だったら、偽投の後にプレートを外した投手から、直接二塁にボールが投げられます。
(*^-^)ノ




つまり、三塁への偽投が許されている限り、投手が左足を上げたからといって盗塁のためにスタートすることはできないんです。
(`◇´)




これで、やっとルール改定の意味にたどり着きましたね。走者一塁、三塁の場面で、三塁への偽投が禁止されると、何がどう変わるんでしょうか。
('∇')




なんと、一塁ランナーは右投手の左足が上がった瞬間にスタートする事ができるようになるんです。
o(^o^)o




投手がホームに投げれば、そのまま二塁に走ればいいだけです。




もし三塁に投げれば、一旦一塁に戻るだけです。




一塁ランナーがやるべきことはとてもシンプルになるので盗塁しやすくなりますが、一方、投手にはランナーが三塁にいるアドバンテージ(偽投できる)が無くなるだけで、なんらメリットはありません。
(-_-#)




野球の投手のルールが変わる予定なら、今からそのように指導していこう、いや、ギリギリまで右投手のメリットを使うんだ、各チームでも意見が分かれるんじゃないでしょうか。
~('-'*)




2013年度の春の大会もはじまります。




少年野球をはじめ日本の今年のアマチュア野球、ワンアウトで走者一塁、三塁の場面が、一段と注目されます。
o(^o^)o





  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


少年野球で一塁の審判を手伝う、ベテラン審判の知識と経験を学び、はじめてのパパ審判も音を拾ってみませんか
2013年02月22日 (金) | 編集 |
少年野球の子供たちのパパには、審判員として試合のお手伝いをする大切なお仕事があります。はじめての審判は誰もが後込みしてしまうものですが、それでも子供たちのために身なりを整え、堂々とした判定を心がけたいものですね。
(〃▽〃)




はじめての方が主審(ストライク、ボールを判定する捕手の後ろにいる審判)を任されることは少ないと思いますが、一塁や二塁ベースの後方に位置する塁審については、はじめての方でもお願いされることがあるはずです。
(^-^)v




それでは私は三塁ということで





三塁の方が判定をする機会が少ないから、三塁を希望されるんだと思いますが、ここはぜひとも、一人でも多くのパパが試合に協力できるようになっていただきたいと願っているのは子供たち自身だと思って、一塁の塁審から始めていただければと思います。
(*'-')




一塁審判の最大の難関は、なんといっても、バッターが内野ゴロを打った時に、バッターランナーが一塁ベースを踏んだのが速いのか、それとも内野手が送球したボールを一塁手が捕球したのが速いのかを判定することではないでしょうか。
('∇')




アウト、セーフは審判員のコール一つで決まります。
~('-'*)




野球では、試合の40%ほどのアウトが、内野ゴロだとも言われています。その中のたった一つのきわどい判定の結果が、子供たちの試合の勝敗を大きく左右することだってあるんです。
(>_<。)




「自チームには甘いんだ」なんて言われたくないから、逆に自分のチームには厳しくとか、我が子のプレーにだけは厳しくとか、あってはならないことなんですが、心情に左右されることだってあるかもしれません。
(^_^;)




それでも勇気を出して、試合の結果に左右されることなく、心情に左右されることもなく、パパ審判員が自信を持って判定することこそ、子供たちの野球に取り組む姿勢を律することに繋がるんですよね。
(^-^)v




そうは言っても、自身がないなぁ





はじめてのパパ審判員なら、誰もが不安に思うことです。ですから、ベテラン審判員のテクニックを知ること、真似てみることで、明日からの不安を少しでも和らげてみてはいかがでしょうか。
(*^-^)ノ




やっと本題です。ベテラン審判員の方は、バッターランナーが速いのか、一塁手がボールを捕球するのが速いのか、どうやって見分けているんでしょうか。
(;¬_¬)ジー




ベテラン審判員の方からは、こんなアドバイスが返ってきます。

----------
■直角で観察
内野手が一塁に送球するボールの軌道線と90°の角度から、一塁ベース上のプレーを観察します。
たとえば、ホームベース上から内野手が送球する場合は、一塁と二塁を結んだ線上に立ち、二塁ベース上から内野手が送球する場合はできるだけ一塁のファールライン上に立つことです。こうすることで、ボールの軌道とランナーの足が視界に確保できるようになります。


■静止して観察
一塁ベース上でプレーを観察する時は、必ず一旦立ち止まり、選手からも応援席からも、「審判がきっちり見ている」とわかるような姿勢でアウト、セーフを判定します。どこかよそ見をしていることは必ず誰かが気づきます。また、走りながらでは正確な判定をすることはできません。


■アウトはゆっくり
アウトと思っても、判定のコールはできるだけ遅らせます。一塁手が確実にボールを捕球していること、一塁手の足が確実にベースに振れていることなどを入念に観察、頭の中でリプレイしてからでも遅くはありません。アウトとコールした後に、一塁手がボールを落としてしまうようなことは、絶対に避けなければなりません。
(x_x;)


■セーフはより早く
アウトとは違い、セーフの判定は、ランナーがベースに触れた後、できるだけ速やかに行います。その後のプレーに大きく影響しますので、セーフの判定は速やかにセーフとコールします。セーフはセーフ、一塁手がボールを落としても、その足が一塁から離れても、セーフはセーフなんですよね。


■ボールは追えない
そして最大の難関は、ランナーが速いか、ボールが速いのかをどう判定するのかです。実はランナーの足がベースを踏む、一塁手がボールを捕球する2つの場面を同時に目で確認することは至難の業です。ランナーの足に焦点を合わせてしまうと、目の前を横切るボールのスピードにはついていけなくなります。ボールに合わせようとすれば、ランナーの足元がもやっとブレてしまうんです。


■音を拾う
そこで、バッターランナーが一塁ベースを踏む瞬間、ボールより動きが遅いランナーの足や一塁手の足付近に目の焦点を合わせ、ランナーの足がベースを踏む瞬間の映像を記憶します。そしてその時、一塁手がボールを捕球する瞬間のバシッという音を耳から聞き漏らさないように注意します。


■目と耳で判定する
ランナーがベースを踏む瞬間の地点に目の焦点を最大限に合わせ、一塁手が捕球するであろう瞬間の音にも注力し、足が触れる前に音がしたのか、後から音が聞こえたのか、そのことに体中の神経を集中させます。映像と音を頭の中でしっかり組み立てることで、より正確な判定ができるようになるはずです。
----------



音を拾うことでアウト、セーフの判定をしているなんて、ベテラン審判員のなせる技なのかもしれません。しかし、はじめてのパパ審判員の方だって、訓練さえすれば、きっとできるようになるはずです。
(*'-')




こんな風に、一塁審判の具体的なやり方をベテラン審判員から学ぶことで、はじめてのパパ審判員だって自信を持って試合に臨む事ができるはずです。
(o^-')b




上手な方がいつも審判を任されるだけでは、せっかくの少年野球の面白さも半減してしまいますよね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。