すべては子供たちのために ・・・ そんなリトルリーグの精神にどこか惹かれてます。うちの小学生は横浜で硬式の少年野球チーム、横浜中央リトルリーグに。週末を楽しみにしている、リトルリーグ大好きなママとパパの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


審判さんのストライクボールの判定に頭の中で抗議する、子供の野球だからこそ何かできることがあるはずです
2011年07月01日 (金) | 編集 |
リトルリーグでは、審判さんのストライク・ボールの判定に、選手はもちろん、監督さんもコーチさんも抗議できないことになっています。
(〃▽〃)




でも、本当にそれでいいのかなぁ~、なんて、そんなことも考えるようになってしまいました。
(・∀・)




アマチュア野球ですから、審判さんに敬意をはらうという、スポーツマンシップが大切なことは十分に理解できます。特に子供の野球ですから、審判さんにどう向き合っていくのかを、どこのチームでも指導されていることと思います。
('∇')




でも・・・・




年に何回か、パパたちは審判講習会に参加され、ストライクゾーンをどう判定するのか技術的な指導を受けてこられます。毎日のように試合がないアマチュア野球ですから、それだけですぐに目に見えない謎の空間(ストライクゾーン)を、ピッチャーが投げたボールが通過したかどうかなんて、本当に微妙な判断だってことは誰にだってわかります。
(*'-')



今のがストライク?




野球の試合の中で、何度頭の中をよぎっていても、抗議ができない決まりなので、子供も大人も誰も口には出しません。ただ黙って、次のボールを待つだけです。見逃しの三振をしてきた子供には、
あそこは手を出さないと・・・
と監督さんは言うのが精一杯です。審判さんの判定が間違っているなんて、子供に絶対に言えることではありませんよね。
(>_<。)




それなら、誰が間違っていると審判さんに伝えるんでしょう。




今のはボールだった




いや、ストライクだった




そんなことをアマチュアだからこそ、誰かと話しができて、だから技術が向上して、謎の空間を見極める目を養っていけるんじゃないかと思うんです。試合が始まるまでの練習や特に練習試合の中で、審判さんが誰かと話をしながら判定をしていくことはできないものなんでしょうか。
(*^.^*)




子供たちも監督さんも保護者の方々も、そんな姿を見ることができれば、選手と審判さんの信頼関係が生まれ、抗議なんてことも必要なくなるんじゃないかと・・・




浅はかな考えです。




大切なことは、技術ではなく、どうやって信頼関係を築くのかなんですよね。
(・∀・)

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


スポンサーサイト
テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
足りないのは思い出す習慣、練習でできたことを試合で試してみる、試合でできなかったことを練習してみる
2011年07月05日 (火) | 編集 |
練習ではあれだけできることが、試合になるとできないってことは、スポーツ選手にとっての永遠のテーマなんでしょうね。
(〃▽〃)




スピードが速いだけではなく、カーブなどの変化球も織り交ぜてのバッティング練習では、ピッチャーが投げるボールをポンポンと打ち返してしまう子供たちなんですが、試合になると何故かその力を発揮できません。
(>_<)



どうして練習通りにできないんだ・・・



少年野球の監督さんやコーチさんの頭の中では、そんな自問自答がいつも繰り返されているかもしれません。
(*^-^)ノ




でも、この難しい問題の原因は、たぶん二つしかありません。
(・∀・)



練習で試合のようにできない、つまり練習の取り組み方が悪い。



試合で練習のようにできない、つまり試合の取り組み方が悪い。



どちらもそうかもしれませんし、どちらも違うかもしれません。ただ、練習なのか、試合なのか、それが頭を抱える原因になってしまうんですよね。
(^-^)v




練習の時に、試合のことを考えながらプレーをしてみる。ランナー3塁で2ストライク、そんな場面のつもりで次の一球を打ってみる。試合の場面を頭の中で想像しながら、バッティング練習を楽しんでいる子供もいます。そのためには、試合に出場した経験が必要になります。
(*'-')




試合の時に、練習でできたことを考えながらプレーしてみる。アウトコースのカーブを昨日のバッティング練習ではヒットを打てたよな、なんてできたことを想像しながらバッターボックスに入っている子供もいます。そのためには、練習でできたことを覚えておかなければなりません。
('∇')




練習でできたことを試合で試してみる。




試合でできなかったことを練習してみる。




この繰り返しがなかなかできないんですよね。できない一番の大きな原因は、きっと場面やその結果を覚えていないから、思い出そうとしないから、違いはそこにあるんだと、子供たちを見ていると感じます。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
野球ノートを書く意味は、言葉では表現できないたくさんの映像を机の前で順番に思い出すことにあるんですね
2011年07月07日 (木) | 編集 |
練習であったこと、試合であったことを思い出す訓練のために、もう2年以上、子供たちは野球ノートをつけてきました。リトルクラスの高学年も、低学年のマイナークラスも、グランドに来たらカバンから野球ノートを取り出し、監督さんのもとへと持って行きます。
(〃▽〃)




土曜日の練習が終わって、グダグダになって家に帰ってきても、
シャワーを浴びて机に向って野球ノートを書く
、そんな日々を野球少年たちは過ごしてきました。冬の練習期間も、春先の大会中も、グランドであったことを野球ノートに書いて、またグランドに行くという繰り返しです。
( ̄□ ̄;)!!




野球ノートに何を書けばいいのか、学校で作文が苦手な子供にとっては一大事だったと思います。この2年間、週末の2日間の作文の時間は、バットの素振りよりも戸惑いを感じていたことでしょうね。
(>_<)



思ったこと、感じたことを書けばいいんだよ




大人は簡単にいいますが、小学生のころに作文が苦手だった方ならおわかりでしょうが、それができないんですよね。感じたことをどの言葉で表現すればいいのかが、わからないんです。慣れていなければ小学生の子供にとっては大変な作業です。
(・∀・)




監督さんに怒られた。
ヒットが打てた。
三振しちゃった。
完投できた。
エラーしちゃった。
外野フライを捕った。




まだまだこんな文章で、感じたことや思ったことを書き綴っているわけではありません。事実を羅列しているだけの文章かもしれません。
(*'-')




それでも、練習が終わった後の、野球ノートを書いている机の前では、学校で習った言葉だけでは表現できない、自分だけの想いや映像を一生懸命に思い出しているんでしょうね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
少年野球の打順の決め方、集中ドッカン型ですか、分散コツコツ型ですか、いずれも1番バッターなんですよね
2011年07月08日 (金) | 編集 |
少年野球やリトルリーグの監督さん、もしかしたらジャイアンツの監督さんですら、試合前になると悩んでしまうのがバッターが打つ順番、打順なんじゃないでしょうか。
(〃▽〃)




野球の打順の考え方は、監督さんの数だけあるといわれます。これだって決まりはありません。ただ、誰を一番はじめに打たせて、その次を誰にするのか、打順によってチームの得点能力が全く違ってくることは揺るぎない事実なんです。
(^o^)




で、その打順はいったいどうやって決めているんでしょう。




リトルリーグの場合は、攻撃する回数が6回しかありません。短いイニングで得点を重ねるためには、プロ野球とはちょっと違う考え方で打順を決めています。そこには、チームの顔は4番バッターなんてプロ野球のような考え方はありません。
(^_^)/~




1番バッターを誰にするのか




イニングが少ない少年野球では、打順が一番多く回ってくる1番バッターによせる期待は、どのチームでも大きいはずです。1回の攻撃の先頭バッターとして、塁に出ることはもちろん、出たからには自分の力でホームに帰ってくることも、チャンスで回ってくればヒットを打つことも期待される、まさに攻撃の中心人物が1番バッターに指名されることが多いようです。
(o^_^o)




四球を選ぶ選球眼、チャンスに強いバッティング、塁に出てからの判断力、5割を超える打率に8割を超える出塁率、全ての能力を兼ね備えたスーパーマン像こそ、少年野球が1番バッターに寄せる期待なんですよね。
ヾ(^_^)




1番さえ決まれば、あとの考え方は2つに分かれます。




■集中ドッカン型

2番目に期待する選手を2番バッター、3番目が3番バッターというように期待する順番通りに並べる考え方です。9人のバッターの力が平均的に似通っている場合に採用される打順で、一度に大量得点を期待することができます。
(^-^)v




■分散コツコツ型

中心となる1番、4番、7番バッターの選手を決めます。どのイニングからでもチャンスを生み出すことを期待した配置になります。2番、5番、8番バッターは次の選手につなぐことが大きな仕事、そして3番、6番、9番バッターに後を託します。9人のバッターの力に差がある場合に採用される打順で、どのイニングからでも1点、2点とコツコツ得点する可能性が期待できます。
(*'-')




分散コツコツ型か、集中ドッカン型か、またはこれからの派生型なのか、今夜も監督さんを悩ませているんでしょうね。
o(^o^)o





  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
硬式野球ができるグランドに感謝して、相手チームに敬意を表し、出会った仲間を大切にすることができますか
2011年07月12日 (火) | 編集 |
神奈川県のリトルリーグは、8月半ばに決勝戦となる神奈川連盟大会が行われますので、その大会を最後に中学1年生は、それぞれの道に向かって旅立っていきます。リトルシニア、ボーイズ、中学の部活動、小学生からはじめた野球をもっと続けたいと思えるような、そんな最後の大会になってほしいと願うだけです。
(〃▽〃)




小学生からはじめた硬式野球なんですが、中学で硬式野球を続ける環境は年々悪くなる一方です。
(*´д`*)




ご好意で子供たちに提供していただいていたグランドが、様々な諸事情から使えなくなり、中学で硬式野球を思う存分楽しむことは難しくなってきています。
(*'-')




グランドが無くなったチームは、空いているグランドを探し何とか練習を続けようと保護者の方が奔走していらっしゃいます。
ε=┌( ・_・)┘




グランドがあるチームは、選手たちが多く集まり、限られた時間の中でいかに効率よく練習できるのかで奔走しています。
ε=ヾ(*~▽~)ノ




野球は9人の仲間ができれば試合ができます。でも、9人そろっていても、相手チームがいなければ試合はできません。もちろん、野球の試合をするためにはグランドが絶対に必要なんです。
(・∀・)




もしも、中学で硬式野球を続けていくことができれば、それがどんな環境であっても、出会った仲間を大切にして、いつでも相手チームに敬意を表し、どこでもグランドに感謝できる、そのことだけは忘れないで欲しいなぁ~
d=(^o^)=b




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
野球との出会い、仲間との出会い、それは夏の3連休に家族で体験入団という小さなきっかけからはじまります
2011年07月14日 (木) | 編集 |
この夏、子供が野球をはじめたいと言っているけど、いろいろ迷われている保護者の方も多いと思います。そんな時は、子供と一緒に家族で少年野球の体験、リトルリーグの体験入団に行ってみてはいかがでしょうか。
(〃▽〃)




リトルリーグで、いろいろな方々を見てきましたが、大人たちの噂話よりも、実際に子供に野球を体験させて、お家に帰ってから自分の子供から話を聞いてみるのが、一番確かな情報なんじゃないかなと思っています。
(*'-')




今日、楽しかった?




うん、楽しかったよ。




次も、行ってみたい?




うん、行ってみたいな。




子供が肌で感じたチームの雰囲気、子供が1日で興味を持った野球のプレー、子供が悔しいと感じたプレー、子供がやりたいと思ったプレー、言葉では上手く表現できなくても、子供は1日体験すれば大人以上に様々な空気を感じとってしまいます。
( ̄□ ̄;)!!




週末は夏の3連休、海や山に家族でお出かけも楽しいと思いますが、照りつける日差しの中で、黒土のグランドで泥だらけになって、野球と向き合っている同じ年の子供たちの輪の中に入って、野球という特殊なスポーツとの出会いを体験するのもいいかもしれませんよ。
(^-^)v




野球との出会い




きっかけはパパやママの後押しが必要です。
('∇')




仲間との出会い




もしかしたら、一生の宝物を手に入れることができるかもしれないんです。
ヾ(^▽^)ノ





  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
少年野球の夏が到来、パパはグランドの芝刈りに、ママはガロンのドリンク作り、今日も暑くなりそうですね
2011年07月16日 (土) | 編集 |
夏の季節は週末になると、パパたちは子供たちのためにグランドの芝刈りで大汗をかいています。グランドの芝が膝丈以上に延びないように管理することが、野球をするためにグランドを使わしていただく条件だからです。
(〃▽〃)




夏の季節は週末になると、ママたちは子供たちのためにガロンのドリンク作りで大汗をかいています。ガロンのドリンクを絶やさないように管理することが、子供も大人もグランドで汗をかくことができる条件だからです。
(〃▽〃)




少年野球の夏、到来




いつだって野球の試合を子供たちは楽しみにしています。だから練習だって一生懸命に取り組みます。でも練習をするためには、誰かがグランドをしっかり管理して、誰かが子供たちの体調に目を配らなければならないんです。
(*'-')




保護者として・・・




子供たちの野球ができる環境を守っていくためには、できることをしていかなければならないと思っています。どんなスゴイバッティング技術より、ヒットや三振などの試合結果より、やらなければならないことがいっぱいあります。
(>_<。)




そう、今日も暑くなりそうですね。
o(^o^)o

  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
少年野球を思い出す、先輩がグランドに姿を見せてくれるリーグになることが子供たちへの一番のエールです
2011年07月21日 (木) | 編集 |
週末にリーグの卒団生がグランドまで挨拶に来てくださいました。高校3年の夏の大会が悔しくも終わってしまい、まだ時間もたっていませんが、小学生の時にはお世話になりましたと子供たちの練習をお手伝いに来てくださったんです。
(〃▽〃)




高校野球最後の大会での悔しい想いがまだ鮮明に残っているはずなのに、これからも野球を続けていきたいと次の目標を話してくださったそうです。
(*'-')




少年野球の頃を思い出す




小学生たちに、その卒団生の姿はどう映っていたんでしょうね。




たくましく成長した高校球児に憧れて、もっと野球が上手になりたいと思ってくれたんでしょうか。
(^-^)v




自分も中学、高校になっても時々このリーグに挨拶に来ようなんて思ってくれたんでしょうか。
('∇')




原点は小学生の時に汗を流したこのグランドにありますと、時々足を運んでいただけることは、未来を夢見る子供たちにとって大きな刺激になるはずです。先輩の姿を見て、学ぶことはたくさんあるはずです。
(^-^)/




先輩がグランドに姿を見せてくれるリーグになることが子供たちへの一番のエールになるんですよね。




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
野球を応援に行く、子供が卒業した後も後輩選手たちをスタンドで応援することができて本当に感謝しています
2011年07月22日 (金) | 編集 |
子供が高校を卒業した後も、その時に在籍していた1年生が3年生になる夏の大会まで、卒業生の保護者としてスタンドに応援に行こう、そんな暗黙のルールも今年が最後でした。
(〃▽〃)




同期のお母さん方と携帯で連絡を取り合い、子供が卒業した後も秋、春、夏を2シーズン、思い出話に花を咲かせ、現役の選手の成長に驚き、勝ち上がるたびに母校のように喜び、スタンドで応援してきたんですが、後輩選手たちの甲子園の夢は叶わぬ夢と終わってしまいました。
(^-^)v




息子が知らない後輩選手の名前を覚え、1年生の時からおっかけを続けてきて、スタンドからでも今日は調子が良くないな、なんてことまで言えるようになりました。子供が卒業後も野球を楽しく応援することができて、心から感謝しています。本当にありがとうございました。
( ̄□ ̄;)!!




ただ、涙を流すこともなく、清々しい笑顔で試合終了の挨拶をする選手たちを見ていると、また来年も応援に来ようなんて気持ちになってしまうんです。
ヾ(^_^) !!




子供のために義務だと思って応援してきたつもりですが、いつしか子供がそこにいても、いなくても、お世話になった高校の野球チームを応援することが、生活の一部になっていたんですね。
(*'-')




下の子供はまだリトルリーグで野球を続けています。あと何年子供たちの野球を応援できるんでしょうか。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
ピッチャーのコントロールを良くするためには、頭の中に浮かぶ言葉を遮断する必要があるのかもしれませんね
2011年07月26日 (火) | 編集 |
ワンストライク、ツーストライクとアウトコースに見事にコントロールされたボールを投げたはずなのに、最後の1球になると何故か真ん中のボールになってしまう。これってピッチャーの宿命なんでしょうか。
(〃▽〃)




力んでしまった




最後の1球を今までと同じリズムで投げることができない小学生は多いのかもしれません。ここで決めてやるとか、空振りの三振をとってみたいとか、もっとギリギリに投げてやるとか、外から観察していても1球目とは明らかに違う投げ方に見えるんです。
(>_<。)




どうしてなんでしょう




ピッチャーのコントロールを左右するものは集中力だと言われます。ということは最後の1球になると集中力が無くなるってことなんでしょうか。集中力がある状態って、集中力が無い状態って、そのことがきちんとわかれば何か対策がとれるのかもしれません。
(*'-')




座禅を組んでいる時のように、ロウソクの炎をぼんやり見ているように、やっているプレーの記憶が無いような、穏やかで静かな時間が流れていくような、何かにとりつかれたような、そんな心持ちでプレーしている時が集中力が高い状態なんですよね。
o(^o^)o




無我の境地




三振をとりたいな、四球を出したらどうしょう、ホームランなんか打たれてたまるか、もしかしたらエラーするかも、あそこに投げれば打たれないさ、大丈夫心配なんかいらない、できるはずだ。こんな時はピッチャーの集中力は欠けています。
(>_<。)




言葉が浮かぶ




つまりは頭の中で何か言葉で浮かんできている状態はピッチャーはマウンドの上で集中できていないんじゃないでしょうか。
(^-^)v




だったら言葉が浮かんでこない状態にすればいいんですよね。キャッチャーミットを見て頭の中に言葉が浮かばない状態でボールを投げることができれば、集中力がアップしてコントロール良く投げることができるんじゃないでしょうか。
(*^.^*)




念仏を唱える




たとえばキャッチャーからのサインにうなずいたら、必ず同じフレーズの言葉をブツブツ小さな声でしゃべるなんてどうでしょう。お坊さんの念仏のように。口から言葉を発声しながら頭の中で違う言葉を考えるような器用なこと、できないんじゃないでしょうか。言葉が浮かんでこなければ集中力がアップして、いつも通りのコントロールする能力が発揮できるんじゃないでしょうか。
( ̄□ ̄;)!!



あのミットを動かさないでボールが吸い込まれるようにしてください。あのミットを動かさないで・・・



念仏を唱えるように、神様にお願いするように、自分の願いを言葉にする。勝ちたいとか、三振をとりたいとかではなく、あるべき本来の姿をお願いする。
(*'-')




頭の中に浮かぶ言葉を遮断できれば、ピッチャーのコントロールが良くなるんじゃないでしょうか。そのためにできることは何でも試したいですね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
野球で必ず得点できる攻撃力とは、パッと全員の集中力が研ぎ澄まされ、瞬く間に得点できるなんて
2011年07月29日 (金) | 編集 |
野球というスポーツでは必ず得点できる攻撃なんてありませんが、先日のプロ野球ではノーアウトでランナーが2塁の場面で打率が2割ちょっとのバッターに打たせてショートゴロ、後続も打ち取られ得点することができませんでした。
(〃▽〃)




野球で勝つための攻撃なら、送りバントでも・・・




神奈川県の高校野球もいよいよ2つの顔が出揃い、残り1試合で神奈川代表が決まることになります。これまでの高校生の戦いの中には、必ず1点を得点するんだという場面がとても記憶に残っています。
(^o^)




それは、同点で迎えた終盤の攻撃、先頭バッターはセフティバントで1塁に生きます。次のバッターは迷わず送りバント、ワンアウト2塁と得点のチャンスを広げます。そして次の二人のバッターはいずれもセンター方向への打球を放ち、二人目の打球がセンター前に抜けていくことになります。きつねにつままれたような、見事としか言いようがない瞬く間の得点、勝ち越し劇だったんです。
(*'-')




その高校では普段どんな練習を繰り返しているのかなんてわかりませんが、きっと1点を取るための練習を、必ず得点するんだという練習を積み重ねてきているんだと、その攻撃を見た方々は皆さん感じたことだと思います。
('∇')




圧倒的な打撃力を振りかざすのではなく、1点を必ず得点できる計算された攻撃力のほうが、トーナメントを勝ち上がるためには必要な力なんだと、選手一人ひとりが理解できているんでしょうね。
( ̄□ ̄;)!!




ただ打つのではなく、シンプルな攻撃でこの回に必ず1点をものにする。




その時が訪れるとパッと全員の集中力が研ぎ澄まされ、一気に得点モードに切り替わる。




プロ野球のような魅せる野球ではなく泥臭くても勝つために得点できる野球、子供たちが目指すべき野球は、こんな野球であってほしいですね。
o(^o^)o




  子供と夢中なれる、ささやかな週末の幸せ・・・

子供といっしょに成長できる 小学生からの硬式野球 リトルリーグ (^^)/


テーマ:小学生からの硬式野球
ジャンル:スポーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。